検出ウイルス・レポート

月間レポート
2020年4月

レポート集計期間:2020/3/25~2020/4/25

国内で流行中のウイルス(Windows/Android 2020年4月)

Windowsで多く検出されるウイルス


弊社のウイルス対策製品が先月、国内で実際に検出したウイルスの
集計がまとまりました。
  集計:Bitdefender社(ウイルス対策製品の開発元)
  集計期間:2020/3/25~2020/4/25

(スーパーセキュリティが検出したウイルス/検出数順)

  1. JS:Adware.Lnkr.C
  2. Adware.JS.PopUnder.A
  3. URL.Spam.Heur.4
  4. JS:Trojan.Cryxos.3355
  5. JS:Trojan.Cryxos.1726


 最も多く検出されたのは先月に引き続き「JS:Adware.Lnkr.C」で、
 次がアドウェア「Adware.JS.PopUnder.A」でした。

概要/アドウェア「Adware.JS.PopUnder.A」
  悪事の内容
   ・正規サイトが感染しウイルスが埋め込まれる
   ・ユーザーが訪れた正規サイトのポップアンダー広告
    (閲覧中のページ下部に表示される広告)として表示される
   ・広告をクリックしたり表示することで別のウイルスに感染する
  感染経路
   ・webサイトの閲覧
  対策
   ・急に広告が表示されるようなことが起きたらブラウザを閉じる
   ・閉じられない場合は、タスクマネージャーでブラウザを強制終了させる。
   ・ウイルス対策ソフトの導入

  参考/スーパーセキュリティについて


Android(スマホ、タブレット)で多く検出されるウイルス

(モバイル・セキュリティが検出したウイルス/検出数順)

  1. Android.Trojan.Obfus.IO
  2. Android.Adware.Agent.BCT
  3. Android.Riskware.SmsPay.MQ
  4. Android.Trojan.Obfus.HZ
  5. Android.Trojan.Agent.AKC


 今月はトロイの木馬「Android.Trojan.Obfus.IO」が最も多く検出されました。

概要/トロイの木馬「Android.Trojan.Obfus.IO」
  悪事の内容
   ・正規のアプリを装ってインストールさせる
    (Google、Facebook、佐川急便などのアプリを装うアイコンを表示)
   ・連絡先や受信SMSなどの個人情報を盗み出す
   ・もしインターネットバンク用アプリがインストールされている場合、
    犯罪者が改ざんしたネットバンク用アプリを勝手にインストールする
    (ユーザーがその改ざんアプリを使うと、不正送金で預金を盗み出す)
  感染経路
   ・アプリのインストール
  対策
   ・正規サイト以外からアプリをインストールしない
   ・ウイルス対策アプリの導入

   参考/モバイル・セキュリティについて


2020年3月のレポート▼

2020年2月のレポート▼

2020年1月のレポート▼

2019年01月~12月のレポート▼

2018年01月~12月のレポート▼

2017年01月~12月のレポート▼

2016年01月~12月のレポート▼

2015年01月~12月のレポート▼