ソースネクスト

B's Recorder GOLD9 PLUS

曲間に無音部分がない音楽CDをコピーしたが、無音部分が作成されている 【B's Recorder GOLDシリーズ】

ギャップ検索のチェックをはずしてコピーをお試し下さい

ライブが収録された音楽CDなど、曲間に無音状態のないCDをコピーする際にギャップ検索が有効になっていると、元のCDにはない無音部分が入る場合があります。
無音部分を作成したくない場合は、ギャップ検索を無効にして再度コピーをお試し下さい。

「ギャップ検索」をオンにすると、各トラック(音楽CDの各曲)の実データのサイズを検索します。
具体的には、各トラック(音楽CDの各曲)の前にある”プリギャップ”と呼ばれる部分の開始位置、終了位置を検索してトラックサイズを算出します。
「ギャップ検索」がオフのときは、この検索を行ないません。そのため、「プリギャップの開始位置からトラックの先頭まで」の部分に何らかのデータ(音声データ)が入っているCDの場合は、ギャップ検索をオンにしてコピーするとこの部分のデータが反映されないことになります。

更新日:2016-07-15FAQ番号:BS-02103

このQ&Aで解決されましたか? 解決しない場合は下記のいずれかを選択してください。

通常表示に戻る