検出ウイルス・レポート

月間レポート
2020年5月

レポート集計期間:2020/4/25~2020/5/25

国内で流行中のウイルス(Windows/Android 2020年5月)

Windowsで多く検出されるウイルス


弊社のウイルス対策製品が先月、国内で実際に検出したウイルスの
集計がまとまりました。
  集計:Bitdefender社(ウイルス対策製品の開発元)
  集計期間:2020/4/25~2020/5/25

(スーパーセキュリティが検出したウイルス/検出数順)

  1. Adware.JS.PopUnder.A
  2. JS:Adware.Lnkr.C
  3. JS:Adware.Popunder.B
  4. JS:Trojan.Cryxos.3355
  5. URL.Spam.Heur.4


 多く検出されるウイルスの順位に大きな変動はありませんでした。
 今号では5位(先月は3位)のアドウェア「URL.Spam.Heur.4」を紹介します。

概要/アドウェア「URL.Spam.Heur.4」
  悪事の内容
   ・メールに添付されたPDFを開くと気づかず侵入される
   ・別のウイルスを呼び込む
  感染経路
   ・メールに添付されたPDFファイルを開く
  対策
   ・身に覚えのないメールの添付ファイルは開かない
   ・ウイルス対策ソフトの導入

  参考/スーパーセキュリティについて


Android(スマホ、タブレット)で多く検出されるウイルス

(モバイル・セキュリティが検出したウイルス/検出数順)

  1. Android.Trojan.Obfus.GU
  2. Android.Trojan.Obfus.HZ
  3. Android.Trojan.Obfus.IO
  4. Android.Adware.Agent.BCT
  5. Android.Riskware.Downloader.LX


 先月紹介した「Android.Trojan.Obfus.IO」とその亜種が多く検出されています。
 4番目に多く検出された「Android.Adware.Agent.BCT」は、
 世界で1番多く検出されているウイルスです。

概要/トロイの木馬「Android.Adware.Agent.BCT」
  悪事の内容
   ・正規のアプリを装ってインストールさせる
   ・広告の表示をして、場合によってはユーザーの画面操作を邪魔する
  感染経路
   ・アプリのインストール
  対策
   ・正規サイト以外からアプリをインストールしない
   ・アプリをインストールする時は信頼できる開発元かどうかを
    レビューやダウンロード数などで確認する
   ・ウイルス対策アプリの導入

   参考/モバイル・セキュリティについて


2020年4月のレポート▼

2020年3月のレポート▼

2020年2月のレポート▼

2020年1月のレポート▼

2019年01月~12月のレポート▼

2018年01月~12月のレポート▼

2017年01月~12月のレポート▼

2016年01月~12月のレポート▼

2015年01月~12月のレポート▼