検出ウイルス・レポート

月間レポート
2017年6月

レポート集計期間:2017/05/25~2017/06/25

国内で流行中のウイルス

Windows

(スーパーセキュリティが検出したウイルス 検出数順 2017年6月)
※本プログラムは「超ホーダイ」でも使えます

  1. JS:Trojan.Cryxos.261
  2. Trojan.Oroles.Gen.8
  3. W97m.Downloader.FVE
  4. X97M.Downloader.CS
  5. W97m.Downloader.FVB


3月、4月に1位だった「JS:Trojan.Cryxos.261」が1位になっています。

概要
 感染経路
  ・web
 悪事の内容
  ・「ウイルスに感染しています」「個人情報が漏れています」
   といった偽の警告を表示する。
  ・警告画面に記載されている電話番号に電話をさせ、
   有料サポートサービスを契約して金銭を詐取する。
 対策
  ・web閲覧中にご利用中のセキュリティソフトではない
   「パソコンがウイルス感染しています」などの画面がでたら
   ブラウザの閉じるボタンを押して閉じる
   閉じられない場合は、タスクトレイからタスクマネージャーを
   呼び出してブラウザを終了する
  ・ウイルス対策ソフトの導入


Android

(スマートフォンセキュリティが検出したウイルス 検出数順 2017年6月)

  1. Android.Trojan.Cunk.H
  2. Android.Trojan.Rootnik.gNZJP
  3. Android.Adware.GingerMaster.DK
  4. Android.Trojan.Obfus.CK
  5. Android.Riskware.SmsPay.MV


先月ランク外だった「Android.Trojan.Cunk.H」が1位でした。

概要
 感染経路
  ・不正なアプリのインストール
   (ただし、アイコンなどは正規アプリを装っている)
 プログラムの特長
  ・ウイルス対策アプリの検知を逃れるために過度に複雑に作られている
 対策
  ・正規サイト以外からアプリをインストールしない
  ・ウイルス対策アプリの導入


2017年05月のレポート▼

2017年04月のレポート▼

2017年03月のレポート▼

2017年02月のレポート▼

2017年01月のレポート▼

2016年01月~12月のレポート▼

2015年01月~12月のレポート▼