ウイルスセキュリティ

セキュリティ修正プログラムの更新について

● 2019年09月11日
マイクロソフト社、アドビ社(Adobe Flash Player)から、セキュリティ修正プログラムが公開されました。 アップデートの案内画面が表示されたら、安全のために必ず実行してください。

Windows Updateの更新手順

Windows 10の場合

Windows 10では通常、 Windows Update は自動で実行されます。
すぐに更新プログラムをインストールしたい場合は、手動で更新プログラムをインストールすることもできます。

  1. パソコン画面左下の[スタートメニュー]> [設定] をクリックします
  2. [更新とセキュリティ]をクリックします
  3. [コントロールパネル]をクリックします
  4. [Windows Update]をクリックします
  5. [最新プログラムのチェック]をクリックします
  6. 更新プログラムがある場合は、[今すぐインストール]を選択して最新の状態まで更新します

▲閉じる

Windows 8.1の場合

  1. Windows キーを押しながら、W キーを押します
    ※Windowsキーは、通常キーボード左下にあるWindowsマークのキーです
    または、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下へ移動して[検索] をクリックし、[設定] をクリックします
  2. 検索ボックスに「Windows Update」と入力します
  3. [更新プログラムのチェック] をクリックします
  4. 更新プログラムのチェックが行われますので、表示される[インストール] をクリックします
  5. [今すぐ再起動] ボタンが表示されたら、[今すぐ再起動] ボタンをクリックし、コンピューターを再起動させます
    ※[今すぐ再起動] ボタンが表示されなければ、Windows Update の画面を閉じて終了してください
    終了するには、アプリの上部をクリックし、画面の下部にドラッグします

▲閉じる

Windows 7の場合

  1. パソコン画面左下の[スタート]をクリックします
  2. 「コントロールパネル」をクリックします
  3. 「システムとセキュリティ」をクリックします
  4. 「Windows Update」をクリックします
  5. 「最新プログラムの確認」をクリックします
  6. 確認後 更新プログラムがある場合は、最新の状態まで更新します

▲閉じる

※ Windows Updateはマイクロソフト社の提供するサービスです。
弊社サポートでのご案内は行なっておりませんので、あらかじめご了承ください。

Adobe Readerの更新手順

  1. パソコン画面左下の「スタート」から[(すべての)プログラム]-[Adobe Reader (バージョン番号)]とクリックして、Adobe Readerを開きます
  2. 画面上部の[ヘルプ]をクリックし、[アップデートの有無をチェック]をクリックします
  3. アップデートが必要な場合はその旨が表示されるので、画面内の[ダウンロードしてインストール]をクリックしてアップデートします

※「Adobe Reader」は、Adobe社の提供するプログラムです。
詳細なサポートをご希望の場合は、同社へお問い合せください。
弊社サポートセンターではご案内いたしかねますので、あらかじめご了承ください。


Q.スタートメニューに「Adobe Reader」が見つかりません
A.その場合、更新は不要です
スタートメニューに「Adobe Reader」の項目がない場合、Adobe Readerをインストールしていないということになりますので、更新は不要です。

▲閉じる

Adobe Flash Playerの更新手順

※Windows 10/8.1/8をご利用の場合、Windows Updateで更新できます。手順

「Adobe Flash Player」がインストールされているかの確認方法

  1. こちらをクリックして「Adobe Flash Player」のページを開きます
  2. ページ右上の再生ボタンをクリックし、しばらく待ってページ中央に動画が表示されることを確認します

    動画が再生された場合は、パソコンに「Adobe Flash Player」がインストールされていますので、引き続き以下の手順をお試しください。
    再生されなかった場合は、本ページの手順は不要です。

「Adobe Flash Player」の更新手順

  1. こちらをクリックして「Adobe Flash Playerダウンロードセンター」ページを表示します
  2. 「Adobe Flash Playerのバージョン」の下に表示されるOSとブラウザの種類(例:Windows,Internet Explorer)を確認し、ご利用の環境と異なる場合は「オペレーティングシステムまたはブラウザの変更」をクリックして訂正します
  3. 「同時にインストール」の項目に、「無料のMcAfee Security Scan Plus (オプション)」が表示されている場合は、ウイルスセキュリティと併用できないためチェックをはずします
  4. ページ下部の「今すぐインストール」ボタンをクリックし、画面の案内に沿ってアップデートします

※ すでに最新の「Adobe Flash Player」をご利用の場合は「ダウンロードは既に完了済みです」と表示されます。

※「Adobe Flash Player」の更新通知設定手順はこちら

※「Adobe Flash Player」は、Adobe社の提供するプログラムです。
詳細なサポートをご希望の場合は、同社へお問い合せください。
弊社サポートセンターではご案内いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

▲閉じる

Adobe Shockwave Playerの更新手順

「Adobe Shockwave Player」がインストールされているかの確認方法

  1. こちらをクリックして「Adobe Shockwave Player」のページを開きます
  2. ページ右上の再生ボタンをクリックし、しばらく待ってページ中央に動画が表示されることを確認します

    動画が再生された場合は、パソコンに「Adobe Shockwave Player」がインストールされていますので、引き続き以下の手順をお試しください。
    再生されなかった場合は、本ページの手順は不要です。

「Adobe Shockwave Player」の更新手順

  1. こちらをクリックして「Adobe Shockwave Playerダウンロードセンター」ページを表示します
  2. 「Adobe Shockwave Playerのバージョン」の下に表示されるOSとブラウザの種類(例:Windows,Internet Explorer)を確認し、ご利用の環境と異なる場合は「オペレーティングシステムまたはブラウザの変更」をクリックして訂正します
  3. ページ下部の「今すぐインストール」ボタンをクリックし、画面の案内に沿ってアップデートします
    ※インストール中に表示された画面で、「Norton Security Scanを含める」が表示されている場合は、ウイルスセキュリティと併用できないためチェックをはずします。

※ すでに最新の「Adobe Shockwave Player」をご利用の場合は「ダウンロードは既に完了済みです」と表示されます。

※「Adobe Shockwave Player」は、Adobe社の提供するプログラムです。
詳細なサポートをご希望の場合は、同社へお問い合せください。
弊社サポートセンターではご案内いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

▲閉じる

Javaランタイムの更新手順

  1. 検索ボックスに「コントロールパネル」と入力しコントロールパネルをクリックで開きます
  2. 右上に表示されている表示方法を「大きいアイコン」に変更します
  3. 一覧から「Java」もしくは「Java(32ビット)」を探し名前部分をクリックします
     ※「Java」アイコンが表示されない場合は、「Java」がパソコンにインストールされていないため、この手順は不要です
     
  4. 「Java コントロールパネル」が表示されますので「更新」タブをクリックします
     

  5. 下部の「今すぐ更新」をクリックします
     

  6. 以降は画面の説明に沿って、アップデートを進めます
    ※「このシステムはすでに最新の Java(TM) プラットフォームになっています。」と表示される場合は、すでに最新にアップデートされています

※「Java」は、Sun Microsystems社の提供するプログラムです。
弊社サポートでのご案内は行なっておりませんので、あらかじめご了承ください。


▲閉じる


Windows Vista, Windows XPをお使いのお客様へ

同OSは、マイクロソフト社のサポートが終了しており、次のような危険性があります。

  • 情報の漏洩やデータの破損
  • ウイルス感染 など

安全のため、すぐに新しいパソコンへ移行してください。

はじめよう!Windows10ガイド


Q&A

Q.なぜ更新が必要なの?
A.脆弱性を修正するためです
脆弱性を放置したままにすると、ウイルスやハッカーの攻撃に利用されるリスクが高まります。
※マイクロソフト社のセキュリティ修正プログラムで対処される脆弱性情報はこちらをご参照ください。

重要なセキュリティ情報

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)から発信されている「重要なセキュリティ情報」をリアルタイムで案内しています。