iPhone/iPadアプリ : 英語学習 英語学習

超字幕/24 -TWENTY FOUR- Season 1 Episodes 13-15

映画1本丸ごと収録、本格的な英語学習もできる

126分

2001年

業務の報告や依頼、端的に指示を出す表現や交渉、説得など、ビジネスシーンで役立つ英語が学べるシリーズ。「24」だけに電話や時間の表現も豊富。合間に出てくる大統領スピーチや家族との日常会話も学びどころ。本編では、病院のシーンが多く、体調や心情を訴える表現にも触れられる。

例えば、こんなフレーズ

Give me the headlines./ 要点を
It's probably just from all the stress, honey./ ただのストレスだと思うわ

英語レベル:中級 総語数:約10,749語

映画情報

1秒ごとに事件は展開する。映画では実現不可能な新しい24時間。

海外TVドラマブームの火つけ役ともいえる本作は、CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウワーが24時間不眠不休で活動するという斬新な設定と構成で話題になった大ヒットシリーズ。「24 -TWENTY FOUR- 」と読んで字のごとく24時間という意味。物語の進行と現実の時間進行が同じ速度で進むリアルタイムなストーリー展開で、会話丸ごと丸1日の出来事を目撃することになる。大統領候補暗殺計画を立て軸に、旅客機爆破、誘拐、殺人、機密漏洩などの様々な事件が同時多発的に発し、複雑に絡み合う24時間待ったなしのノンストップ・エンターテインメントだ!

12:00
ゲインズ一味との戦いを終えたジャックは、ようやく再会したテリーとキムと共にCTUに戻る。CTUではニーナとトニーがジェイミーの母親から、ベオグラードから送金がある銀行口座の存在を聞き出していた。さらに、新たな暗殺者がロスに潜入していることも判明する。

13:00
テリーとキムは検査のため入院するが、付き添っていたニーナは病院で不審な人物を発見し、2人をCTUの隠れ家に移す。同じ頃、CTUに残ったジャックにはグリーンたちの尋問が続いていた。

14:00
あらゆるツテを使い、尋問中のジャックに面会を果たしたパーマーは、彼も事件に巻き込まれていたことを知る。2人は、“ナイト・フォール作戦のファイルを検証するため、中南米にいるCTU相談役ロバート・エリスに連絡を取り、任務の目的だったヴィクター・ドレーゼン殺害時に彼の妻と娘が巻き添えになっていたことを初めて聞く。

スタッフ

原案・脚本・制作総指揮:ジョエル・サーナウ/ロバート・コクラン

キャスト

ジャック・バウワー:キーファー・サザランド
テリー・バウワー:レスリー・ホープ
キンダリ-・バウワー(キム):エリシャ・カスバート
ニーナ・マイヤーズ:サラ・クラーク
パーマー上院議員:デニス・ヘイスバート

字幕翻訳:小島由記子

© 2001-2002 Fox and its related entities. All rights reserved.

※画像はイメージです