スーパーセキュリティ for Android  オンラインマニュアル

ウイルス検査

ストレージ内を検査

ON/OFF切替え

この設定をONにすると、SDカードが挿入されたときに、自動でウイルスを検査します。タップする度にONとOFFが切り替わります。

ウイルス検査

■アプリインストール時の自動検査
デバイスへ新たにアプリをインストールすると製品は自動でウイルス検査を実施します。危険なアプリを検知した場合はアラートが表示されるので「アンインストール」をタップするとアプリのアンインストール画面が表示されます。

■手動検査
ダッシュボード上のウイルス検査カード内の[検査する]をタップすると、インストールされたアプリとSDカードの検査が始まります。

または、以下の手順で手動ウイルス検査を実行することもできます:
1. 製品を起動します。
2. メニューボタン()をタップして[ウイルス検査]を選択します。
3. [検査する]をタップします。

こちらウイルス検査カード自体、デバイスの安全性の状態を表わしており、安全な場合はカードが緑に表示され、危険がある場合や対処が必要な項目がある場合は赤で表示されます。

プライバシーアドバイザー

 

プライバシーアドバイザー

■プライバシースコア
「プライバシースコア」とはアプリの動作を元に算出される安全性の指標です。スコアが高ければ高いほど安全で、低いほど危険なアプリが含まれている可能性があります。

アプリの動作と権限の確認

■アプリ一覧
インストールされているアプリを一覧で表示し、各アプリがバックグラウンドでどのような動作をするかや、どのような権限が付与されているかを確認することができます。不要なアプリがある場合は、該当アプリを本機能からアンインストールすることも可能です。
フィルタボタンをタップすると表示するアプリの一覧をフィルタリングすることができます。
選択できるフィルタ項目は以下の通りです:
・ウイルスの疑いがあるアプリ
・個人情報を他人へ送信するアプリ
・煩わしい広告が出るアプリ
・プライベートな情報を他人へ送信するアプリ
・料金や支払いが発生するアプリ
・データを暗号化せずに送信するアプリ
・位置情報を記録するアプリ
・機密情報にアクセスするアプリ

Webセキュリティ

 

Webセキュリティ

■Webセキュリティ

Webセキュリティは、Webページ閲覧時のリスクから保護する機能です。
[無効にする] / [有効にする]をタップして機能のON / OFFを切り替えられます。

盗難対策

 

盗難対策の機能

盗難対策はデバイスの紛失・盗難時にデバイスとデバイス内のデータを安全に保護するための機能が搭載されています。まずは「有効にする」を選択して機能を有効にします。
「Web制御」を有効にすれば、Web上(スーパーセキュリティ セントラル)から盗難対策機能が利用できます。
「SMS制御」を有効にすれば、別のデバイスからSMSコマンドを送って各種の盗難対策機能が利用できます。

■「Web制御」の主な機能
・リモート探知
デバイスの位置情報をGoogle Maps上で表示します。
・リモートワイプ
紛失・盗難にあったデバイス上のデータを遠隔からワイプ(消去)することができます。
・リモートロック
遠隔からデバイスをロックさせ、暗証番号を入力しないと開けない状態にします。
・警報を鳴らす
デバイスの位置を確認するために、遠隔からデバイスのアラームを鳴らすことができます。
 

■「SMS制御」の主な機能
・SMSコマンド
ONにすると各種SMSコマンドが利用可能になります。
・SIMカード差し替え
SIMカードが差し替えられた場合、事前に設定した「信頼された番号」へ通知が送られます。
・信頼された番号
「信頼された携帯電話番号」を設定することができます。
※SIMカードが差し替えられた場合はこちらの番号に連絡が行きます。また、WIPEのSMSコマンドを実行できるのはこちらの信頼された番号からのみです。

 

【SMSコマンドの使い方】
各種SMSコマンドを利用するには、紛失したデバイス宛てにSMSでコマンドを送ります。
コマンドの形式は BD-<設定された暗証番号> <利用するコマンド名> で入力します。
例:BD-1234 LOCATE
各種コマンドは以下の通りです。

■SMSコマンド一覧
LOCATE: コマンドを送信したデバイス宛てに紛失・盗難デバイスの現在位置をSMS経由で送信します。位置情報はGoogle Maps上のリンクとなっており、タップすればブラウザから確認できます。
SCREAM: 遠隔操作でデバイスに警報音を鳴らさせ、デバイスを盗んだ犯人を発見しやすくします。
LOCK: 遠隔操作でデバイスをロックさせます(解除コードはアプリの暗証番号です)。
WIPE: 遠隔操作でデバイス内のデータをすべて消去します。
※本コマンドは事前に登録された「信頼できる番号」から受信した場合にのみ動作します。
CALLME: コマンドを受信させたデバイスから、本コマンドを送信したデバイスへ(スピーカー通話の状態で)電話をかけさせます。
HELP: 盗難対策機能で利用可能なコマンドの一覧をSMS経由で送ります。

アプリ・ロック

設定したアプリの起動時に、暗証番号の入力を求め、保護します。

■アプリ・ロックを初めてご使用されるときは(初期設定)
初めてアプリ・ロックをご使用されるときは、ダッシュボードに表示されているアプリをロックの「ロックが推奨されているアプリ」をご確認の上、「アプリをロック」を選択してください。


アプリ・ロックの暗証番号の設定画面より暗証番号を設定します。

■保護するアプリを設定する
アプリの一覧でチェックを入れたアプリを保護(ロック)します。


アプリ・ロック設定

間違った暗証番号が3回入力された場合、写真を撮影します
暗証番号の再入力を30秒間だけ不要とする
新たにインストールしたアプリのロック通知
信頼されたWiFi環境用の「かんたん解除」
「現在のWi-Fiを信頼する」で設定されたWi-Fi環境に接続したときにアプリのロック解除時の暗証番号を求めなられなくなります。

■保護するアプリを起動する
保護するアプリを起動するとロック画面が表示されます。設定した暗証番号を入力して起動させます。



レポート

レポートにはウイルス検査の履歴や、デバイス上で行なわれた検査の履歴が表示されます。お使いのデバイスのセキュリティに関連する変更などがあった場合は、こちらの履歴内に記録されます。
履歴をアクセスするには:
1. 製品を起動し、画面左上のメニューボタンをタップします。
2. メニューから「レポート」を選択します。

スーパーセキュリティ セントラル

■スーパーセキュリティ セントラルについて
「スーパーセキュリティ セントラル」は、スーパーセキュリティがインストールされているデバイスをWeb上から管理・操作できる、プラットフォームです。アクセスするには、Webブラウザから以下のURLを開いてください:
https://central.sourcenext.info/
※ユーザーアカウントとパスワードを入力してログインしてください。

■スーパーセキュリティ セントラルから行なえる操作
以下の操作が行なえます:
 ・登録済みの各デバイスの保護状態を確認。
 ・遠隔からデバイスのウイルス検査、脆弱性検査、最適化などの操作を実行。
 ・盗難対策機能を利用。

スーパーセキュリティ セントラルから盗難対策機能を利用
パソコンなどでスーパーセキュリティ セントラル(https://central.sourcenext.info)にログインして、下記の操作を行ないます。

■位置情報を取得する
1. 画面左側のメニューから[マイ・デバイス]を選択します。
2. 登録デバイスを選択し、右上の[盗難対策]メニューを選択します。
通常はこの状態で端末の位置情報が地図上に表示されますが、表示されない場合は、[探索]ボタンをクリックします。

■端末からアラームを鳴らす(メッセージを表示)
1. 画面左側のメニューから[マイ・デバイス]を選択します。
2. 登録デバイスを選択し、右上の[盗難対策]メニューを選択します。
3. 左から2番目のオプション[アラート]を選択します。
4. 「メッセージを送信」の画面が表示されるので、デバイス側に表示させたいメッセージを入力します。
 ※アラームを鳴らしたい場合は「□アラームを鳴らす」のチェックボックスにチェックを入れます。

■端末をロックする
1. 画面左側のメニューから[マイ・デバイス]を選択します。
2. 登録デバイスを選択し、右上の[盗難対策]メニューを選択します。
3. 左から3番目のオプション[ロックする]を選択します。
4. 「デバイスをロック」の画面が表示されるので、4桁のロック用の暗証番号を入力してデバイスをロックさせます。

■端末のデータをワイプ(消去)する
1. 画面左側のメニューから[マイ・デバイス]を選択します。
2. 登録デバイスを選択し、右上の[盗難対策]メニューを選択します。
3. 画面右端のオプション[ワイプ]を選択します。
4. 確認画面が表示されるので、確認用のチェックボックスにチェックを入れ、[ワイプ]をクリックすればデバイス上のデータが消去されます。
※[キャンセル]をクリックすると中止できます
端末がインターネットに接続された状態であれば、端末上の連絡先情報などが消去されます。

スーパーセキュリティ セントラルから遠隔でウイルス検査を実施する
パソコンなどでスーパーセキュリティ セントラル(https://central.sourcenext.info)にログインして、下記の操作を行ないます。
1. 画面左側のメニューから[マイ・デバイス]を選択します。
2. 登録デバイスを選択し、右上の[保護]メニューを選択します。
3. [検査]を選択してウイルス検査を実行します。