ソースネクスト

B's Recorder GOLD7 BASIC

【BHA社発売 B’s Recorderシリーズ】「B's CLiPの制御下にあるメディアを取り出してから再度、サスペンド処理を実行して下さい。」と表示される

取り出しを行なってからサスペンドを実行してください

このメッセージが表示されたら、タスクトレイのB's CLiPシリーズのインジケータを
右クリックして「取り出し」をおこなってください。

パソコンがサスペンド状態に移行するタイミングで以下のメッセージが表示され、
[OK]をクリックすると元の状態に戻り、サスペンド状態に移行しません。

これは、データの消失を防ぐためのアプリケーションの仕様です。

書き込みをするドライブによって細かな仕様は異なりますが、書き込むデータを
ドライブ内のメモリ(バッファ)に溜めておいて、B's CLiPシリーズの取り出し
処理がおこなわれる段階で初めて、メディアにデータを書き込むドライブが あります。

そのような仕様のドライブの場合、仮にメディアが入っている状態(取り出し処理を
おこなわないままの状態)でサスペンドに移行したりWindowsを終了したりすると、
ドライブのメモリ(バッファ)内のデータがクリアされてしまうため、必要な情報が
メディアに書き込まれず、メディア内のデータの整合性が取れなくなってしまいます。
つまり、「記録したはずのデータが書き込まれていない」「メディア自体が読み込め
なくなった」などの問題が発生する可能性があります。

そういったデータ消失のトラブルを未然に防止するため、サスペンド状態へ移行する
前に、B's CLiPメディアをドライブから取り出すようメッセージを表示しています。

更新日:2017-08-31FAQ番号:BS-04550

このQ&Aで解決されましたか? 解決しない場合は下記のいずれかを選択してください。

通常表示に戻る