セキュリティ情報|
最新のウイルス情報や、セキュリティ対策に関するコラムを公開しています

確定申告期間は、こんな詐欺にご注意

ネット詐欺 フィッシング

2019/02/01

平成30年分の確定申告は2月18日(月)から3月15日(金)ですが、この時期が近くなると関連した
詐欺が多くなる傾向にあります。
以下の過去に発生した事例を紹介します。ご注意ください。




事例

  国税庁や税務署を装ったメール
   「所得税に関する重要なお知らせ」などの件名でメールを送り、
    添付ファイルを開かせてウイルス感染させる手法です。
    国税庁では、e-Taxの利用にあたってメールを送信することは
    ありますが、ファイルが添付されることはありません。
    e-Taxからどのようなメールが配信されるかについては、
    下記の国税庁のホームページをご覧ください。
    http://www.e-tax.nta.go.jp/topics/topics_hushin_mail_2019.htm
    http://www.e-tax.nta.go.jp/topics/topics_oshirase_mail.htm


  還付金が当選しました!メール
   あたかも還付金が入金されるかのような内容でメールを送り、
   口座番号や氏名、住所などの情報を盗まれる詐欺です。
   「おいしい話には必ず裏がある」という原則に立ち返って、
   不用意に個人情報を入力しないようにしましょう。


  確定申告の情報更新を促すメール
   海外の事例ですが、申告書を更新する必要があるなどと通知し、
   フィッシング詐欺サイトに誘導したり添付ファイルを開かせる手法です。
   フィッシング詐欺サイトで情報を入力してしまうと個人情報が盗まれますし、
   添付ファイルを開くとウイルス感染の危険があります。

対策

  手口を知って、メールを無視する
   弊社が運営しているブログ「キ・ケ・ンの取説」では、
   タイムリーに詐欺の事例を分かりやすく紹介しています。
   また、ネット検索するだけでも事例が見つかります。
   受け取ったメールの件名と「詐欺」という2つのキーワードで検索
   してみてください。

  セキュリティソフトの導入
   こうした詐欺メールは迷惑メール対策機能などでブロックできる他、
   メールからフィッシング詐欺サイトを開いたとたんにブロックしてくれます。
   誤って添付ファイルを開いてしまっても、ウイルスをダウンロードする
   前に検知してくれるので、転ばぬ先の杖になります。

あわせて読みたい、関連記事

フィッシングネット詐欺 を含む記事

最新記事(3件)

記事一覧