ソースネクスト

ウイルスセキュリティ旧バージョン

【ウイルスセキュリティ】アプリケーションごとに詳細な通信ルールを設定したい

下記の設定手順をご確認ください


1. パソコン画面上のウイルスセキュリティのアイコンをダブルクリックしてホーム画面を表示します
※ アイコンが無い場合は、[スタート]-[(すべての)プログラム]-[ウイルスセキュリティ]-[ウイルスセキュリティの設定]とクリックします
デスクトップアイコン

2. 「不正侵入を対策」をクリックして「アプリケーションの設定」の項目の[設定する]をクリックします
デスクトップアイコン

3. 「アプリケーション」タブからアクセス設定を行なうアプリケーションを選択し、「変更」をクリックします
アプリケーションの一覧

※ 一覧に目的のアプリケーションがない場合は、一覧下の[追加]ボタンから追加できます 詳細

4. 「インターネットへのアクセスを個別に設定する」にチェックを入れ、「ユーザー設定はこちら」をクリックします
ユーザー設定はこちら

5. 「アプリケーション固有のルール」の画面が表示されますので、「追加」をクリックします
アプリケーション固有のルール一覧

6. 「ルール名」の欄に作成するルールの名称を入力します(例:ルール1)
7. 「ルールの定義」の各項目をクリックして、下表のいずれかを選択(必要な場合は情報を入力)し、必要な設定を行ないます

【ネットワークルールの項目と設定】

項目 設定
通信方向 「受信」、「送信」、「双方向」
プロトコル 「任意のプロトコル」、「TCP」、「UDP」、「TCPまたはUDP」、「指定」
※ 「指定」を選択した場合の詳細設定手順はこちら
ローカルポート番号 「すべてのポートアドレス」、「特定のポートアドレス」、「ポートアドレスの範囲」
リモートポート番号 「すべてのリモートポート番号」、「特定のポートアドレス」、「ポートアドレスの範囲」
ローカルIPアドレス 「すべてのIPアドレス」、「特定のIPアドレス」、「IPアドレスの範囲」、「ネットワークアドレス」
リモートIPアドレス 「すべてのIPアドレス」、「特定のIPアドレス」、「IPアドレスの範囲」、「ネットワークアドレス」
許可/遮断 「パケットを許可」、「パケットをブロック」(アラートの表示、ログを作成)

※ 「任意の…」や「すべての…」を選択すると、制限が無くなり、すべての値が対象になります
※ 設定が不明な場合は、対象ソフトのマニュアルや、サービス提供元の案内をご確認ください

8. 必要な設定がすべて終わったら「ルールを適用する」をクリックし、「ルールの定義」に設定が反映されていることを確認して[Ok]をクリックします
アクセスルールの設定画面

9. 「アプリケーション固有のルール」に設定が追加されていることを確認したら、「Ok」をクリックして画面を閉じます
アプリケーション固有のルール一覧

10. アプリケーションの「アクセスに対する動作」が「基準ルール」になっていることを確認して画面を閉じます
アプリケーション一覧

以上で設定は完了です。

更新日:2015-07-12FAQ番号:VS-01534

このQ&Aで解決されましたか? 解決しない場合は下記のいずれかを選択してください。

通常表示に戻る