脆弱性情報

安全上、マイクロソフト社から公開される修正プログラムのインストールは必須です。自動更新になっていることをお確かめください。

Microsoft Update, Windows Update自動更新の設定確認方法、設定方法

Microsoft Windowsに関する脆弱性情報

修正プログラムの公開について(2019/12/11)

マイクロソフト社から、深刻度が"緊急"、"重要"の修正プログラムが公開されました。脆弱性が攻撃者に悪用されると、コンピュータが勝手に制御されたり、保存しているファイルの情報を読み取られたり、削除されたりする危険性があります。公開された修正プログラムはそれらを防ぐためのものです。

製品 深刻度 影響 関連するマイクロソフト社のサポート情報
Windows 10 緊急 リモートでコードが実行される Windows 10 v1909 および Windows 10 v1903: 4530684、Windows 10 v1809: 4530715、Windows 10 v1803: 4530717、Windows 10 v1709: 4530714
Windows 8.1、Windows 7 緊急 リモートでコードが実行される Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows RT 8.1 マンスリー ロールアップ: 4530702、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 セキュリティのみ: 4530730、Windows Server 2012 マンスリー ロールアップ: 4530691、Windows Server 2012 セキュリティのみ: 4530698、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 マンスリー ロールアップ: 4530734、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 セキュリティのみ: 4530692、Windows Server 2008 マンスリー ロールアップ: 4530695、Windows Server 2008 セキュリティのみ: 4530719
Internet Explorer 重要 リモートでコードが実行される Internet Explorer の累積的な更新プログラム: 4530677
Microsoft Office 関連のソフトウェア 重要 リモートでコードが実行される Office に関連するサポート技術情報: 4484180448419344841864484169447559844756014484094446159044841664461613448417944841824484196448419044841924484184

Microsoft Updateのページ

ご注意

これらの修正プログラムに関するご不明な点は、マイクロソフト社にお問い合わせください。


「ウイルスセキュリティ」の脆弱性情報

脆弱性とは

ウイルスなどの足がかりにされてしまうソフトの弱点です。脆弱性はどんなソフトにも存在する可能性があり、利用者が多いソフトほど狙われる傾向にあります。ソフトメーカー各社は脆弱性が発見され次第、セキュリティ修正プログラムを作成し配布します。Windowsのセキュリティ修正プログラムは、「Windows Update」を通じて配布されています。

Windows UpdateとMicrosoft Updateの違い

修正プログラムが適用されるソフトが違います。「Windows Update」はWindows(OS)、「Microsoft Update」は、それに加えてMicrosoft Office製品(Excel, Wordなど)も対象となります。

最大深刻度とは

Windows Updateの「セキュリティ問題の深刻度」は、以下のように意味付けられています。

緊急:ウイルスなどに悪用されると影響が広範囲に及ぶ可能性が高く、すぐに対策を行なうべきもの。

重要:悪用されにくいものの、広範囲に影響を及ぼす危険性が高い、または広範囲ではないが「プログラムの異常終了」など、重大な障害を起こす危険のあるもの。

警告:悪用されにくいか、悪用されても影響が少ないもの。

注意:多くの条件が揃わないと悪用されないか、影響が広範囲にはならないもの。

用語解説 クリックすると詳細を表示します

ActiveX (アクティブエックス)

Service Pack (サービスパック)

DirectX (ダイレクトエックス)

特権の昇格

リモートでコードが実行される