VEGAS Pro Edit VEGAS Pro Edit

AIでさらに進化した、プロが選ぶ映像制作ソフト

ソースネクストがお届けする「VEGAS Pro Edit」は、限られた時間の中で品質を追求する、プロフェッショナルのための映像制作ソフトです。
磨き上げられた操作性と先進の機能は世界のプロから高く評価されています。

ラインナップ

「VEGAS Pro 18」シリーズには、「VEGAS Pro 18 Edit」と
本製品にサウンド編集ソフトやプラグインを追加した2つのスイート製品をご用意しています。

VEGAS Pro 18 Edit

本製品
・VEGAS Pro 18 Edit

VEGAS Pro 18

3製品からなるスイート
・VEGAS Pro 18 Edit
・SOUND FORGE Pro 14
・VEGAS Prepare

VEGAS Pro 18 Suite

6製品からなるスイート
・VEGAS Pro 18 Edit
・SOUND FORGE Pro 14
・VEGAS Prepare
・プラグイン集 ×3

バージョン18の新機能

AIスタイル変更

Before
After
AIで絵画のようなスタイルを映像に適用して、ユニークなスタイルを表現できます。
プリセットからスタイルを選択するだけで簡単に適用できます。

AI着色機能

Before
After
白黒の映像を、AIで鮮やかな色に補正できます。
古い映像や歴史的な映像も、色彩を取り戻すことができます。

色補正が進化

色補正パネルは好みの場所に自由に配置でき、直感的に操作できます。カメラの露出をエミュレートする正確な露出コントロールや自動コントラストツールと組み合わせることで、効率的かつ高速に色補正できます。

モーショントラッキングがわかりやすく

モーショントラッキングのパネルが見やすく使いやすく改善されました。これまで以上に強力ツールに素早くアクセスできます。
また、モーショントラッキングの情報を、位置認識機能を備えたプラグインに直接転送することもできるようになりました。

細かな修正もスマートに

光の点滅やノイズなども修正し、映像を綺麗に仕上げられます。

・フリッカーフィルター:ネオンライトなどで起こるフリッカー(光の点滅)を大幅に低減または削除できます。
・ビデオノイズ削除:低光量で起こるビデオノイズを取り除き、より鮮明な映像に仕上げられます。
・ブラックバーフィルター:スマートフォンなどで撮影した時などにできる黒いエリアを瞬時に塗りつぶせます。

GPUの設定を自動で最適化

GPUに最適な設定を自動的に構成します。グラフィックカードドライバを最新の状態に保つのにも役立ちます。ハードウェアアクセラレーション全体がさらに強力になり、さらに高速に動作します。

効率化されたプラグイン管理

エフェクトとトランジションがわかりやすく、必要なものを素早く見つけられるようになりました。
頻繁に使用するものはお気に入りとしてマークでき、ワンクリックで表示できます。


ラインナップの機能比較表

  VEGAS Pro 18Edit VEGAS Pro 18 VEGAS Pro 18 Suite
映像編集
「VEGAS Pro 18 Edit」
サウンド編集
「SOUND FPRGE Pro 14」
-
メディア管理
「VEGAS Prepare」
-
ActionVFX Action Pack - -
Boris FX Continuum Particles Unit
- -
Boris FX Continuum Image Restoration Unit
- -
Boris FX Continuum Film Style - -
NewBlue Transitions 5 Ultimate
- -


プロフェッショナルに選ばれる理由

限られた時間の中で、品質を追求するプロフェッショナルのために設計されています。

SPEED(速さ)

  • 使い手の効率を追求したインターフェイス
  • 豊富なGPUやハードウェア・アクセラレーションのサポート
  • 編集用の軽い映像ファイルを自動作成(プロキシ・ワークフロー)

FLEXIBILITY(柔軟性)

  • 画面レイアウトを自由に調整でき、保存できる
  • ドッキング・ウィンドウ搭載
  • カスタマイズ可能なキーボード・ショートカット

INNOVATION(革新的)

  • HLG & HDRサポート
  • カスタマイズ可能なハンバーガー・メニュー
  • モーション・トラッキング、手振れ補正

インタビュー

映像制作の常識を変える先進性

高速かつ最先端の映像編集

タイムラインの入れ子構造に対応

タイムラインを入れ子構造に(ネスト化)することで、プロジェクトを整理し、ワークフローを効率化できます。
ネスト化したタイムラインは独立したVEGASプロジェクトとして開けるので、他の人に渡して編集してもらうなど共同作業にも活用できます。

映像を自由に切り抜き

ベジェ・マスキング(OFXプラグイン)を使用すると、楕円形、長方形またはカスタムシェイプから選択して、最大5つの異なるマスクを作成できます。
映像の一部を切り抜いて、背景に他の映像を表示させたり、ぼかしなどのエフェクトを適用できます。

モーション・トラッキング

洗練されたマスキングとモーショントラッキングツールで、動くオブジェクトを自動的に正確に追跡できます。 また、カラーグレーディング、特殊効果、その他のフィルタやエフェクトも簡単に適用できます。

平面のモーション・トラッキング

斜めから見た建物の側面のように、遠近法によって撮影された移動するオブジェクトも追跡できます。

スマートな分割

スマートスプリットをONにすると、映像をカットするだけで自動でワープフロー・トランジションを適用し、映像の切り替わりを自然につなげます。ジャンプカット編集を行なう際の手間を大幅に軽減できます。

レンズ補正

Before
After
映像から魚眼レンズのようなレンズの歪みを取り除けます。豊富なリストからカメラまたはレンズを選択するだけで、歪みを自動的に補正できます。

ピクチャー・イン・ピクチャー

映像を重ねて小窓表示させるピクチャー・イン・ピクチャーをプレビュー画面上で直感的かつリアルタイムに作成できます。平行四辺形にするなど、柔軟な調整もできます。

自動スライドショー作成

スライドショーをすばやく簡単に作成できます。
画像を選択し、フォーマット、トランジション、および継続時間などを指定すると、スライドショーが自動的に生成されタイムラインに挿入されます。

画面録画ツールを搭載

画面録画ツールを使って、複数のPCの画面と音声を同時に録画できます。
録画したファイルはVEGASのタイムラインに読み込んで同期できるので、実況動画やチュートリアル動画などの制作に便利です。

360度映像の編集&小惑星化

人気の360°カメラ用のテンプレートを収録。360°映像をシームレスにプレビューし、出力できます。
タイニープラネット(OFXプラグイン)を使えば、360°ビデオを元に、超小型の惑星のような映像を作ることができます。

手振れ補正

手振れ映像をなめらかなプロ品質のビデオに変えます。最先端技術を駆使したビデオ・スタビライゼーション・エンジンが、簡単に映像の手ぶれを補正します。

手振れ補正の視覚化

より厳密に手振れを補正したい場合は、モーショントラックの視覚化をオンにします。映像の動きの分析結果が視覚化されるので、最適な補正結果が得られるよう、設定を調整しやすくなります。

一部だけ手振れ補正

手振れ補正を必要な部分にだけ適用できます。メディア全体の手振れ補正が終わるまで待つ必要がありません。

字幕の簡単作成

ビデオの音声を書き起こしたテキストファイルなどを読み込んだり、リージョンの名前を利用して、即座に字幕トラックを作成できます。字幕の位置は音声に自動的に同期させることができ、微調整もできます。

マルチカメラ編集

複数のカメラで撮影した映像を、直感的かつ効率的に編集できます。 映像の数がいくつあっても、キーボードコマンドまたはマウスのクリックで、切り替えて編集できます。また、マルチカムトラックを個々のイベントに簡単に変換して、詳細な編集ができます。

自動クロスフェード

高速かつスムーズなタイムライン編集。 タイムライン上の複数のビデオをドラッグして重ねるだけで、映像のクロスフェード効果(映像が透明になりつつ切り替わる)が自動的にかかります。

最先端の色補正

HLG HDRカラーをサポート

「VEGAS Pro」は高画質なHDR(ハイダイナミックレンジ)映像の編集で業界をリードし続けています。 映像のプレビューから出力まで、すべてのワークフローでHDR10およびHLGをサポート。また、GPUを使ったOpenColorIO処理と先進のACES1.1規格に対応しています。

HDR 10:
 ・最も一般的なHDR方式
 ・「4Kブルーレイ」「Netflix」など多くのHDRコンテンツで採用

 HLG(ハイブリッド・ログ・ガンマ):
 ・NHKとBBCが作った放送用のHDR方式
 ・HDR非対応のテレビでも問題なく表示できる互換性がある
 ・「スカパー!4K」「BS 4K/8K放送」などで採用  

ACES1.1:
 ・映画芸術科学アカデミーが2018年に策定した最新の色表現の標準規格
 ・色特性の異なる複数のカメラの映像の色空間を統一できる  

OpenColorIO (OCIO):
 ・複数のCG作成ソフトや映像編集ソフト間で色を統一できる管理手法
 ・映画のVFX制作会社ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス社が策定
 ・スパイダーマンTMなど多数の長編映画で採用

カラーカーブツール

カラーカーブはプロにとって必要不可欠なツールです。本製品では自動カラーバランスに対応。もちろん手動でも調整できます。

LUTによる色調整

LUT(ルックアップ・テーブル)を使って、映像全体の色調整をして雰囲気を変えることができます(カラーグレーディング)。単一のイベント、トラック、またはプロジェクト全体に適用できます。

LUTのエクスポート

映像全体の色調整ができるLUT(ルックアップ・テーブル)の設定を.cube形式でエクスポートし、他の映像にも簡単に適用できます。

ホワイトバランスツール

ホワイトバランスツールを改善し、高精度かつ柔軟に調整できます。
撮影が失敗して台無しになってしまった映像の色味を救います。

映画のような雰囲気に

オートルックス(OFXプラグイン)を使えば、わずか数クリックで映画のような雰囲気の映像にできます。

カラー・マッチング

同時に撮影した映像でも、ビデオカメラによって色味が異なる場合があります。カラー・マッチングを使えば複数のビデオの色味を自動で統一させることができます。

ソニー製カメラのS-Logに対応

VEGASはソニーが設計したS-Logを包括的にサポートしています。対応したカメラで映像を撮影し、撮影後にVEGASで補正することで、映像の黒つぶれや白飛びを無くすなど柔軟な色調整ができます。

驚きの特殊効果

超なめらかなスローモーション

独自のオプティカルフロー技術で、かつてない非常になめらかなスローモーション映像を作成できます。

ワープ・フローのトランジション

SF風のユニークなモーフィング・トランジションを作成できます。

メッシュワープ

映像の歪みを修正したり、映像の一部を自由に引き延ばしたり縮めたりできます。無限の可能性を活用してください。

映像の一部にエフェクト適応

マスクを適用してビデオの特定の部分にだけエフェクトやフィルターをかけることができます。

映像の合成

映像トラックに親子関係を持たせることができます。合成エフェクトを適用して映像効果を作成したり、2つの映像を3Dで移動・回転させることで立体視の映像も作れます。

映像の一部を簡単に静止  

ワンクリックで簡単に映像を制止させることができます(インスタント・フリーズフレーム)。

さまざまなプラグインを活用できる

OpenFX規格をサポートしています。 さまざまなメーカーの高性能なプラグインを使用して、フィルタやエフェクトを追加できます。

比類のないオーディオ編集機能

VEGASは元々作曲ソフトACIDの姉妹製品として産まれ、現在は世界有数の作曲ソフトメーカー(MAGIX社)で開発されているため、他の映像編集ソフトよりも圧倒的にオーディオ編集機能が充実しています。

  • 24ビット/192kHzサポート
  • 5.1サラウンドミキシングが可能
  • VST2プラグインのサポート
  • ASIOドライバーのサポート
  • CALM法準拠の音量ラウドネスメーター

完全なマルチトラックオーディオ環境

入力バス、プロのメータリング、パンチイン録音、無制限トラックなどを使用して、マルチトラック環境でオーディオを録音できます。  

サラウンドサウンドのエンコードとデコード

5.1サラウンドミックスを直接作成できます。パンナーを使用してトラックとバスを自動化し、DVDやBlu-rayディスク用の息をのむようなサウンドトラックを作成できます。

豊富なオーディオエフェクト

VSTインターフェイス規格をサポートしています。40種類以上のエフェクトを搭載しており、個々のオブジェクト、トラックやバスのイベントに自由にエフェクトを適用できます。

  • ウェーブハンマー圧縮
  • EQ
  • ノイズゲート
  • リバーブ
  • コーラス
  • など

複数カメラの映像を音声データで同期

オーディオの波形に基づいて自動的に映像を同期したり、複数のカメラの映像をすばやく同期して、簡単に編集できます。

外部入力デバイスのサポート

入力バスを介して外部デバイスからのオーディオを録音、モニタリング、ミックスできます。  
リアルタイム・レンダリングオプションを使用すれば、外部オーディオデバイスからのオーディオを録音すると同時に最終レンダーにミックスすることができます。

音量調整に便利なラウドネスメーター

CALM条例によって規制されているCM音量規制に適切に対応したオーディオを作成できます。

エンベロープ・オートメーション録音

マウスまたは外部コントロールサーフェス機器を使用して、トラックのエンベロープとキーフレームのパラメータをリアルタイムで記録できます。

充実のハードウェア&ファイル形式サポート

GPUを利用したAVC/HEVC形式の高速プレビュー

グラフィックボードのGPUを活用して、H.264(AVC)とH.265(HEVC)形式をよりスムーズで迅速に再生できます。
複数のビデオストリームを使用する場合でも、効率的にプレビューできます。

8K映像のサポート

自動生成されたプロキシファイルを使用して8Kビデオファイルを操作し、高速かつ効率的に編集できます。8K映像を元に自由にパン、ズーム、トリミングなどを行ない、高解像度なHDまたは4Kとして出力できます。

アルファチャネル付きProRes 4444ファイル

AppleのFinal Cutで用いられるProRes 4444のネイティブサポートし、ProResのアルファチャンネルを活用できます。
キーイングFXや特別な設定をする必要なく、透明度をそのまま使って簡単に素早く合成できます。

NVENC 10-bit HEVC レンダリング

NVIDIAの対応グラフィックカードで、NVENCコーデックを使って10ビットレンダリングができます。HDRおよびHLGなどカラーグレーディングを行なう際の重い処理に最適です。

プロジェクトのアーカイブ  

編集完了したプロジェクトを関連するメディアファイルとともにアーカイブ機能で整理できます。
派生したプロジェクトを含め、プロジェクトに関連付けられたすべてのメディアまたはタイムラインで使用されたメディアのみをアーカイブすることもできます。

ハードウェアアクセラレーション  

最新のNVIDIAおよびAMDグラフィックスカードからのハードウェアアクセラレーションと、最新のQSV(クイックシンクビデオ)テクノロジを活用して、リアルタイム編集のパフォーマンスを向上させ、特定のフォーマットのレンダリング時間を短縮できます。

HEVC / XAVCサポート  

HEVC、XAVC、XAVC SなどのフォーマットをHD、2K、4Kで追加のアドオンやプラグインなしでネイティブに編集できます。

重い動画もサクサク編集  

編集専用の軽い動画ファイル(スマートプロキシ・クリップ)を自動作成し、高解像度のビデオ映像でもすばやく再生できます。もちろん映像出力(レンダリング)時には、元の映像データが使われ、出力結果で画質を損なうことはありません。

アイデアを短時間で形にする、独自のUI・ワークフロー

プロジェクトノートウィンドウ

プロジェクトノートウィンドウに重要なリマインダーを残せます。自分と同じプロジェクトで働く他のチームメンバーにメモを書いて伝えられます。

ストーリーボードでざっくり編集

ストーリーボードに映像を見せたい順番に並べて、必要な部分だけにざっくりカット編集することができます。別のストーリーボードを追加して、異なる編集を試すこともできます。
ストーリーボード上で加えた編集はタイムライン上の映像にも瞬時に反映され、その逆も同じです。

ストーリーボードの改善

独立したインポイントとアウトポイントを使用して、同じメディアファイルを1つのストーリーボードに複数回追加できます。

マウスをのせると自動プレビュー/クリックで簡単カット

お好みのポイントでクリックするだけで、簡単にイン/アウトポイント(利用する映像の最初と最後)を設定できます。

メディアのFXインジケーター

メディアにかかっているエフェクトを表示でき、そのメディアを使っているすべてのタイムラインに一括でエフェクトを適用・編集・追加・削除できます。

高DPIディスプレイ対応

Hi DPIモードにすると、高解像度なモニターでもUIが鮮明に表示されます。アイコンとウィンドウがかつてないほど鮮明になり、目の負担を和らげます。

グループ化を一時的に無視

必要なものだけ移動するために、一時的にイベントのグループ化を無視するよう設定できます。

映像の長さを表示

タイムラインに並べている映像の正確な長さを数値で確認できます。 値を変更することで、フレーム単位で映像の長さを即座に調整できます。

トラック削除時に警告

トラック全体を削除する際に、映像クリップが残っている場合は警告が出るようになりました。誤削除を防げます。

他の映像編集ソフトと連携できる

他社製品の編集データ(プロジェクト)のインポート/エクスポートをサポートしています。例えばAvidやFinal Cut、Adobe PremiereやAfter Effectsで作成したプロジェクトをVEGAS Proで読み込んで編集できます。

豊富なバックアップ・オプション  

ボタン表示をカスタマイズ 

画面上のボタンの表示/非表示をハンバーガー・ボタンから自由に設定できます。これによって作業領域を自由にカスタマイズしたり、必要なツールをすばやく見つけることができます。

UIデザインの調整

様々な環境で最も見やすくなるよう、UIの色味やボタンの色の強さを調整できます。

ドッキング・ウィンドウ コントロール

様々なワークフローにフィットするよう、ドッキング・コントールを使ってウィンドウレイアウトを自由に調整できます。お好みのレイアウトを保存して呼び出すこともできます。

対応形式

入力

DVカメラ、DVDカメラ、HDVカメラなど、ほぼすべてのビデオ/オーディオデバイスからメディアを直接取り込み、編集の素材として使用できます。また、カメラから写真を取り込み、スライドショー作成などに使用できます。

ビデオ: HEVC / H.265、AVC / H.264、MP4、MOV、MPEG-2、MPEG-1、AVI、WMV、M4V、Sony XAVC / XAVC-S / XDCAM EX / HD / HD 422 / MXF / ProDisc / HDCAM SR、MPEG IMX、DV、HDV、AVCHD、Panasonic P2、Red RAW  

オーディオ: AIF, AAC, MP2, MP3, M4A, Ogg Vorbis, WAV, WMA, FLAC  

画像: BMP, GIF, PNG, JPG, TIFF, DPX, OpenEXR, WDP, DNG  

その他: AAF, Premiere/After Effects (*.prproj), Final Cut Pro 7/ DaVinci Resolve (*.xml), Final Cut Pro X (*.fcpxml), EDL Text File (*.txt), Broadcast Wave Format, Closed Captioning

出力

以下のさまざまな形式で出力できます。

ビデオ: HEVC / H.265、AVC / H.264、MPEG-2、MPEG-1、MP4、MOV、AVI、WMV、Sony XAVC / XAVC-S / MXF / HDCAM SR、Panasonic P2、XDCAM EX

オーディオ: AIF, AAC, MP3, Ogg Vorbis, WAV, WMA, FLAC 

画像: BMP, PNG, JPG, TIFF, DPX, OpenEXR  

その他: VEGAS Project Archive (*.veg, *.vf), Final Cut Pro 7/DaVinci Resolve (*.xml), EDL Text File (*.txt), XDCAM Disc

対応GPU

NVIDIA
NVEncのハードウェアレンダリング:4GB以上のNVIDIA® GeForce GTX または RTX 9XX シリーズ以上

4GB以上のNVIDIA® GeForce GTX または RTX 9XX シリーズ以上 AMD/ATI
4GB以上のAMD/ATI® Radeon と VCE 3.0以上
(HDRと32ビットプロジェクトには8GB以上のRadeon Proシリーズ)  

Intel
Intel® GPU HD Graphics 530シリーズ以上

ガイドも充実  

マニュアル(PDF)付属  

各機能の詳細や、操作方法、用語を調べられます。

ガイドブック&ガイドムービー(有償)も

フルカラーでわかりやすいガイドブック(PDF)や、プロの講師による最短で編集方法をマスターできるガイドムービーも発売しています。

(ページ上部の「ガイドブック」「ガイドムービー」からページへ飛べます)

プロやYouTuberが絶賛

TeraBrite

「VEGAS Pro 15は、VEGASが長年培ってきた最高のアップグレードの1つです。クロップとピクチャー・イン・ピクチャーのプラグインは非常に役に立ちます。ハンバーガーのボタンが大好きで「イベントの属性を選択的に貼り付ける」機能やダークUIのほぼ全てのオプションをいつも使っています。バージョン16のすべての新機能が待ち遠しいです。」

James Stamoulakatos

「ビルトインのモーション・トラッキングと360°のビデオ編集は私が待ち望んでいたものです!私の2つの大きい希望がVEGAS Pro 16に搭載されました。非常にエキサイティングです!」

Eclectic Method

「VEGAS Proは私のメインソフトです。音のビートや小節でビデオを編集できるのが、VEGASを使う主な理由の1つです。」

SaoT ST

「VEGAS Pro 16は飛躍的に改善し、速く、直感的になりました。私はプロの道に入った初めての日のように、このソフトを使った映像編集を楽しんでいます。新しい手振れ補正がすばらしく、VEGAS Pro新バージョンの大きな進歩です。」

Greg Keast

「私はAdobe Premireのエフェクト トップ10のビデオを見ましたが、VEGAS Pro 16はそれ以上のことができると思いました。」

Steven Van

「VEGAS Proは、使いやすくて機能的なビデオ編集ソフトをお探しの方におすすめのソフトです。VEGAS Proはあなたが必要とする全てをクリーンかつモダンなパッケージで提供しています。」

Pro Edits

「シンプルで速く、直感的。VEGAS Proは、市場で最高の編集ソフトの1つです。」

プレスの評価実績

Editors Choice

「多くのプロの映画制作者ビデオ編集者が使用する洗練された編集ソリューション」(2016/10/1)

ProVideo Coalition

「要するに、あなたが効率的に編集できているかどうか疑問に思ったことがあれば、VEGAS Pro 15がその疑問をチェックするツールでしょう」(2017/8/28)

PCWorld

「(中略)真のビデオ編集者が期待する最新のUIと多数の先進機能を搭載しました。その結果、セミプロの最高のビデオ編集ソフトの1つになりました。」(2018/2/20)

download.cnet.com

「VEGAS Pro 15は、あなたの最高の創造性を実現するために、まとまった先進の編集ツールを洗練されたロジカルなインターフェイスで提供しています。」(2018/8/6)

動作環境

  • 対応OS:
    Windows® 10(64ビット版)
  • プロセッサー:第6世代Intel Core i5(またはAMDと同等)以上。2.5 Ghzおよび4コア以上。
    4Kの場合、第7世代Intel Core i7(または同等のAMD)以上。3.0 GHzおよび8コア以上。
  • RAM: 8 GB以上(16 GB推奨、4Kには32 GB推奨)
  • ハードディスク空き容量:プログラムのインストール用に1.5 GB。4Kメディア用のソリッドステートディスク(SSD)または高速マルチディスクRAID。
  • GPU: NVIDIA®GeForce GTXまたはRTX 9XXシリーズ以上、4GB
    インテル®GPU HDグラフィックス530シリーズ以上
    AMD /ATI®Radeon(4GBおよびVCE 3.0以上)(HDRおよび32ビットプロジェクト用に8GBのRadeon Proシリーズ)

必要メモリ容量などが書かれていない場合はこちらをご参照ください詳細

ご注意

  • 本製品の登録、ご利用にはインターネット環境が必要です。
  • このソフトウェアを有効にするには、独国の MAGIX Software GmbH に登録する必要があります。
  • 音声や映像に特殊なコーデックを使用したファイルはご利用できない場合があります。
  • 本製品は1ライセンスにつき、1ユーザー、PC2台まで同時利用が可能です。
  • 製品ページに記載のない他社ソフトとの互換性は保証していません。
  • VEGAS Prepareは年内提供予定です。予定は予告なく変更される場合があります。

開発: MAGIX Software GmbH
販売・サポート: ソースネクスト株式会社
Copyright © 2003-2020 MAGIX Software GmbH.

安心サービス対象製品

万一正常に動作しない場合、ソースネクストに返品できる安心サービス対象製品です。
  • ご購入30日以内
  • ユーザー登録が必要
  • 購入履歴の確認が必要

webとeメールでのサポート

サポート対象条件
  • メーカー製のパソコンであること
  • 上記とOS推奨条件を満たすこと
  • ユーザー登録をされていること
    (ご登録にはインターネットが必要)

  • 画面画像と実際の画面は多少異なることがあります。また、製品の仕様やパッケージ、価格などは予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

新製品

VEGAS Pro 18 Edit

14,000

1541

771

価格はすべて税抜表示です

動画編集ソフト

VEGAS クリエイターズスイート

82,850

29,800円

(64%OFF)

(64%OFF)

製品の詳細

割引券対象外

VEGAS クリエイターズスイート

82,850

29,800円

(64%OFF)

割引券:適用対象外

327 1

価格はすべて税抜表示です