セキュリティ情報|
最新のウイルス情報や、セキュリティ対策に関するコラムを公開しています

SNSの乗っ取りにご注意

ネット詐欺 SNS プライバシー

2017/11/08

FacebookやTwitterなどのアカウントを乗っ取られ、友人にスパムメッセージを送ってしまうなどの事例が後を絶ちません。

手口

・FacebookやTwitterアカウントのID・パスワードを盗まれ、勝手にログイン、操作されてしまう。
  サービス別のなりすまし被害例
   Facebook:友人にスパムイベントの招待を送り、偽ショッピングサイトなどに誘導する
   Twitter:勝手にスパムメッセージをツイートする
   Apple:バックアップした連絡先や写真を漏洩
   Google:勝手に迷惑メールを送る

対策

・他サービスで使っているパスワードを使わない
 1つのサービスで使っているパスワードが漏洩した場合に、
 他のサービスでも被害に遭わないようにサービスごとにパスワードを変える

・安全なログイン方式を使う
 各サービスが提供している「2要素認証」を使うと、ID・パスワードに
 別の認証が加わるので安全です。
 例えば、ログインの度にスマホのテキストメッセージで数字が送られてきて、
 その数字を入力するとログインに成功するという方式です。
 具体的な設定は各サービスにより異なりますので、
 以下のページを参考にしてください。

 Facebook:https://www.facebook.com/help/413023562082171/
 Twitter:https://support.twitter.com/articles/20170432
 Apple:https://support.apple.com/ja-jp/HT204152
 Google:https://www.google.co.jp/intl/ja/landing/2step/

・不用意にサービス連携をしない
 SNSアカウントと連携するサービスは便利ですが、
 知らずに危険なサービスと連携してしまい、勝手にメッセージを
 送られてしまうという事例も発生しています。

乗っ取られた時の対処方法

・パスワード変更をする
・乗っ取られたことを自分のウォールで報告し、二次被害を防ぐ

それ以外については状況により異なったり、サービスの仕様変更により
対処方法が変わることがありますので、「○○(サービス名)」「乗っ取り」
「対処」といったキーワードで対策方法を検索することをおすすめします。

あわせて読みたい、関連記事

プライバシーネット詐欺SNS を含む記事

最新記事(3件)

記事一覧