ウイルスセキュリティ 15周年記念キャンペーン

「パスワード管理」無料プレゼント再開のお知らせ(2018.12.13)

都合により一時提供を停止しておりました、15周年記念「パスワード管理」無料プレゼントを再開しました。
シリアル番号順に実施し12月17日(月)には、 全シリアル番号でご利用いただけるようになる見込みです。

変更点

・プレゼント期間
  2019年1月31日まで延長します

・仕様の変更
  本ツールを使用しない場合にも、ブラウザ側で設定を促すメッセージを表示されていたのを改善し、
  ホーム画面から「マスターパスワードの設定」をされた場合のみお使いいただけるように変更しました。

「パスワード管理ツール150日特別版」を無料プレゼント

ウイルスセキュリティ15周年記念キャンペーン
2018年11月14日(水)~2019年1月31日(木)

パスワード安全度

おかげさまで、ウイルスセキュリティは2018年11月14日に15周年を迎えました。
感謝の気持ちとして、2019年1月31日までに本製品をお使いのお客様には、「パスワード管理ツール150日特別版」を無料でプレゼントいたします。

「パスワード管理ツール150日特別版」とは

本ツールは、ウイルスセキュリティの有償オプションツールの「パスワード管理ツール」のすべての機能を150日間無料で使える特別版です。
期間中にウイルスセキュリティをご利用になると、その日から特別な手続きなしで使えます。

本ツールはWindows専用です。スマホなどとの連携はできません。

パスワードを覚える負担を解消

本ツールの特長と主な機能

VSホーム画面_PM有効
ご利用はウイルスセキュリティのメイン画面から

本ツールは、パスワードを覚える負担を解消するだけでなく、
なりすましを防ぎ、パスワード流出事故の際には被害を最小限にします。

特長

 ・覚えるパスワードは1つだけ
 ・安心してサイト毎に異なるパスワードを設定できる
 ・各パスワードの安全度を最高レベルに

主な機能

 ・乱数で類推されないパスワードを生成
 ・ログイン時には自動で入力

効果

 ・なりすまし防止
 ・パスワード流出事故の際の被害を最小限に

使い方

VSパスワード管理_マスターパスワードの設定
マスターパスワードの入力画面

ウイルスセキュリティのメインパネルの「パスワード管理」をクリックして
マスターパスワードを設定し、
お使いのブラウザのアドオンを有効にするだけで、機能が有効になります。
覚えておく必要があるのは、このマスターパスワードだけです。

対応ブラウザ:Internet Explorer、Google Chrome、Firefox

また、お使いのブラウザごとに、アドオンを有効にする必要があります。
▶設定方法

ログインが必要な場面で、パスワードを入力すると
本ツールが自動で安全に記憶し、以降は自動入力します。

推奨ご利用方法

VSパスワード管理_パスワード生成_修正
人が類推できない、乱数によるパスワードを生成

パスワードを入力する際に、本ツールのパスワード生成機能を用い
乱数による安全度の高いパスワードをつくり、入力するようにします。

サイト毎のパスワードは覚えなくていい

本ツールにより、パスワードを覚える必要はなくなります。
可能な限り文字数を多くし安全レベルを引き上げましょう。

自動入力でラクラク

以降はそのサイトにログインする度に自動で入力されます。
ご利用するサイトすべてで同様の操作をして、サイト毎に異なるパスワードにすることをお奨めします。

ご注意

継続してご使用されない場合には、150日が経過する前に 必ず本ツールに登録したパスワードをお控えください。 期日が過ぎると本ツールが一切使えなくなるのでご注意ください。

VSパスワード管理_リストでパスワード表示

参考

PasswordCrisis

安全なパスワードの条件

sec_pass_04

 1. 最低でも8文字、可能な限り字数を多くする
 2. 英数字・記号を混ぜる
 3. サイトごとにパスワードを変える

パスワードを盗まれると

sec_pass_02

パスワードを知られることで、本人になりすまされ、次のような被害に遭う危険があります。

 なりすましの被害
  ・クレジットカード情報などを盗まれる
  ・メールやSNSでウイルスばらまきの手先になる
  ・無実の罪で逮捕される
  ・金融機関のブラックリストに載る

安易なパスワードの危険とは

「123456」とか「qwerty」とか「password」のような単純なものや、誕生日、辞書にある言葉そのままなどは
類推されやすいため、盗まれた際に、その危険度が高くなります。

同じパスワードを使い回す危険とは

近年、有名サイトでもパスワード流出事故が多く発生しています。
1つの同じパスワードを使い回していると、1箇所でIDとパスワードを盗まれたら、
利用している全部のサイトで被害に遭う危険性があります。
パスワード流出事故は、私たちユーザーに予防手段はありませんが、
使い回しをしなければ2次被害は防げます。
 

有名サイトのパスワード流出事故の例

2018年9月   大手企業の複数企業で、社員のIDとパスワードが流出していることが明らかになる(約16億件)
           (ソニーグループ、東芝グループ、トヨタ自動車グループ など)
2018年6月   「キルフェボン」(株式会社ラッシュ)にて不正アクセスによる会員情報の流出 (約3万7千件)
2018年5月   「ミステリーショッピングリサーチ」(株式会社MS&Consulting)にて不正アクセスによる会員情報の流出(約57万件)
2018年4月   「プレミアム・アウトレット」(三菱地所・サイモン株式会社)にて不正アクセスによる会員情報漏洩(約24万件)

2人に1人が危険なパスワードの実態

2014年のIPAの調査によれば、64%の人が複数のパスワードは覚えられないと答え、
50%の人がパスワードを複数サイトで使い回ししています。  
つまり、2人に1人は1箇所でIDとパスワードを盗まれたら、
利用している全部のサイトで被害に遭う危険性を持っています。  
(IPA:情報処理推進機構は、経済産業省所管の独立行政法人)

パスワード運用の実態

どのようなパスワードが安全かを理解している
70%
実際に安全なパスワードを設定している
13%
同じパスワードを別のサイトに流用している
50%
いくつものパスワードを覚えていられない
64%

Q&A

キャンペーンの対象は? パッケージ版、ダウンロード版など期間中に「ウイルスセキュリティ」(Windows)を起動すると対象となります。
また、すでにインストールしてご利用されている場合も対象です。
パスワード管理機能は、パソコン以外(スマートフォン・タブレット・Mac)でも使える? いいえ、使えません。
パスワード管理機能は、パソコン(Windows 10/8.1/7)のみで使えます
150日の利用期限が切れたら? パスワード管理機能が利用できなくなります。
引き続きご利用を希望される場合は、利用継続のお手続きが必要です。
「ウイルセキュリティ」のホーム画面から「パスワード管理」をクリック後、
表示されたページでお手続きください
150日の利用期限切れ後、登録していたパスワードはどうなる? 暗号化された状態で残ります。
ただし、登録したパスワードを参照することができませんので、
必要に応じて、期限切れ前に登録したパスワードをお控えください
キャンペーン期間中に管理していたパスワードは、利用継続後も引き継がれるのか? はい、引き継がれます。
ただし、パスワード管理機能の利用開始後に「ウイルスセキュリティ」を
アンインストールしてしまうと、パスワードも同時に消去されてしまいますので
ご注意ください
パスワード管理機能が使えない アップデートをお試しください。
本キャンペーンを適用するには、「ウイルスセキュリティ」のバージョンが「14.2.0403」以上の必要があります。
通常は、アップデータが自動で適用されますが、「ウイルスセキュリティ」の設定で
自動アップデートを無効にされている場合は、以下ページの手順で手動アップデートをお試しください。
▶手動アップデートの手順

ラインナップ

期間限定特価
12月31日(月)まで

ZERO ウイルスセキュリティ 1台用 マルチOS版 ダウンロード版

ZERO ウイルスセキュリティ 1台用 マルチOS版

ダウンロード版

標準価格1,980円

1,680円

超割価格 990円(税抜)
(50%OFF)

eSHOP価格 1,680円(税抜)
(15%OFF)

カートに入れる

198マイルご登録の度にマイルがたまり、マイルに応じて景品応募や製品と交換ができます。

割引券 : 適用対象外

期間限定特価
12月31日(月)まで

ZERO ウイルスセキュリティ 5台用 マルチOS版 ダウンロード版

ZERO ウイルスセキュリティ 5台用 マルチOS版

ダウンロード版

標準価格4,980円

4,180円

超割価格 2,490円(税抜)
(50%OFF)

eSHOP価格 4,180円(税抜)
(16%OFF)

カートに入れる

498マイルご登録の度にマイルがたまり、マイルに応じて景品応募や製品と交換ができます。

割引券 : 適用対象外

価格はすべて税抜表示です