• Windows
  • Mac
  • Smith Micro Software, Inc.
  • ソースネクスト株式会社
  • ソースネクスト株式会社

「Moho」を使いこなす、解説ビデオ

「すぐわかる!「Moho Pro」」

Windows 11対応保証製品 詳細

Windows 11公開後、動作に問題がある場合は 速やかに無償アップデートにて対応します

Windows 11対応製品

劇場アニメからGIFアニメまで

「Moho Pro 13」は、プロフェッショナルな用途にも使えるアニメーション作成ソフトの最新版です。
 描画ツールや付属の素材を使っての作成はもちろん、お手持ちの静止画からアニメーションを作ることもできます。高度な機能で、細かい表現も自由自在です。

開発:Smith Micro Software, Inc. 販売・サポート:ソースネクスト株式会社

これ1本でアニメ制作

アニメ制作に必要な作画、着色、アニメーション設定、出力が本製品だけでできます。

歩行アニメーションの作例

表情変化アニメーションの作例

お手持ちの静止画を自由に動かせる

お手持ちの静止画に「ボーン」を設定することで簡単にアニメーションにできます。
他のソフトで描いたイラストを読み込むことも、本製品の機能で描くことも可能です。

Photoshop形式を読み込める

加工の元となる原画データ
動かしたいパーツごとに分解した状態
Photoshopのファイルをすべてのレイヤーを保持したまま読み込めます。 また、Photoshop側で行なった変更は、本製品で読み込んだファイルにもすぐに反映されます。Photoshopの多くの機能が本製品でもサポートされています。
 •ブレンドモード
 •レイヤーの不透明度
 •スマートオブジェクト
 •スマートフィルター など

画期的なスマートボーン(Smart Bones™)

本製品独自の「スマートボーン」機能は、表情や動きなど、繰り返しよく使うアニメーションを登録できます。これによりアニメーション制作を効率的に進められます。

Unity™のゲーム開発にも

Unity™のゲーム開発で使われるFBX形式に対応しています。 Autodesk®の3Dアニメーション用のファイル形式であるFBXは、アニメーション2Dおよび3DアセットをUnityで利用可能にする業界標準の形式です。

作品例

プロによる作例とチュートリアルはこちら

アカデミー賞®ノミネート作品を創出

Mohoの機能を使って作られた長編アニメ「The Breadwinner」、「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」は、アカデミー賞 長編アニメ映画賞にノミネートされました。

「The Breadwinner」

「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」

主な機能と特長

・物理演算
・モーショントラッキング
・スマートボーン
・ベジェハンドル など

フリーハンド描画ツール

精度の高いフリーハンドツールを搭載。より少ないポイントでオブジェクトを作れます。

ベジェハンドル

カスタマイズできるベクター・ベジェハンドルで、複雑なデザインコントロールができます。

Smart Warp

アニメーション化できるメッシュを作れます。画像とベクトルの両方に対応し、スマートボーンで使用できます。

モーションブラー

スムーズなモーションブラーを設定できます。フレームとブレンドの量の設定が可能になったため、効果の強弱の微調整ができます。

複数レイヤーで同時アニメーション化

タイムライン上で、複数のレイヤーを同時に編集でき、効率的に作業できます。

ピンボーン

静止画とベクターを変形できます。アニメーションの表現の幅を大きく広げます。

アクションのエクスポート/インポート

作成したアクションをエクスポートし、別のリグにインポートできます。

バージョン13の新機能

フレームごとに使えるビットマップツール

ビットマップツール(描画ツール)を画像ベースのフレームとレイヤーと組み合わせて、アニメーションを直接作成できます。この機能を使用してストーリーボードを作成することで、ワークフローをスピードアップできます。
 詳しい動画はこちら(英語)

フリーハンド描画ツール

ブラシを使いフリーハンドで描画してキャラクターやオブジェクトを作成できます。速度、方向、圧力に基づいてブラシの出力を制御できます。 また、塗りつぶしツールを使って、広い領域にすばやく色を付けられます。 背景を作ったり、イメージレイヤーテクスチャの色を変更する時に便利です。
詳しい動画はこちら(英語)

ブラシツールを使用したキャラクター作成

デフォルトブラシを使用して、キャラクターやオブジェクトをテクスチャリングできます。 Moho Proなら、新しいブラシマネージャーを使ってカスタムブラシも作れます。
詳しい動画はこちら(英語)

カスタムブラシの作成

カスタムブラシを作成して、希望するスタイルをアニメーションに適用できます。 ビットマップブラシマネージャーでブラシ設定を編集して、プロジェクトに必要なデザインと動作でブラシを作成できます。 また、作成したブラシ設定は簡単に出力や読み込みができるので、他のユーザーやデバイス間で共有して使えます。

3Dオブジェクト 光源操作のサポート

操作とレンダリング設定の制御・サポートが強化されました。 3Dオブジェクトのマテリアル設定とテクスチャを変更し、インポートされた3Dオブジェクトの光源を調整できます。
2Dと3Dの両方のアセットをMoho内でより密接に結び付け、2Dと3Dの両方のオブジェクトが一致する遠近感を持つようにします。

3Dオブジェクト マテリアル・プロパティのサポート

カメラ操作中のプレビューを改善し、3Dオブジェクトのマテリアル・プロパティを変更できるようになりました。
新しいマテリアル編集オプションとトゥーンシェーディングコントロールを使用して、3Dオブジェクトでプロジェクトに最適な外観を取得します。

新しいアクション・ウィンドウ

新しいアクション・ウィンドウを使用して、アクションを網羅的に制御できます。 グループ、タグを作成し、キーワード、サブワード、ブール演算(「+」と「-」)を使用してより正確に検索できます。
また、アクションを並び替えたり、カスタムの並べ替えロジックを作成したり、タイプ(通常、モーフ、スマートボーン)でアクションをフィルター処理することもできます。

主な機能の一覧

 •ボーンの設定(ボーンリギング )
 •スマート・ボーン
 •スマート・ワープ(画像とベクトル両対応)
 •最大出力サイズ :9,000 x 9,000ピクセル
 •3Dレイヤーとオブジェクトの読み込み
 •レイヤーの参照
 •アニメーションシェイプの順位付け
 •Photoshop形式の読み込み
 •リアルタイム・メディアコネクション

対応形式

読み込み 画像形式 JPEG、BMP、PSD、PNG、TGA、トレーシング イメージ
ベクター形式 EPS、AI、SVG、SVGシークエンス
3D形式 EPS、AI、SVG
音声形式 WAV、AIFF、MP3、M4A
動画形式 MOV(MacとWindows)、AVI、MP4
MOHO形式 MOHOファイル形式、JSONベースファイル形式、Anime Studio形式(バージョン5まで)、MotionArtist ファイル
書き出し 画像形式 JPEG、BMP、PNG、TGA、バッチイメージ出力、アニメーションGIF
ベクター形式 SVG、SVGシークエンス
動画形式 SWF、MOV(MacとWindows)、AVI(Windowsのみ)、MP4、シークエンシャルJPEG、シークエンシャルBMP、 レイヤード シークエンシャルPSD、 シークエンシャルPNG、 シークエンシャルTGA、 バッチムービー出力
TV形式 NTSC形式、 PAL、 HDムービー
3D形式 OBJ
ゲーム形式 FBX

プロによる作例とチュートリアル

「スタジオななほし」の佐藤広大氏による作例とチュートリアルムービーです。 本動画のキャラクターはアニメ作品「えんぎもん」の主人公・はるおを使用しています。

佐藤広大氏について:

 •アカデミー賞 短編アニメーション部門ノミネートなど受賞作品に多数参加
 •アヌシー国際アニメーション映画祭にて監督作品「えんぎもん」が公式上映
 •日清のCMで有名な「FREEDOM」のCGIディレクターを担当
 •Eテレで放映中の「かいじゅうステップ」では、絵コンテ・演出を担当

1. Mohoで初めてイラストを動かす

2. ここまで動く!!Mohoで作る2Dキャラクターアニメーション

3. 回転する!Mohoで作る2Dキャラクターアニメーション

4. 静止画を立体的に見せる!Mohoで作るスマートワープ

動作環境

  • 対応OS:macOS Mojave(v10.14)
    macOS High Sierra(v10.13)
    Windows® 10(64ビット版)
    Windows
  • プロセッサ:2.0 GHz Intel Core i3以上
  • RAM:4GB以上
  • ハードディスクの空き容量:1.6GB以上
  • OpenGL対応のGPUを推奨
  • OpenGL 4.1対応のグラフィックカードが必要(1920x1080を推奨)
  • インターネット接続環境

  • Mac
  • プロセッサ:2.0 GHz Intel Core i3以上、64 bitOSが必要
  • RAM:4 GB以上
  • ハードディスクの空き容量:1.6GB以上
  • OpenGL 4.1対応のグラフィックカードが必要(1920x1080を推奨)
  • インターネット接続環境

必要メモリ容量などが書かれていない場合はこちらをご参照ください詳細

ご注意

  • 本製品は1ライセンスにつき、1台のPCにのみ利用できます。
  • PSDファイルを読み込む時、ファイル名は1バイト文字を使用してください。
  • Adobe Illustratorはバージョン8のみ対応です。
  • バージョン13.5へのアップデートは対応しておりません。

ユーザーの声

  • MOHO12からのバージョンアップでMOHO13にしました。 AfterEffectsの素材作り、動画の動きのベースなどに使っています。 動作の軽いのが良いです。高額な3Dソフトと同じようにボーンで動かせるので、作りやすいですね。 まさに人形にアクションつけて動かしてる感じです。( 東京都/60代男性)
  • 品質が確かそうだから 購入しました。 大滿足。(KIM DHさん)
  • 楽しく使わせていただいてます。( 千葉県/ 石本 智久さん )
  • 直感的で判りやすくキャラクターが動かせるのが良い psdを読み込めるのが良い ソースネクストが作ったチュートリアル的なドキュメントが ソフトのとっかかりとして非常に良かった( 愛知県/ 久米 天さん )
  • 静止画からアニメーション作成がとても気に入ってます。( 千葉県/ 河名 洋一さん)
  • 最初はうまく動かせず難しそうだなと思いましたが、少し触っているうちにコツが掴め、自分のキャラクターに簡単な動きをつけることができました。 初めて成功した時にはとても嬉しくて感動しました。(徳島県/ 福永 梨絵さん )

よくある質問

日本語マニュアルの内容は?
以下の通りです

・フルカラー
・PDFファイル
・301ページ
ソースネクストからご購入いただいた方のみ無料でダウンロードいただける特典です。

概要:
Mohoを初めて使用する方向けの日本語チュートリアルマニュアル。
1. クイックスタート
2. 描画
3. ボーン
4. 画像
5. アニメーション
6. 効果
7. レイヤー参照

製品プロフィール

開発:
  • Smith Micro Software, Inc.
販売:
  • ソースネクスト株式会社
サポート:
  • ソースネクスト株式会社

標準価格

Moho Pro 13ダウンロード版 10,978

安心サービス対象製品

万一正常に動作しない場合、ソースネクストに返品できる安心サービス対象製品です。
  • ご購入30日以内
  • ユーザー登録が必要
  • 購入履歴の確認が必要
詳しくはこちら

webとeメールでのサポート

サポート対象条件
  • メーカー製のパソコンであること
  • 上記とOS推奨条件を満たすこと
  • ユーザー登録をされていること
    (ご登録にはインターネットが必要)