4月11日(火)以降の、Windows Vistaのご使用は大変危険です

Windows Vistaの提供元であるマイクロソフト社は、2017年4月11日に同OSのサポートを終了します。終了後は、セキュリティ修正プログラムが提供されなくなります。それ以降使い続けるのは大変危険なため、新しいパソコンへ移行してください。

あなたのパソコンはVista?
(閲覧中のブラウザの情報から判定)

サポート終了後は、脆弱性が放置される

マイクロソフト社では、これまでウイルスやスパイウェアが悪用するWindowsの脆弱性が発見される度に、それをふさぐセキュリティ修正プログラムを頻繁に提供してきました。その修正プログラムがサポート終了後は一切配布されなくなります。言い換えれば危険があっても放置されることになります。

脆弱性
ウイルスやスパイウエアが悪用するWindowsの弱い部分。
セキュリティ修正プログラム
脆弱性を修正するプログラム。それらに他の修正や新機能などをまとめたのがサービスパック(SP)で、Windows Vistaでは2度配布されています。

そのままVistaを使うと、どうなる?

下記は、実際に起きうる被害の一例です。
自分が被害者になるだけでなく、加害者になってしまう可能性もあります。
決して他人事ではなく、サポートが終了した今この瞬間にも起きてしまう危険があるのです

個人情報漏洩

パソコン内に保存されているメールアドレスやファイルを勝手に外部に送信されてしまいます。

なりすまし

FacebookやTwitterに勝手に投稿されたり、勝手にメールを送られたりしてしまいます。

他人への攻撃の踏み台にされて犯罪者扱いに

自分のパソコンが他人への攻撃に利用されて、一歩間違えると犯人にされてしまいます。

解決策はパソコンの乗り換え

新しいOSは、古いOSでの欠点をなくすように設計されます。

Windows Vistaの発売された2007年以降、特にセキュリティ情勢はそれ以前とは比較にならないほど激変しました。 そのためWindows VistaとWindows 8やWindows 10とではセキュリティに対する基本性能で元々大きな差があります。 例えば、昔に建てられた建物よりも、より厳しい耐震基準で建てられる現在の建物の方が、頑丈であるのと同じです。

今使っているソフトはどうなるの?

ウイルスセキュリティ

新しいパソコンへ乗換えてご利用ください。
ご使用中のウイルスセキュリティがWindows 10対応版ならWindows 10でも、引き続き使用できます。 Windows 10に対応していない製品の場合は、Windows 10対応版へのアップグレードが必要です。

▶ アップグレードの手続き

手続きが完了するとご利用中のウイルスセキュリティがWindows 10対応版にアップグレードされます。

なお、マイクロソフト社のサポート終了に伴い、ウイルスセキュリティのWindows Vistaでのサポートも2017年4月11日(火)で終了します。 新しいOSのパソコンへの移行が遅れた場合に備え、ワクチンファイルの提供のみ2017年12月末まで継続する予定です。

その他の製品

マイページから再度製品をダウンロードいただけます

▶ マイページTOP

対応状況については対応表をご確認ください

▶ Windows 10対応表