検出ウイルス・レポート

月間レポート
2020年2月

レポート集計期間:2020/1/25~2020/2/25

国内で流行中のウイルス(Windows/Android 2020年2月)

Windowsで多く検出されるウイルス


弊社のウイルス対策製品が先月、国内で実際に検出したウイルスの
集計がまとまりました。
  集計:Bitdefender社(ウイルス対策製品の開発元)
  集計期間:2020/1/25~2020/2/25

(スーパーセキュリティが検出したウイルス/検出数順)

  1. JS:Trojan.Cryxos.2899
  2. JS:Trojan.Cryxos.1726
  3. VB.Downloader.2.Gen
  4. Atc4.Detection
  5. Application.Agent.CYP


 最も多く検出されたのはアドウェア「JS:Trojan.Cryxos.2899」です。
 (現在は「JS:Adware.Lnkr.C」という名前で検知)

概要/アドウェア「JS:Trojan.Cryxos.2899」
  悪事の内容
   ・正規のウェブサイトに仕込まれて、ポップアップ広告などを出す
   ・勝手にアダルトサイトを開く
  感染経路
   ・感染した正規サイトを開く
  対策
   ・急に広告が表示されるといったことが起きたらブラウザを閉じる
   ・ウイルス対策ソフトの導入

  参考/スーパーセキュリティについて


Android(スマホ、タブレット)で多く検出されるウイルス

(モバイル・セキュリティが検出したウイルス/検出数順)

  1. Android.Riskware.Agent.DIE
  2. Android.Riskware.SmsPay.XC
  3. Android.Adware.Yekrand.AMF
  4. Android.Riskware.SmsPay.IT
  5. Android.Riskware.Agent.DLB


 最も多く検出されたのは前月と同じ「Android.Riskware.Agent.DIE」、
 次いで多かったのがリスクウェア「Android.Riskware.SmsPay.XC」でした。

概要/リスクウェア「Android.Riskware.SmsPay.XC」
  悪事の内容
   ・正規のアプリを装ってユーザーにインストールさせる
   ・ユーザーを騙して表示したコンテンツに対する支払いを要求する
  感染経路
   ・アプリのインストール
  対策
   ・正規サイト以外からアプリをインストールしない
   ・ウイルス対策アプリの導入

   参考/モバイル・セキュリティについて


2020年1月のレポート▼

2019年12月のレポート▼

2019年11月のレポート▼

2019年10月のレポート▼

2019年09月のレポート▼

2019年08月のレポート▼

2019年07月のレポート▼

2019年06月のレポート▼

2019年05月のレポート▼

2019年04月のレポート▼

2019年03月のレポート▼

2019年02月のレポート▼

2019年01月のレポート▼

2018年01月~12月のレポート▼

2017年01月~12月のレポート▼

2016年01月~12月のレポート▼

2015年01月~12月のレポート▼