ソースネクスト

ZEROウイルスセキュリティ

メールが送受信できない 【ウイルスセキュリティ】

以下の操作を順にお試しください


この現象は、多くの場合ウイルスセキュリティの影響に寄らず発生しています。
先ずはウイルスセキュリティのすべての機能を一時的に停止し、原因の切り分けを行なってください。

ウイルスセキュリティの機能を無効にする手順

機能を無効にしても改善しない場合は、ウイルスセキュリティの他に原因がある可能性があります。
ご利用のプロバイダやパソコンメーカーまで詳細をお問い合せください。

機能を無効にするとメールの送受信に問題がなくなる場合、引き続き以下の回避策をご確認ください。

※ 操作ごとにメールの送受信を試し、改善した場合はそれ以降の項目の操作は不要です。


■ 「ウイルスセキュリティ」の再インストール
あらかじめシリアル番号を控え、以下の手順でウイルスセキュリティを再インストールして、解決するかご確認ください。

再インストール手順


■ メーラーの設定変更
タイムアウト時間とポート設定を変更することで、解決する可能性があります。
メーラーによって設定手順が異なりますので、以下よりご利用のメーラーの手順をご確認ください。

※ メーラーの設定に関しては、弊社サポートの対象外となります。
  以下の手順で設定が行えない場合、詳細はご利用のメーラーのヘルプをご確認ください。

【Windows Live メール】
1. Windows Live メールを起動し、[ツール]-[アカウント]とクリックします
※ [ツール]メニューが表示されていない場合は、キーボードの[Alt]キーを押すと表示されます
2. [アカウント]の画面でご利用のメールアカウントを選択して、[プロパティ]をクリックします
3. プロパティが表示されますので、[詳細設定]タブをクリックし、以下の設定を行なって[OK]をクリックします

・ [サーバーのタイムアウト]の項目のスライドバーを「長い」の方へドラッグし、「10分」へ設定します
・ [サーバーのポート番号]の項目の「送信メール(SMTP)」欄で[このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要]にチェックを入れます
・ [送信サーバー(SMTP)]欄の 25 を 587 に書き換えます

4. アカウントの画面に戻りますので、[閉じる]をクリックします

【Outlook Express】
1. Outlook Expressを起動し、[ツール]-[アカウント]の順でクリックします
アカウント

2. [メール] タブをクリックし、該当するメール アカウントを選択して [プロパティ] をクリックします
プロパティ

3. [詳細設定]タブをクリックし、以下の設定変更を行なって[適用]をクリックします

・ [送信メール(SMTP)]で 25 を 587 に書き換えます
・ [このサーバーは認証が必要]にチェックを入れます
・ [サーバーのタイムアウト] のスライドバーを「長い」の方へドラッグして「5分」へ設定します
5分

【Outlook 2007】
1. Outlookを起動し、[ツール]-[アカウント設定]とクリックします
2. [アカウント設定]の画面で[電子メール]のタブをクリックします
3. ご利用のアカウントを選択して、[変更]をクリックします
4. [電子メールアカウントの変更]の画面が表示されますので、右下の[詳細設定]をクリックします
5. [インターネット電子メール設定]の画面が開いたら以下の設定を行なって[OK]をクリックします

・ [詳細設定]タブ内の[送信サーバー(SMTP)]で 25 を 587 に書き換えます
・ [詳細設定]タブ内の[サーバーのタイムアウト]の項目のスライドバーを「長い」の方へドラッグし、「10分」へ設定します
・ [送信サーバー]タブ内の[送信サーバー(SMTP)は認証が必要]にチェックを入れます

6. [次へ]をクリックして[完了]を選択します

【Outlook 2000/2002/2003】
1. Outlookを起動し、[ツール]-[電子メールアカウント]をクリックします
電子メールアカウント

2. [既存の電子メールアカウントの表示と変更]を選択して、[次へ]をクリックします
既存の電子メールアカウントの表示と変更

3. ご利用の[アカウント名]を選択して、[変更]をクリックします
変更

4. アカウントの設定画面が表示されますので、右下の[詳細設定]をクリックします
詳細設定

5. 以下の設定を行なって[OK]をクリックします

・ [詳細設定]タブ内の[送信サーバー(SMTP)]で 25 を 587 に書き換えます
・ [詳細設定]タブ内の[サーバーのタイムアウト]のスライドバーを「長い」の方へドラッグし、「10分」へ設定します
・ [送信サーバー]タブ内の[送信サーバー(SMTP)は認証が必要]にチェックを入れます
詳細設定タブ
送信サーバータブ

6. [次へ]をクリックして[完了]を選択します


■ 不正侵入対策(ファイアウォール)機能の設定
不正侵入対策(ファイアウォール)機能の設定を行ない、改善するかご確認下さい。

不正侵入対策(ファイアウォール)機能の設定手順

更新日:2017-06-07FAQ番号:VS-01353

このQ&Aで解決されましたか? 解決しない場合は下記のいずれかを選択してください。

通常表示に戻る