ソースネクスト

ウイルスセキュリティ旧バージョン

【ウイルスセキュリティ】「脆弱性の保護」機能を無効にするには?

以下の手順で操作してください


1. パソコン画面上のウイルスセキュリティのアイコンをダブルクリックします
※ アイコンが無い場合は、[スタート]-[(すべての)プログラム]-[ウイルスセキュリティ]-[ウイルスセキュリティの設定]とクリックします。
デスクトップアイコン

2. ホーム画面の[ウイルス・スパイウェア対策]をクリックし、サブメニューの「脆弱性の保護」の項目で[無効にする]をクリックします
ウイルス・スパイウェア対策サブメニュー

3. 「無効にする時間」欄で「再起動後も常に」を選択して[はい]をクリックします
※ 一時的に停止したい場合は、「10分間」や「1時間」などを選択します。
脆弱性の保護 無効確認画面

以上で設定は完了です。

脆弱性の保護を停止した場合は、安全のためパソコンにインストールした各アプリケーションを、
できるだけ最新の状態に更新してご利用いただくようご留意ください。

なお、再度本機能を有効にする場合は、手順2の[無効にする]が[有効にする]に変化していますので、そちらをクリックしてください。

更新日:2015-07-12FAQ番号:VS-05014

このQ&Aで解決されましたか? 解決しない場合は下記のいずれかを選択してください。

通常表示に戻る