ソースネクスト

ウイルスセキュリティ旧バージョン

【ウイルスセキュリティ】通常のメールが「迷惑メールトレイ」に振り分けられる

メールの件名に「[***Spam***](ルール名)」が付されていることを確認し、必要な設定を変更してください


ウイルスセキュリティがメールの振りわけを行なった場合、必ずメールの件名に 「[***Spam***](ルール名)」が追加されます。
「[***Spam***](ルール名)」が追加されていない場合は、他の原因でメールが振り分けられていますので
お使いのメーラーのヘルプ等で設定をご確認ください。

「[***Spam***](ルール名)」が追加されている場合は、「ルール名」部分によって
必要なルールの設定を変更することで、メールの振り分けを防ぐことができます。
以下から件名に追加された文字列を選択して、対処法をご確認ください。

[***Spam***](Email Blocked)
[***Spam***](Custom Rule)
[***Spam***](Rate:数値)
[***Spam***](Contains Form)
[***Spam***](Suspicious Urls)
[***Spam***](ActiveX)
[***Spam***](Applets)
[***Spam***](Scripts)
[***Spam***](Language)
[***Spam***](Default)


○ 件名に [***Spam***](Email Blocked) が含まれる場合

【振り分け理由】
ブロックリストに登録されたメールアドレス、差出人名、ドメイン名を含むため、迷惑メールと判定しています。

【解決法】
1. ホーム画面の「迷惑メール対策」の「設定する」をクリックします
2. 「ブロック」タブを選択します
3. 該当のメールアドレス、差出人名、またはドメインを選択して「削除」し、「適用」をクリックします

▲戻る


○ 件名に [***Spam***](Custom Rule) が含まれる場合

【振り分け理由】
カスタムフィルタで任意に設定された条件によって、迷惑メールと判定されています。

【解決法 1】
1. ホーム画面の「迷惑メール対策」の「設定する」をクリックします
2. 「ルール設定」タブを選択します
3. 該当のカスタムルールを選択して「削除」し、「適用」をクリックします

【解決法 2】
1. ホーム画面の「迷惑メール対策」の「設定する」をクリックします
2. 「許可」タブを選択します
3. 該当のメールの情報を許可リストへ追加し、「適用」をクリックします

▲戻る


○ 件名に [***Spam***](Rate:数値) が含まれる場合

【振り分け理由】
メール類似度判定で収集された情報により、迷惑メールと判定されています。

【解決法】
1. ホーム画面の「迷惑メール対策」の「設定する」をクリックします
2. 「許可」タブを選択します
3. 該当のメールの情報を許可リストへ追加し、「適用」をクリックします

▲戻る


○ 件名に [***Spam***](Contains Form) が含まれる場合

【振り分け理由】
HTMLメールの本文中に入力フォームが含まれるため、迷惑メールと判定されています。

【解決法】
1. ホーム画面の「迷惑メール対策」の「設定する」をクリックします
2. 「セキュリティ」タブを選択します
3. 「HTMLフォームが含まれるメール」のチェックを外し、「適用」をクリックします

▲戻る


○ 件名に [***Spam***](Suspicious Urls) が含まれる場合

【振り分け理由】
本文中に疑わしいリンクが含まれているため、迷惑メールと判定されています。

【解決法】
1. ホーム画面の「迷惑メール対策」の「設定する」をクリックします
2. 「セキュリティ」タブを選択します
3. 「疑わしいwebリンクが含まれるメール」のチェックを外し、「適用」をクリックします

▲戻る


○ 件名に [***Spam***](ActiveX) が含まれる場合

【振り分け理由】
ActiveXオブジェクトが含まれるため、迷惑メールと判定されています。

【解決法】
1. ホーム画面の「迷惑メール対策」の「設定する」をクリックします
2. 「セキュリティ」タブを選択します
3. 「ActiveXオブジェクトが含まれるメール」のチェックを外し、「適用」をクリックします

▲戻る


○ 件名に [***Spam***](Applets) が含まれる場合

【振り分け理由】
Javaアプレットが含まれるため、迷惑メールと判定されています。

【解決法】
1. ホーム画面の「迷惑メール対策」の「設定する」をクリックします
2. 「セキュリティ」タブを選択します
3. 「Javaアプレットが含まれるメール」のチェックを外し、「適用」をクリックします

▲戻る


○ 件名に [***Spam***](Scripts) が含まれる場合

【振り分け理由】
スクリプト(「VBScript」や「JavaScript」など)が含まれているため、迷惑メールと判定されています。

【解決法】
1. ホーム画面の「迷惑メール対策」の「設定する」をクリックします
2. 「セキュリティ」タブを選択します
3. 「スクリプトが含まれるメール」のチェックを外し、「適用」をクリックします

▲戻る


○ 件名に [***Spam***](Language) が含まれる場合

【振り分け理由】
メールに使用されているエンコードが「特定の外国語」として登録されているため、迷惑メールと判定されています。

【解決法】
1. ホーム画面の「迷惑メール対策」の「設定する」をクリックします
2. 「ルール設定」タブを選択します
3. 「特定の外国語のメールを振り分ける」のチェックを外し、「適用」をクリックします

▲戻る


○ 件名に [***Spam***](Default) が含まれる場合

【振り分け理由】
「許可リスト」に登録されているメール以外、全て迷惑メールと判定するように設定されているため、迷惑メールと判定されています。

【解決法 1】
1. ホーム画面の「迷惑メール対策」の「設定する」をクリックします
2. 「全般」タブを選択します
3. 「許可リストにないメールはすべて振り分ける」のチェックを外し、「適用」をクリックします

【解決法 2】
1. ホーム画面の「迷惑メール対策」の「設定する」をクリックします
2. 「許可」タブを選択します
3. 該当のメールの情報を許可リストへ追加します

▲戻る

更新日:2015-07-12FAQ番号:VS-01997

このQ&Aで解決されましたか? 解決しない場合は下記のいずれかを選択してください。

通常表示に戻る