ソースネクスト

ウイルスセキュリティ旧バージョン

【ウイルスセキュリティ】USBメモリ(Uメモ)経由のウイルス感染を防ぐには?

以下をご確認ください


ウイルスセキュリティを最新の状態にアップデートした後、USBメモリを挿入し、パソコン全体を検査してください。
USBメモリを接続した状態でパソコン全体を検査することで、USBメモリ内も検査することができます。

・ アップデートの手順はこちら
・ パソコン全体の検査の手順はこちら

■ USBメモリ経由で感染するウイルスについて
最近パソコンからUSBメモリに感染し、USBメモリ経由で広がるウイルスが流行しています。
ウイルスセキュリティをインストールする前に、パソコンがウイルスに感染している場合など、USBメモリにウイルスが感染する可能性がありますので、ご利用のUSBメモリやHDD等の周辺機器は、定期的にウイルスの検査を行なうことをおすすめします。

更新日:2015-07-12FAQ番号:VS-02394

このQ&Aで解決されましたか? 解決しない場合は下記のいずれかを選択してください。

通常表示に戻る