2020年1月、Windows7がサポート終了に

一気に理想の環境にする、チャンス

ユーザーの評判の高かった「Windows 7」のマイクロソフトによるサポートが
いよいよ、2020年1月14日で終了します。
それ以降はセキュリティ修正プログラムが提供されなくなるため、新しいパソコンに買い換えるか、OSを新しくするか、などの決断を迫られます。
どうせ移行しないといけないのなら、これを機に安全、快適な理想の環境にしてしまいましょう。
題して「PC楽園化プロジェクト」。ソースネクストが全面的に応援します。

Windows 7を使い続ける危険とは

使い続ける危険

サポート期間中は、Windowsの脆弱性が発見される度に、セキュリティ修正プログラムが提供されてきましたが、サポート終了後は配布されなくなります。
つまり、危険性が放置されることになります。

脆弱性とは
ウイルスやスパイウエアがパソコンに不正侵入したりする際の足がかりとなる、OS(基本システム)のセキュリティの弱い部分。

どんな危険があるのか

個人情報漏洩

情報漏洩

パソコン内に保存されているメールアドレスやファイルを勝手に外部に送信される。

なりすまし

なりすまし

アカウントを乗っ取られて勝手にSNSに投稿されたり、メールを送られてしまう。

踏み台にされて犯罪者扱いに

踏み台

自分のパソコンが他人への攻撃に悪用され、犯人扱いにされることもある。

新しいOSで、安全を確保

安全を確保

セキュリティ情勢は激変し続けています。 古いOSのセキュリティに対する基本性能は、新しいOSと比べると大差があります。 より厳しい耐震基準で建てられる現在の建物の方が、昔の建物よりも頑丈なのと同じです。

理想の環境への、2つの道

買い換えの条件

必要不要

PCを買い換えるのか、OSの乗り換えで済ませるのかはご利用中のPCが最新OS・Windows 10の動作条件を満たしているかどうか。
さらに重要な条件は、お使いのPCがWindows 10アップグレードの対象になっていることを、メーカーのサポート・ページで確認することです。
サポート対象外のPCをアップグレードして、問題が生じたお客様は少なくありません。
対象PCなら、そのPCがあとどれくらい持ちそうかですが、5年と言われるHDDの寿命が1つの目安になります。もし使用中の音が高くなっているようなら、この際買い換えた方が良いかも知れません。
Windows 7搭載のPCが販売された時期を考えると、買い換えた方が良いというPCは多そうです。

・各パソコンメーカーの対応状況
NEC
http://121ware.com/psp/PA121/NECS_SUPPORT_SITE/ENTP/h/?tab=SUP_Z_WIN10
富士通
https://azby.fmworld.net/support/info/20150626/
SONY
https://www.sony.jp/support/vaio/windows/10/index.html
東芝
http://dynabook.com/assistpc/osup/windows10/target/index_j.htm
Panasonic
http://askpc.panasonic.co.jp/win10/up/upgrade2016.html#4
エプソンダイレクト
http://www.epsondirect.co.jp/support/osupgrade/
Dell
https://www.dell.com/support/article/jp/ja/jpbsd1/sln297955/
Lenovo
https://support.lenovo.com/es/ja/solutions/ht103535
Acer
https://jp.answers.acer.com/app/answers/detail/a_id/37840/kw/37840/
ASUS
https://www.asus.com/jp/support/FAQ/1013236/

乗り換えの条件と2つのインストール方法

Windows 10の動作条件を満たし、まだまだ使えそうならOSの乗り換えも選択肢になります。
Windows 10のインストールには次の2つの方法があります。

アップグレード

アップグレード

使っている環境のまま、OSだけをアップグレードします。

もし、アップグレード後に問題が発生した場合、
10日間以内であれば、下記手順で元のOSに戻せます。

1.画面左下の「スタートボタン」をクリックします。
2.歯車アイコン(設定)をクリックします。
3.Windows 10の設定画面が表示されますので、「更新とセキュリティ」をクリックします。
4.左のメニューから「回復」をクリックします。
5.「Windows 7に戻す」または「Windows 8.1 に戻す」項目で、「開始する」をクリックします。
6.以降は、画面の説明にそって実行します。

クリーン・インストール

クリーンインストール

一度、HDを初期化してOSを入れて、必要なソフトを入れていきます。
手間はかかりますが、システム的には新品なので、トラブルの可能性も低く、
快適で理想的な環境をつくりやすいと言えます。

快適な移行を応援します。

ソースネクストは、ソフトやデータをラクに移行できるソフトで快適な移行を応援します。
 ・バックアップソフト「Acronis True Image」
 ・データやソフトの移行ソフト「おまかせ引越PRO 2」
 ・無期限で使えるセキュリティソフト「ZEROセキュリティ」
 ・DVD再生ソフト「WinDVD」 など
▶移行応援ページへ