検出ウイルス・レポート

月間レポート
2017年5月

レポート集計期間:2017/04/24~2017/05/24

国内で流行中のウイルス

Windows

(スーパーセキュリティが検出したウイルス 検出数順 2017年5月)
※本プログラムは「超ホーダイ」でも使えます

  1. Trojan.Oroles.Gen.8
  2. Trojan.JS.Agent.PZT
  3. JS:Trojan.Script.WF
  4. Gen:Variant.Application.Bundler.Softonic.1
  5. Application.MultiBar.BZ


上位に大きく変動があり、先月7位の「Trojan.Oroles.Gen.8」が1位になりました。世界全体のランキングでも2位に入っています。

概要
 感染経路
  ・メールの添付ファイル
 悪事の内容
  ・ファイルを開くと、「Ceber」という身代金ウイルス(ランサムウエア)に感染させる。
 対策
  ・メールに添付されたファイルを不用意に開かない
  ・ウイルス対策ソフトの導入


Android

(スマートフォンセキュリティが検出したウイルス 検出数順 2017年5月)

  1. Android.Adware.GingerMaster.DK
  2. Android.Adware.Agent.DZ
  3. Android.Riskware.InfoLeak.M
  4. Android.Riskware.Dropper.BD
  5. Android.Adware.Mobby.A


「Android.Riskware.Infoleak.M」が圏外から3位にランクインしました。

概要
 感染経路
  ・メール添付や非正規のマーケットから
 悪事の内容
  ・有名なチャットアプリ「WakeApp」を装う
  ・個人情報を入力させて詐取する
 対策
  ・正規サイト以外からアプリをインストールしない
  ・ウイルス対策アプリの導入


2017年04月のレポート▼

2017年03月のレポート▼

2017年02月のレポート▼

2017年01月のレポート▼

2016年01月~12月のレポート▼

2015年01月~12月のレポート▼