セキュリティ情報|
最新のウイルス情報や、セキュリティ対策に関するコラムを公開しています

IPA「情報セキュリティ10大脅威 2019」

ネット詐欺 ウイルス フィッシング

2019/02/01



独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、情報セキュリティ10大脅威 2019を発表しました。
この順位は、弊社を含む約120名のメンバーからなる「10大脅威選考会」が脅威候補に対して
審議・投票を行ない決められます。

  個人向けの10大脅威

   1位 クレジットカード情報の不正利用
   2位 フィッシングによる個人情報等の詐取
   3位 不正アプリによるスマートフォン利用者の被害
   4位 メールやSNSを使った脅迫・詐欺の手口による金銭要求
   5位 ネット上の誹謗・中傷・デマ
   6位 偽警告によるインターネット詐欺
   7位 インターネットバンキングの不正利用
   8位 インターネットサービスへの不正ログイン
   9位 ランサムウェアによる被害
   10位 IoT機器の不適切な管理

  出典:IPA

  クレジットカード情報など金融情報の詐取、悪用が上位を占め、
  サイバー犯罪者が騙して金銭や情報を搾取する傾向が歴然です。

あわせて読みたい、関連記事

フィッシングウイルスネット詐欺 を含む記事

最新記事(3件)

記事一覧