セキュリティ情報|
最新のウイルス情報や、セキュリティ対策に関するコラムを公開しています

IPA「情報セキュリティ10大脅威 2018」

ネット詐欺 ウイルス フィッシング

2018/02/08



  独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、1月30日に「情報セキュリティ10大脅威
  2018」を発表しました。
  これは毎年、同機構が選定した情報セキュリティに関する事件や事柄の候補から、
  研究者や企業の実務担当者が投票し、決定されるものです。

  個人向けの脅威のランキングは以下の通りです。

   1位 インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用 (昨年1位)
   2位 ランサムウェアによる被害 (昨年2位)
   3位 ネット上の誹謗・中傷 (昨年7位)
   4位 スマートフォンやスマートフォンアプリを狙った攻撃の可能性 (昨年3位)
   5位 ウェブサービスへの不正ログイン (昨年4位)
   6位 ウェブサービスからの個人情報の窃取 (昨年6位)
   7位 情報モラル欠如に伴う犯罪の低年齢化 (昨年8位)
   8位 ワンクリック請求等の不当請求 (昨年5位)
   9位 IoT機器の不適切な管理 (昨年10位)
   10位 偽警告 (昨年ランク外)

  1位のネットバンキングやクレジットカードの不正利用、2位のランサムウェア被害が
  今年も同じ位置を占めており、引きつづき大きな脅威であることが分かります。
  これらの脅威は基本的なセキュリティ対策で防げるものばかりです。
  これを機に、改めてご自身が利用しているIT機器のセキュリティ対策を見直しましょう。

  出典:https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2018.html

あわせて読みたい、関連記事

フィッシングウイルスネット詐欺 を含む記事

最新記事(3件)

記事一覧