スマートフォンセキュリティ 特別版

ウイルス検査

ストレージ内を検査

ON/OFF切替え

この設定をONにすると、SDカードが挿入されたときに、自動でウイルスを検査します。タップする度にONとOFFが切り替わります。

ウイルス検査

■アプリインストール時の自動検査
デバイスへ新たにアプリをインストールすると製品は自動でウイルス検査を実施します。危険なアプリを検知した場合はアラートが表示されるので「アンインストール」をタップするとアプリのアンインストール画面が表示されます。

■手動検査
ダッシュボード上の[ウイルス検査]をタップすると、インストールされたアプリとSDカードの検査が始まります。

Web保護

 

Web保護

■Web保護

Web保護は、Webページ閲覧時のリスクから保護する機能です。
[無効にする] / [有効にする]をタップして機能のON / OFFを切り替えられます。

有効/無効の切り替え

または設定より有効/無効の変更も行なえます。

※Web保護設定画面に以下のボタンが表示されている場合は、有効に切り替えてご使用ください。

OFFをタップして以下の手順で有効にする必要があります。
1) ユーザー補助「スマートフォンセキュリティ 特別版」をタップする


2) 設定をONにする


以下の画面が表示された場合は「OK」を選択します。


3) Web保護の画面に戻り、設定が有効になっていることを確認してください

盗難対策

 

■盗難対策の機能

盗難対策はデバイスの紛失・盗難時にデバイスとデバイス内のデータを安全に保護するための機能が搭載されています。
初めて有効にする際の手順は以下となります。

1) 「盗難対策」タップします


2) 「権限を許可」をタップします


3) 暗証番号を設定します


4) デバイス管理者を有効にします


5) ソースネクスト・アカウント(マイページID、パスワード)を入力してログインします
※アカウントをお持ちでない場合は、「新規作成」より作成してください


6) 「ON」を選択して機能を有効にします
「Webページから管理する」を有効にすれば、Web上(スマートフォンセキュリティ 管理ページ)から盗難対策機能が利用できます。
「SMS制御」を有効にすれば、別のデバイスからSMSコマンドを送って各種の盗難対策機能が利用できます。


※有効にする際に暗証番号の入力画面が表示されますので、設定した暗証番号を入力してください。


※以下の画面が表示されますので、「この端末管理アプリを有効にする」を選択してください。


※遠隔アラームを有効にする場合は、通知設定を有効にして「許可」を選択してください。



■「SMS制御」の主な機能

・SMSコマンド
 ONにすると各種SMSコマンドが利用可能になります。

・SIMカード差し替え
 SIMカードが差し替えられた場合、事前に設定した「信頼する番号」へ通知が送られます。

・信頼する番号
 「信頼する携帯電話番号」を設定することができます。
 ※SIMカードが差し替えられた場合はこちらの番号に連絡が行きます。
 また、WIPEのSMSコマンドを実行できるのはこちらの信頼する番号からのみです。


【SMSコマンドの使い方】
各種SMSコマンドを利用するには、紛失したデバイス宛てにSMSでコマンドを送ります。
コマンドの形式は BD-<設定する暗証番号> <利用するコマンド名> で入力します。

例:BD-1234 LOCATE

各種コマンドは以下の通りです。

■SMSコマンド一覧
LOCATE: コマンドを送信したデバイス宛てに紛失・盗難デバイスの現在位置をSMS経由で送信します。位置情報はGoogle Maps上のリンクとなっており、タップすればブラウザから確認できます。
SCREAM: 遠隔操作でデバイスに警報音を鳴らさせ、デバイスを盗んだ犯人を発見しやすくします。
LOCK: 遠隔操作でデバイスをロックさせます(解除コードはアプリの暗証番号です)。
WIPE: 遠隔操作でデバイス内のデータをすべて消去します。
※本コマンドは事前に登録された「信頼する番号」から受信した場合にのみ動作します。
CALLME: コマンドを受信させたデバイスから、本コマンドを送信したデバイスへ(スピーカー通話の状態で)電話をかけさせます。
HELP: 盗難対策機能で利用可能なコマンドの一覧をSMS経由で送ります。

検査履歴

製品を起動し、「検査履歴」をタップします
検査履歴にはウイルス検査の履歴や、デバイス上で行なわれた検査の履歴が表示されます

スマートフォンセキュリティ 管理ページ

■スマートフォンセキュリティ 管理ページについて
「スマートフォンセキュリティ 管理ページ」は、スマートフォンセキュリティ 特別版がインストールされているデバイスをWeb上から管理・操作できる、プラットフォームです。アクセスするには、Webブラウザから以下のURLを開いてください:
https://ssm.sourcenext.com/login
※ユーザーアカウント(マイページID)とパスワードを入力してログインしてください。

■スマートフォンセキュリティ 管理ページから行なえる操作
以下の操作が行なえます:
 ・登録済みの各デバイスの保護状態を確認。
 ・遠隔からデバイスのウイルス検査、脆弱性検査、最適化などの操作を実行。
 ・盗難対策機能を利用。

スマートフォンセキュリティ 管理ページから盗難対策機能を利用
パソコンなどでスマートフォンセキュリティ 管理ページ(https://ssm.sourcenext.com/)にログインして、下記の操作を行ないます。

■位置情報を取得する
1. デバイス一覧画面から対象デバイスを選択します。
2. 「探索」タブを選択します。
※ページの初回表示時には位置情報は最新ではありません。「探索」タブを再度選択してページをリフレッシュしてください。

■端末からアラームを鳴らす(メッセージを表示)
1. デバイス一覧画面から対象デバイスを選択します。
2. 「アラーム」タブを選択します。
3. 端末に表示したいメッセージを入力します。
4. 「送信」を選択するとメッセージが送信されます。
 ※アラームを鳴らしたい場合は「警報を鳴らす」のチェックボックスにチェックを入れます。

■端末をロックする
1. デバイス一覧画面から対象デバイスを選択します。
2. 「ロック」タブを選択します。
3. 「デバイスをロック」の画面が表示されるので、4桁のロック用の暗証番号を入力してデバイスをロックさせます。

■端末のデータをワイプ(消去)する
1. デバイス一覧画面から対象デバイスを選択します。
2. 「消去」タブを選択します。
3. 「端末のデータが完全に消去されることを理解しました」にチェックを入れ、[消去]をクリックすれば端末上のデータが消去されます。