ソースネクスト

ウイルスセキュリティ旧バージョン

【ウイルスセキュリティ】「警告:疑わしいスクリプトの活動」というメッセージへの対処法は?

以下をご確認ください


○ 画像
スクリプト保護の警告

○ ボタンと動作一覧

ボタン 動作
終了 スクリプトを停止して、プログラム自体を終了します。
停止 すべてのスクリプトの動作を停止した状態で、プログラムを実行します。
※スクリプトエラーが表示される場合があります。
すべて許可 すべてのスクリプトを許可した状態で、プログラムを実行します。
今回は拒否 1つのスクリプトを拒否します。他に複数のスクリプトが含まれる場合は、そのつど確認画面が表示されます。

スクリプトとは簡単なプログラムのことで、一般的なアプリケーションやWEBのコンテンツも頻繁にスクリプトを使用しています。

インターネットの閲覧中にこのメッセージが表示された場合は、危険なスクリプトが実行される可能性がありますので、一旦[停止]や[今回は拒否]を選択してブロックすることをお勧めします。
ブロック後に必要なコンテンツが利用できなくなってしまったり、安全なものである確認がとれた場合は、再度ページを表示し直して[すべて許可]を選択してください。

普段お使いのアプリケーションを作動させた時にこのメッセージが表示された場合は、問題が無い可能性が高いため[すべて許可]を選択します。

なお、不要なスクリプト保護のアラートが頻出する場合は、以下の手順で「スクリプト保護機能」を解除することで、アラートが出なくなります。

※ スクリプトの種類ごとに設定することはできません
※ スクリプト保護機能が動作しなくても、ウイルス自動検知機能等は有効でパソコンを保護しています

■ スクリプト保護機能の無効化手順
1. パソコン画面右下(タスクトレイ)の「ウイルスセキュリティ」のアイコンウイルスセキュリティのアイコンをダブルクリックし、設定とお知らせ画面を表示します
設定とお知らせ画面

2. 画面左のメニューから「ウイルスとスパイウェアから守る」をクリックし、右下の[設定]をクリックします
ウイルスとスパイウエアから守る

3. 「その他の検査」タブをクリックします

4. 「スクリプト保護」の項目の「スクリプト保護を有効にする」のチェックを外し、[適用]をクリックします
スクリプト保護の設定

以上で設定は完了です。
メッセージが表示されなくなったことをご確認ください。

※ 有効に戻す場合には、再度手順4のチェックを入れ直してください

更新日:2015-07-12FAQ番号:VS-01291

このQ&Aで解決されましたか? 解決しない場合は下記のいずれかを選択してください。

通常表示に戻る