作る

作る

「PDFの作成方法」で行なった、仮想プリンタドライバを使用したPDFファイルの作成は、アプリケーションでファイルを開き、「印刷」を実行する必要がありますが、「作る」では、このような操作を行なうことなくPDFファイルをダイレクトに作成できます。

 

【操作手順】

  1. スタートパネルの「作る」をクリックすると下記の画面が表示されますので、一覧内にPDFにしたいをファイルをドラッグ&ドロップします。
    ※スタートパネルの起動方法はこちらをご覧ください。
    ※「PDFを編集する」の画面で[ホーム]タブを選択してから、[スタートパネル]-[PDFをつくる]を選択することでも起動できます


    一覧の項目
    状態: 現在の状態が表示されます。変換前は[出力待ち]、変換中は[出力中]、変換後は[出力完了]と表示されます。
    フォルダ: ファイルが保存されているフォルダの場所が表示されます。
    ファイル名: ファイル名が表示されます。
    サイズ: ファイルのサイズが表示されます。
    種類: ファイルの種類が表示されます。
    更新日時: ファイルが更新された日時が表示されます。

    一覧操作ボタン
     ファイルを追加するときにクリックします。ファイル選択画面が表示されます。
     一覧内で選択したファイルの順番を上げるときにクリックします。
     一覧内で選択したファイルの順番を下げるときにクリックします。
     一覧内で選択したファイルを削除するときにクリックします。
     一覧内全てのファイルを削除するときにクリックします。



  2. 一覧に追加したファイルが表示されます。作成方法と保存先を指定してから、[実行]をクリックすると作成が開始されます。


    [変換方法を選ぶ]
    それぞれPDFにする: この項目を選択すると、複数のファイルをそれぞれ個別にPDFに変換します。
    1つのPDFにまとめる: この項目を選択すると、複数のファイルをまとめて1つのPDFに変換します。
    PDFの設定: PDFの出力設定を一覧から選択します(下図)。
    一覧に設定が無い場合は、[詳細]をクリックして、設定を作成します。設定方法については、こちらをご覧ください。


    [出力先を選ぶ]
    出力先: 変換したPDFの保存先を指定する場合、選択してから[参照]をクリックします。
    元ファイルと同じ場所に保存: 変換したPDFが元になったファイルと同じフォルダに保存されます。1つのPDFにした場合は、一覧の先頭にあるファイルと同じ場所に保存されます。
    変換後にファイルを開く: チェックを入れると、変換後にPDFファイルを開きます。※出力されるPDFが1ファイルの時のみ利用可能です。

  3. 作成が完了すると以下のように、[状態]の欄に[出力完了]と表示され、PDFが作成されます。


    ※状態に[スキップ][出力失敗][キャンセル]が表示された場合。
    [スキップ]: 何らかの理由により変換ができず変換を実施しなかった場合や、変換した結果、空白ページとなったため出力を行なわなかった場合に表示されます。
    [出力失敗]: 変換を行った結果、何らかの異常により失敗した場合に表示されます。
    [キャンセル]: 変換中にキャンセルボタンを押した場合に表示されます。




    ■「作る」のしくみ
    作るでは、指定されたファイルに関連付けされているアプリケーションを検索し、見つかった場合、そのアプリケーションに「印刷」を依頼します。Windowsには「通常使うプリンタ」と呼ばれるプリンタが定義されていますが、「一括PDF出力」では、この「通常使うプリンタ」を、一旦「いきなりPDF」の仮想プリンタに切り替えた後、アプリケーションに「印刷」を依頼してPDFファイルを作成します。
    作成するPDFファイルを保存するフォルダやファイル名などをあらかじめ指定しておくことができ、これにより、前述の仮想プリンタドライバを使用した場合のように、アプリケーションでファイルを開いて、「印刷」を起動し、ファイルを保存する場所を指定する、という手間を省き、簡単にPDFファイルを作成することができます。

    ※正しく関連付けがされていないファイルでは、出力時にエラーが起きる場合があります。