Corel

WinZip 25

WinZip 25
対応OS:
Windows 10/8.1 動作環境を見る

圧縮/解凍ソフトを超えた、多彩な機能

ソースネクストがお届けする「WinZip 25」シリーズは、世界的なブランド、Corel社の総合ユーティリティ・ソフトです。圧縮/解凍から文書の共有、管理、保護までカバーし省スペースと合理的な情報管理を実現します。

特長
・Zip内のファイルを直接編集できる
・ワンクリックでZipファイルを暗号化
・EXIFなどの個人情報を削除できる
・MP3ファイルを音質低下を抑えて圧縮 など

ラインナップ

・WinZip 25 Standard :標準版
・WinZip 25 Pro: バックアップ機能などを搭載した上位版

 いずれもダウンロード版

主な機能

圧縮/解凍

幅広い圧縮形式に対応。ファイルを解凍せず中身の確認や変更ができます。

▼詳細

共有

メールやクラウドサービス、SNSなどで大きなファイルもラクに共有できます。
▼詳細

管理

DropboxやOneDriveなど、ネットワーク上のファイルを検索して開けます。

▼詳細

保護

ファイルの暗号化や読み取り専用PDFの作成など、安全度を高める機能を搭載しています。

▼詳細

バックアップ(Pro版限定)

データ損失を防げるバックアップ機能を搭載しています。

▼詳細

圧縮/解凍

重複ファイルを除外して圧縮を効率化

重複ファイルをスキャンして除外し、代わりにリンクとして保存することで容量を節約できます。

ZipとZipxを簡単切り替え

シンプルなリボンの切り替えを使って、ファイル形式を Zip または Zipx に切り替えられます。保存するときも Zip か Zipx を選択できます。

ファイルを開くと解凍のプロンプトを表示

WinZip のファイル領域やリボン、ファイルメニューから Zip ファイルをすぐに解凍できます。元のフォルダ、ドキュメントフォルダまたは選択したフォルダにファイルを簡単に解凍できます。

ファイル領域のフォルダに解凍

ワンクリックで、選択したフォルダにファイルを解凍できます。

POSIX TARに対応

最新の圧縮形式の POSIX TAR ファイルを開いて、解凍できます。

MP3を音質を下げずに圧縮

Zipxフォーマットにより、音質を低下させずに MP3 ファイルを平均15~20%圧縮できます。

2020年9月時点 Corel社調べ

さまざまな場所にあるファイルを圧縮

パソコン、ネットワーク、クラウド内の動的に更新されるフォルダを使用して、ファイルやフォルダを簡単に検索できます。

他のアプリケーションから圧縮

他のアプリケーションで作業をしていても WinZipの機能を使えます。Explorer、Microsoft Office、スキャナー(Pro 版のみ)、写真(Pro 版のみ)、および Microsoft Outlookから、圧縮・暗号化・共有などを実行できます。

共有

クラウド上で共有されているファイルも編集できる

OneDriveやGoogle Driveの共有フォルダにアクセスして、効率的に作業できます。共有フォルダに保存されているファイルを Zip、展開、暗号化、復号化できます。

Microsoft Teamsとのシームレスな連携

Microsoft Teamsを使用してZipファイルを共有できます。WinZipのインスタントメッセージ機能を使うだけで、選択したMicrosoft Teamsのチャンネルに Zipファイルを簡単に共有できます。

個別Zipファイルを作成して共有を効率化

複数のZipファイルを含む大容量なファイルにスマートフォンからアクセスするときも、ファイル全体をダウンロードせずに必要な Zipファイルだけをダウンロードできます。

ZipShare で共有したファイルも記録

共有ファイル ダッシュボードで、WinZip から共有ファイルの閲覧や管理ができます。ZipShare で共有したファイルも含め、共有ファイルのリストを表示できます。その中のファイルを開き閲覧したり、再共有や削除もできます。

送信ファイルの指定機能

Zipファイルのコンテンツを確認または変更した後に [選択したファイルを以下へ送信] をクリックすると、個々のファイル・ Zipファイル全体のどちらでも選択して送信できます。

変換ファイルの共有

別形式で保存しなくてもファイルを共有でき、ファイルが増えていくのを阻止できます。例えばPDFへの変換をする際、既存のファイルに上書きまたは保存してから検索・共有・削除する必要がありましたが、変換したファイルをメールや IM、ソーシャルメディア、クリップボードで共有した後、一時ファイルが自動で削除されます。

クラウドからリンクを共有

クラウドサービスにあるファイルやフォルダのファイルをメール、IM、ソーシャルメディア、クリップボードでワンクリックで簡単に共有できます。

SNSにも直接共有

FacebookやTwitterにファイルを直接共有できます。Office 365 グループ、Google TalkやGoogle+ Hangoutsなど一部のインスタントメッセージサービスでも安全に共有できます。

スキャンして共有 (Pro限定)

写真や文書を共有可能な画像または PDF にすばやく変換できます。スキャンしたファイルは暗号化もできます。フラットベッド スキャナに対応し、原稿送り装置を使用せずに複数画像をスキャンして 1 つの PDF ファイルに保存できます。

撮影して共有 (Pro限定)

カメラから直接写真を取り込み WinZip で共有するので、写真の共有を効率化できます。

手軽な共有機能

SmartShare を使えば、パソコン内はもちろんやクラウドサービスやzipからファイルを選択し、ソーシャルメディア、IM、メールで簡単に共有できます。WinZip Proなら、ファイルビューアからソーシャルメディア サイトへ、ワンクリックでイメージを直接共有できます。

クラウドサービスへの接続

ZipShare、Box、OneDrive、Dropbox、Google Drive、CloudMe、SugarSync MediaFireなどに直接接続して、クラウドファイルをまとめて整理できます。大容量ファイルを圧縮して暗号化することでファイルを保護し、ネットワーク上のストレージ容量を節約できます。

ワンクリックで大容量ファイルをメール送信

対応するクラウドサービスを使用して、大容量のファイルやフォルダをメール送信できます。ファイルは自動的にデフォルトのクラウドサービスにアップロードされ、リンク先が送信メールに記載されます。

管理

クラウドの写真を管理

写真を年と月ごとに自動的に整理できます。写真を探してひたすらスクロールする必要がなくなり、大切な思い出を保管、管理、共有するのが簡単になりました。

Zipファイルの内容をソースに合わせて更新

Zipファイルの内容を元のフォルダーの内容に合わせて更新できます。Zipした書類は常に内容が変化していきます。少ないクリック数で、すべてのZipファイルを最新の内容に保てます。

PDF結合機能(Pro版限定)

複数のPDFを一つに統合させて、保存・圧縮・共有できます。PDF ファイル内でページ順を変えて 組み合わせて、WinZip の PDF セキュリティ機能を使って保護もできます。

新規や既存のPDFに署名(Pro限定)

コンピューターから直接PDFファイルに署名できます。重要な書類の署名・送信もすばやくでき、WinZipの暗号化機能でセキュリティも安心です。

よりすばやくファイルを検索

検索機能を使うと、ローカルやネットワーク、クラウド スト―レージに保管されたファイルも、素早く見つけられます。

重要なファイルをピン留め

ローカルやネットワークに保管されたファイルや重要なクラウドベースファイルをクイック アクセスにピン留めすると、ボタンをクリックするだけでアクセスできます。

ファイルペインでシェル拡張をサポート

ファイルペインから直接シェル拡張機能を操作できます。エクスプローラでしか使えなかった拡張機能が、WinZipのファイルペインでも利用できます。

ファイルとフォルダの有効期限を設定

Zipファイルを含めて、ファイルやフォルダをスケジュールを設定して削除できます。クラウドファイルやフォルダの削除のスケジュール設定機能は、Pro限定です。ローカルファイルやフォルダはStandardでも設定できます。

撮影日と更新日を表示

撮影日に基づいて写真をソートできます。プレビューで撮影日や更新日に基づいて画像を表示できます。ファイルの複製日と写真の撮影日を区別することもできるようになりました。

複数のファイル名を同時に変更

ファイルの名前を一つずつ変更する必要はありません。WinZip の「グループ単位の名前変更」機能を使うと複数のファイルの名前を一括変更できます。

スライドしてファイルおよびアクション領域を隠す

Zip領域を広げて以前より多くの情報が見えるよう設定できます。ファイル領域やアクション領域にスライド機能が追加されたため、Zip領域により多くの情報を表示できます。

自動でメンテナンス

WinZip のバックグラウンドツールでファイルとフォルダのクリーンアップのスケジュールを設定し、自動でメンテナンスを実行できます。

画像形式の変換

画像ファイルのサイズを瞬時に小さくし、jpg から png など画像形式を変換します。Zipファイルに追加したりデスクトップに保存して、さまざまな用途に使えます。

画像情報をプレビュー・ウィンドウで確認 (Pro限定)

WinZip内で、画像についての情報を確認できます。イメージ情報ボタンをクリックすると、高さ、幅、ピクセル/インチ、ピクセル深度・ラー、ファイルサイズなどがダイアログボックスに表示されます。

保護

ファイルから不要なEXIFデータを削除

ファイルを共有する前に、隠れた個人データ(EXIF)を削除し、うっかり個人情報を共有してしまうのを防ぎます。  

対応ファイル形式:DOC/DOCX、GIF、JPG (JPEG)、PDF、PNG、PSD、PPT/PPTX、XLS/XLSX

Zipファイルの暗号化

ツールやリボンのボタンを1クリックするだけで、既存の Zipファイルを暗号化できます。暗号化もワンステップ。時間を節約しミスの可能性を減らします。

新しいファイルの暗号化オプション

暗号化されたファイルを含む Zip ファイルを更新すると、更新されたファイルを自動的に暗号化します。元のファイルのパスワード認証し、不正なアクセスからファイルを守ります。

パスワード保護

Zipファイル内の暗号化ファイルを削除するには、パスワードが必要です。ファイルを誤って削除することがなくなります。

柔軟なファイル変換

PDFへの変換、写真のサイズ変更、ウォーターマークの追加、暗号化は、Zipの作成前、作成中、作成後、どのタイミングでも設定できます。変更内容をZip内のすべてのファイルに適用するか、選択した個々のファイルのみに適用するかも選べます。

個人情報を保護

FIPS197認定の128 ビットまたは256 ビットの AES 暗号化により、高度なセキュリティを適用し、不正アクセスからファイルを保護します。さらに複雑度の条件を定義したパスワード・ポリシーを設定できます。本製品でパスワードポリシーを遵守できます。

ウォーターマークの追加

画像やPDFにカスタムウォーターマークを追加することにより、不正コピーを防ぎ知的財産を保護できます。ウォーターマークの透過度、表示方法、位置は設定できます。日付やタイムスタンプを追加することで、さらにセキュリティを強化できます。

バックアップ(Pro限定)

クラウドファイルを自動保存

クラウドベースのファイルの作業内容を自動保存してくれ、重要な作業内容を失うことはありません。

クラウドへのバックアップ

接続されたクラウドアカウント、デスクトップフォルダ、またはクラウドアカウント間で自動バックアップできます。

エクスプローラからバックアップジョブを作成

エクスプローラのコンテキストメニューからバックアップジョブを作成する機能を搭載。
画面の指示に従うだけで簡単にZip解凍、選択したファイルの保管、オプションの通知、共有などができます。

コンピューターを自動でシャットダウン

セキュリティ強化のため、自動バックアップの完了後にコンピューターを自動的にシャットダウンできるようになりました。

高速バックアップ機能

自動バックアップの作成と編集機能の改善により、設定に変更がない場合は手順を省略できます。

自動通知

ジョブ・ウィザードにより、自動化されたジョブが完了するとメールやインスタントメッセージで通知します。

シリーズ比較

  WinZip Standard WinZip Pro
圧縮/解凍    
新機能! 重複ファイル検出機能でファイル圧縮を効率化
Zipx ファイルをより迅速に、より小サイズで圧縮.
シンプルなリボンの切り替えを使って、作成するファイルの形式を Zip または Zipx に切り替え。
ファイルを保存するときは、ファイル形式を Zip か Zipx かを選択可能。
WinZip のファイル ペインにドラッグ アンド ドロップし、「Zip へ追加」。
ダイレクトアクセス技術を使って、よりすばやく表示および解凍。
ワンクリックで、WinZip ファイル領域に表示されるフォルダに解凍。
便利なプロンプトで、エクスプローラ、WinZip ファイル領域、WinZip リボン、ファイルメニューから選択したフォルダに簡単に Zip ファイルを解凍
POSIX TAR ファイルを開いて解凍
複数の Zip ファイルを解凍し、それぞれのネイティブファイルと置換
エクスプローラで分割 Zip ファイルを作成し、大きなファイルを簡単に共有することが可能
DOCX、XLSX、PPTX、XPS、ODT、ODS、ODP、ODG、WMZ、WSZ、YFS、XPI、XAP、CRX、EPUB、C4Z を含む多数のファイル形式を Zip として開くことが可能
スーパーピッカーを使用してローカルまたはクラウドでファイルを解凍
インタラクティブな Welcome スクリーンにより、すぐに作業を開始できる
CAB、Zip および Zip 2.0 方式に対応
ファイルの種類に応じて「最適な圧縮」方式を適用し、効率を自動的に最大化
写真の画質やデータの整合性を損なうことなく、JPEG 画像ファイルを 20~25% 縮小
BZip2、LZMA、PPMD、Enhanced Deflate のいずれかのメソッドで圧縮
Zip 2.0 互換メソッドで圧縮
Zip ファイルアイコンをダブルクリックするだけで、圧縮した Microsoft Office ファイルを「自動オープン」
高度な「解凍とトライ」機能を採用した、Zip ファイル内での相互に関連するコンポーネントのレビュー (HTML ページとそのページに関連するグラフィックスなど)。
暗号化/暗号化解除    
新機能! Zipファイルの内容をソースに合わせて更新
WinZip のファイル ペインにドラッグ アンド ドロップし、「Zip へ追加」。
ダイレクトアクセス技術を使って、よりすばやく表示および解凍。
Zip 圧縮前にファイルを変換。 -
さまざまなファイルから個人データ(EXIF)を簡単に削除
ツール リボンをワンクリックするだけで、既存の Zip ファイルを暗号化
暗号化ファイルを含む Zip ファイルを更新すると、更新ファイルが自動的に暗号化 -
Zip ファイル内の暗号化ファイルを削除するにはパスワードが必要
Zip ファイル作成前、作成中、作成後に、PDF 変換、ウォーターマーキング、写真のサイズ変更などの暗号化および変換オプションを適用
zip 内の各ファイルに個別の変換オプションを適用
Intel ベースのパソコンでのハードウェア サポートを有効活用し、AES 暗号化をさらに高速化
[暗号化] を選択すると、高度な暗号化によりファイルをパスワードで完全保護
強力な FIPS-197 認定の 強力な AES 暗号化 (128 ビットと 256 ビット) による極秘データの保護
米国国防総省準拠方式 (DoD 5220.22-M) で暗号化したファイルを一時的に抽出した場合、コピーを自動消去 (「シュレッダー細断」)
複雑さの要件を定義してパスワードポリシーを設定
機密ファイルや電子メール添付ファイルの暗号化と暗号化解除
管理    
新機能! 共有されているファイルにアクセスして編集
新機能! バックグラウンドツールに簡単アクセス
新機能! Microsoft Teamsとのシームレスな連携
新機能! クラウドの写真を管理
内蔵の検索機能を使ってファイルをすばやく検索.
重要なファイルをクイック アクセスにピン留めして、すばやくアクセス。
WinZip ファイル ペインから離れずにシェル拡張機能を操作。
内蔵のクリーナー ツールを使って、フォルダをすっきり整理。
エクスプローラ コンテキスト メニューから直接 WinZip ジョブを作成し、管理。 -
定期的なクリーニングの際に、特定のファイルを「無視する」に設定。
クリーナー ツールをカスタム作成、設定、管理し、予定を設定して実行。 -
ファイルおよびフォルダの有効期限を設定
入力したパスワードを表示するオプション
撮影日と更新日を表示
複数のファイル名を同時に変更
スライドしてファイルおよびアクション領域を隠す
Zip ファイルおよびログファイルの有効期限日を設定 -
プレビュー ペインを拡大 -
バックグラウンド ツールを使用してファイルとフォルダのクリーンアップのスケジュールを設定
WinZip 内蔵のファイル管理機能でファイルを管理
画像ファイルのサイズを瞬時に小さくして画像形式を変換
WinZip の連絡先リストを管理。一度限りの受信者や手動で入力した連絡先を追加しないことも可能
新しい[移動]ボタンと[追加]ボタンで、エクスプローラから Zip ファイルにファイルを簡単に移動
ファイル領域タブにより、Windows エクスプローラ ウィンドウを複数使うことなく、いくつものフォルダを同時に開き、閲覧し、管理することが可能
ファイル ペインのフォルダーツリーオプションで、さまざまなフォルダ内を移動
スワイプでファイルペインを拡大したり元に戻したりできます
他のドメインからのネットワークの場所を追加
プレビュー ウィンドウのイメージ情報ボタンをクリックして、画像サイズやファイルサイズ、ピクセルなどの画像の詳細情報を確認 -
[よく使用するファイル] フォルダ内にある、ローカルコンピュータ、ネットワーク、クラウドファイルにすばやくアクセス
WinZip からパソコンやネットワーク、クラウドサービスに新規フォルダを作成
新しい [ワイプ] 機能でファイルやフォルダを安全に削除
誤って削除、コピー、移動、または名前変更をしてしまったファイルを回復
適切なアプリケーション、または代替アプリケーションでクラウド内のファイルを開く
デフォルトのアプリケーション、または代替アプリケーションでファイルを開き、編集
ファイルやフォルダのプロパティ情報を表示
フォルダまたはネットワークの場所をドライブにマッピング
ファイルのコピー、移動、削除、そして複数ファイルの名前変更
パスをクリップボードにコピー
クラウドリンクをクリップボードにコピー
圧縮フォルダやパソコン、ネットワーク、またはクラウドサービス(サムネイルに対応している場合)などにあるファイルを選択し、サムネイルをプレビュー表示
画像や文書の内容をプレビュー、画像の回転やサイズ変更、画像をコンピュータの背景として保存、またメールや IM、ソーシャル メディアなどでプレビューファイルを共有 -
タッチスクリーン対応で、プレビューアに表示されるファイルを指先ひとつでスクロール -
新しい [ファイル管理] ボタンで、よく使用するファイルの管理ツールにすばやくアクセス
マウスやキーボードを使用する場合は新しい「テーブル」表示を、タッチスクリーンには「アイコン」表示を選択
お気に入りのフォルダをファイル領域のトップレベルまたはスーパーピッカーに貼り付けてすばやくアクセス
WinZip Express をファイル領域で開いて、すばやく Zip 圧縮および共有
新しい [プロパティ] 機能でファイルの詳細を表示
パソコンに接続されたカメラやスマートフォンにフォルダを通じてアクセス
よく使うフォルダのリストからフォルダを簡単に削除
WinZip をデスクトップで使用する場合はスクロールバーを常に表示するよう選択
背景機能によりフォルダやごみ箱内にある不要なファイルが検出され、それらを安全に削除、Zip 圧縮、またはクラウドに移動することで空き容量を確保
WinZip Express ツールが Office 2016 に対応
[ファイルの場所] リストを通じて、パソコン、ネットワーク、Windows ホームグループ、そして対応するクラウドサービス内のすべてのファイルにアクセス
WinZip Express for Explorer、Office、Photos は内蔵、WinZip Express for Outlook は無償でダウンロード可
自動非表示機能により、必要時以外はスクロールバーが表示されないため、デバイスの表示スペースを最大限に利用
[移動] オプションで、システム内のコピーを開いたままファイルを Zip ファイルに追加
新しい [サムネイル] で Zip 内のファイルを簡単に参照、検索
新しく設計された調整可能な設定で WinZip をさらに簡単にカスタマイズ
[ファイル] ウィンドウで、すべてのローカルファイル、ネットワークファイル、クラウドファイルをより簡単に参照
選択内容に応じてさまざまな機能を表示できる動的スライドイン [操作] ウィンドウで、タスクに適したツールを表示
ファイル管理機能にすばやくアクセスできるよう、インターフェイスを [管理] モードに変更し、ファイルの種類、サイズ、日付などの詳細を簡単に確認
あらゆるタッチ対応デバイスまたはパソコン上で WinZip の使用が可能
新しい 2-in-1 パソコンでも WinZip をご利用いただけます。タブレット/ラップトップ モードを切り替えるとディスプレイが自動的に調整
Zip ファイル内から直接フルサイズの画像を回転、サイズ変更、表示 -
[解凍して試行] 機能で Zip ファイルを一時的に抽出し、不要なファイルを削除
選択したフォルダまたは現在のフォルダへ抽出
採入フィルターや除外フィルターを使用した、希望するファイルのみの圧縮
WinZip のエクスプローラ ビューで画像サムネイルを表示して、簡単に閲覧
パッケージ & 共有    
新機能! 新規や既存のPDFに署名 -
機能改善! PDF結合機能 -
複数の PDF ファイルを 1 PDF ファイルに統合させて、保存、Zip 圧縮、共有。 -
改善したダイレクト アクセスにより、クラウド ベースの Zip ファイルにすばやくアクセス。
WinZip Express で自動化。
Windows のチャームを利用して共有。
共有した URL を短縮。
My Cloud 上のファイルへのリンクを入手。
WinZip または ZipShare のどちらとファイルを共有しているか簡単に把握が可能
WinZip または ZipShare で共有されるファイルの管理。共有ファイルを開き閲覧し、再度共有したり、削除できます
クラウドおよび IM サービスでそれぞれ最大 16 個のアカウントを追加してアクセス -
すべての連絡先を対応するソースから WinZip のアドレス帳に統合し、直接メールを送受信
選択したファイルを個別 Zip ファイルに移動して共有を効率化
送信ファイルの指定機能を使用して個別ファイルまたは Zip ファイル全体を共有
保存せずに変換ファイルを共有(WinZip により作成される一時ファイルは共有後に自動的に消去)
YouTube、Facebook、Twitter、LinkedIn で共有
WinZip で画像や文書を直接スキャンして共有 -
フラットベッド スキャナに対応で、原稿送り装置を使わずに複数画像から 1 つの PDF ファイルを作成 -
[撮影して共有] 機能を使って、カメラから直接写真を共有 -
WinZip のメール機能が、Gmail および Outlook(Hotmail)用の IMAP に対応
WinZip のメール機能は Gmail の 2 段階認証プロセスにも対応
メールや IM、ソーシャルメディア、クリップボードから送られるクラウドからのリンクをクリックするだけで共有
連結アドレス帳で受信者を名前やメールアドレスで指定
Office 365 グループ、Twitter、Google トーク/Google+ ハングアウト、Yahoo! Messenger および Jabber などのインスタントメッセージ サービスを使って zip ファイルを共有
パソコン、クラウドサービス、または Zip ファイルからファイルを選択し、共有するメディアをメール、ソーシャルメディア、IM から指定すれば、あとは WinZip の SmartShare におまかせ
自動リンクをクリップボードから簡単に選んで Skype などのサービスで簡単に共有
解凍前のイメージをファイルビューアからソーシャルメディア サイトへ直接共有 -
Box、Google Drive、OneDrive、Dropbox、CloudMe、SugarSync、MediaFire などのクラウドサービスに直接アクセスして、クラウドに保存された Zip ファイルを開いたり、アップロードする前にファイルを圧縮したり、圧縮して共有するファイルをクラウドから選択したりすることが可能
スムーズなクラウドナビゲーションにより、簡単操作でクラウドのファイルにアクセスして管理。新オプションにより、ファイルやフォルダのダウンロード、共有、移動、名前の変更、解凍、削除が可能。
Cloud Link でクラウドファイルへのリンクをメール、インスタントメッセージ、SNS で送信
WinZip から ZipShare ファイル共有サービスに直接アクセスして、クラウドアカウントに接続し、メールや SNS で圧縮済みファイルを簡単に共有
WinZip の組み込み PDF 変換ツールを使用して、ドキュメントを読み取り専用の PDF などの PDF に変換
Zip ファイルに追加する際、共有しやすいサイズに画像を自動的に変換するため、高解像度の写真をより高速に送信できる上、標準的なパソコン画面にしっかり収まります*
画像や PDF にカスタム ウォーターマークを追加することにより、不正コピーを防ぎ、追跡をより可能にし、知的財産を保護。透過度を調整し、必要に応じて日時スタンプを追加。
電子メールシステムや web メールシステムで、ファイルを圧縮して電子メールで送信 (WinZip は Microsoft Outlook、Yahoo! Mail、Gmail、Hotmail と共に動作するように設定済み)または WinZip を設定して事前に設定された選択以外の電子メールサービスをさらにサポート
組み込みの「Self-Extractor Personal Edition」を使用して、WinZip を所有していないユーザーに、自己抽出可能なアーカイブ (.exe ファイル) を作成して送信
バックアップと自動化    
新機能! クラウドファイルを自動保存 -
最後のジョブ名を指定。 -
既存のジョブから新規ジョブを作成。 -
自動バックアップの完了後に WinZip はコンピューターを自動的にシャットダウンし、安全性を確保 -
ジョブウィザード スーパーピッカーにより、パソコンやネットワーク、クラウドサービス内のファイルをひとつにまとめてバックアップ。まとめた Zip ファイルをクラウドに保存。 -
デフォルトを使用、または設定の変更がない場合には、自動バックアップの作成および編集機能で手順を省略 -
「バックアップ」タブで事前に定義したいずれかのバックアップを使用して、ドキュメント、電子メール、デスクトップ、お気に入り、写真、ライブラリなどを、クリックするだけでバックアップ -
ファイルやフォルダーを選択してカスタム バックアップを作成、WinZip のカスタム ジョブを定義して日常的な圧縮タスクを自動化 -
デジタル カメラから直接写真をバックアップ -
CD、DVD、またはブルーレイ ディスクに直接バックアップを作成 (必要に応じて複数のディスクに自動分割) -
実質的なメールアドレスからバックアップを自動的にメール送信、WinZip の内部 FTP クライアントを使用して、バックアップをオフサイト サーバーにアップロード -
接続されたクラウドアカウント、デスクトップフォルダ、またはクラウドアカウント間でバックアップ -
最新のジョブウィザードにより、自動ジョブが完了すると、ソーシャルメディアやインスタントメッセージで通知を送信 -

動作環境

  • 対応OS:
    Windows® 10 (32ビット/64ビット版)
    Windows® 8.1(32ビット/64ビット版)
  • インターネット接続が必要
  • Internet Explorer 8 以上が必要

必要メモリ容量などが書かれていない場合はこちらをご参照ください詳細

ご注意

  • 本製品は1ライセンスにつき、1台のPCにのみインストールできます。
    (PCのリカバリやOSの再インストールは1台とカウントされます。)

開発: Corel Corporation
販売・サポート: ソースネクスト株式会社
© 2020 Corel Corporation

安心サービス対象製品

万一正常に動作しない場合、ソースネクストに返品できる安心サービス対象製品です。
  • ご購入30日以内
  • ユーザー登録が必要
  • 購入履歴の確認が必要

webとeメールでのサポート

サポート対象条件
  • メーカー製のパソコンであること
  • 上記とOS推奨条件を満たすこと
  • ユーザー登録をされていること
    (ご登録にはインターネットが必要)

  • 画面画像と実際の画面は多少異なることがあります。また、製品の仕様やパッケージ、価格などは予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

標準版

WinZip 25 Standard ダウンロード版

WinZip 25 Standard

ダウンロード版

標準価格3,800円

eSHOP価格 3,800円(税抜)

カートに入れる

411

411

CD-ROM版はこちら

WinZip?25?Standard

WinZip 25 Standard

CD-ROM版

標準価格3,800円

eSHOP価格 3,800円(税抜)

カートに入れる

411

411

送料:450円(ゴールド会員225円)

バックアップ機能を搭載した上位版

WinZip 25 Pro ダウンロード版

WinZip 25 Pro

ダウンロード版

標準価格6,400円

eSHOP価格 6,400円(税抜)

カートに入れる

701

701

価格はすべて税抜表示です