基本操作

基本的な操作

「ダントツ軽量化」はMicrosoft Word(doc、docx)、Excel(xls、xlsx)、PowerPoint(ppt、pptx)、Adobe PDF(pdf)、AutoCAD( dwg)、CSV、RTF、TXT、画像ファイル(jpg、bmp、tif)など、様々な種類の電子文書を軽量化された"JET Document"(jet) 形式に変換することができるソフトウェアです。

※Adobe PDF(pdf)やAutoCAD(dwg)、Microsoft Office 製品以外のオフィスソフトの変換方法については、「PDF、AutoCADなどの変換」をご覧ください

【軽量化手順】

  1. [スタート]メニューの[プログラム]→[SOURCENEXT]→[ダントツ 軽量化]→[ダントツ 軽量化]を選択して起動します。デスクトップの「ダントツ 軽量化」アイコンから起動することもできます。


  2. 表示されたメイン画面の[圧縮する元ファイル]の[参照]をクリックするとメニューが表示されますので、軽量化するファイルの種類を選択します。
    “ドキュメントファイル”の拡張子は doc, docx, ppt, pptx, xls, xlsx, txt, csv, rtfが対象です。
    “イメージファイル”拡張子はbmp, jpg, tifが対象です。



  3. ファイルを開く画面が表示されますので、軽量化するファイルを選択します。


  4. [保存する場所]の右の[参照]をクリックします。


  5. 軽量化するファイルの保存先を選択します。

  6. [保存するファイル名]には軽量化するファイルに“.jet”の拡張子が付いて表示されます。通常はそのままで構いません。変更する場合は入力します。


  7. [圧縮品質]をクリックして軽量化の品質を選択します。


  8. セキュリティ設定、添付ファイル設定、バナー設定をする場合は[設定]をクリックして設定します。設定方法に関しては「その他の設定」をご覧ください。
    また、左下の[設定のクリア]ボタンをクリックすると、画面に表示している項目に設定した内容がクリアされます。

  9. [実行]をクリックするとファイルの軽量化が行なわれ、指定した場所に保存されます。

 

 

PDF、AutoCADなどの変換

Adobe PDF(pdf)やAutoCAD(dwg)など本製品が対応していないファイルを軽量化する場合、それぞれのファイルに対応したプログラムから「ダントツ軽量化」のプリンタードライバーを使用して軽量化できます。

【変換手順】

  1. Adobe PDF(pdf)またはAutoCAD(dwg)など、ファイルに対応したプログラムを起動して、ファイルを開きます。
  2. プログラムから印刷の設定画面を開き、プリンターの選択で[ダントツ軽量化 Writer]を選択します。

  3. 印刷の設定内容の確認が出来たら、印刷を実行します。
  4. ダントツ軽量化が起動します。以降は「軽量化手順」の手順2から進めてください。
    →「軽量化手順」の手順2へ移動

 

 

サポート情報

●マニュアルで解決できない場合
よくあるお問い合せのQ&A閲覧や、トラブルのお問い合せ(メールのみ)はサポートページをご確認ください。