2017年4月11日にWindows Vistaのサポートが終了します(2016/10/12)


Windows Vistaは、2017年4月11日に提供元であるマイクロソフト社のサポートが終了します。
それに伴い、弊社製品もWindows Vistaのサポートを2017年4月11日をもって終了いたします。
以降、同OSでは脆弱性が発見されても、修正がされないため、極めて危険ですので、
なるべく早期に新しいパソコンへの移行をご計画ください。

なお、「ウイルスセキュリティ」「スーパーセキュリティ」「クラウドセキュリティ」は、
ワクチンファイルの提供のみ、2017年12月末まで継続しますが、サポートは対象外です。
ワクチンの提供は、新OSへの移行が遅れた場合の安全度を高めるためのものです。
 ・2018年1月以降は、上記3製品の機能をご利用できなくなります
 ・OSのセキュリティ修正プログラムの適用済みが上記3製品の動作条件です


■関連ページ
Windows 10乗り換え応援キャンペーン


Q&A
Q.Windows Vistaサポート終了後に製品は使用できる?
A.はい、使用できます
ただし、同OSでのご使用は危険ですので、新しいOSのパソコンでお使いください。
お使いの製品がどのOSで使えるかは、それぞれの製品情報ページをご覧ください。

Q.Windows Vistaサポート終了後も、マイページからプログラムをダウンロードできる?
A.はい、できます
ただし、同OSでのご使用は危険ですので、新しいOSのパソコンでお使いください。
お使いの製品がどのOSで使えるかは、それぞれの製品情報ページをご覧ください。

Q.Windows Vistaで使用していた製品は、新しいOSで使用できる?
A.その製品より異なります
以下ページ内の「■OS」をご確認ください。
各OSへの対応状況