ソースネクスト

Catalyst Production Suite

「QuickTime for Windows」をアンインストールした場合の影響は?【動画・音楽編集全般】

下記を確認ください

QuickTime for Windowsは、重大なセキュリティ脆弱性が見つかり、IPA(情報処理推進機構)が WindowsユーザーへQuickTimeをアンインストールするように呼びかけている(https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20160510-quicktime.html)ため、アンインストールされることをお奨めします。
「QuickTime for Windows」はQuickTimeベースまたはQuickTimeインストールのビデオコーデックが含まれた.mp4や.movファイルの読みこみに使うため、該当のファイルが読み込めなくなります。 しかし、上記以外のコーデックで作られた.mp4や.movファイルはQuickTimeなしでも読み込むことができます。

●Vegas ProおよびMovie Studioについて
これらのソフトではQuickTimeがインストールされていなくても、H.264/AVCビデオを使った.mp4ファイルや.movファイルを読み込んだり、AACまたはPCMオーディオを使うことができます。これらのフォーマットは多くのDSLFやアクションカメラの書き込みにも使われています。
ただし、ProRes, CineForm, その他のQuickTimeベースまたはQuickTimeインストールのビデオコーデックが含まれた.mp4や.movファイルを読み込む場合はQuickTimeが必要になります。QuickTimeをアンインストールすると、これらのフォーマットが非対応となります。もしCineFormをご利用されている場合はAVIフォーマットにラッピングすることをお勧めいたします。

●Catalystシリーズ(Catalyst Browse, Catalyst Prepare, Catalyst Editなど)について CatalystシリーズはQuickTime for Windowsを利用していません。QuickTime for Windowsをアンインストールしてもこれらのアプリケーションの対応フォーマットには影響ありません。


更新日:2017-03-31FAQ番号:ZZ-07986

このQ&Aで解決されましたか? 解決しない場合は下記のいずれかを選択してください。

通常表示に戻る