検出ウイルス・レポート

月間レポート
2020年7月

レポート集計期間:2020/6/25~2020/7/25

国内で流行中のウイルス(Windows/Android 2020年7月)

Windowsで多く検出されるウイルス


弊社のウイルス対策製品が先月、国内で実際に検出したウイルスの
集計がまとまりました。
  集計:Bitdefender社(ウイルス対策製品の開発元)
  集計期間:2020/6/25~2020/7/25

(スーパーセキュリティが検出したウイルス/検出数順)

  1. JS:Trojan.Cryxos.2732
  2. JS:Adware.Popunder.D
  3. JS:Adware.Popunder.B
  4. JS:Trojan.Scam.NU
  5. JS:Adware.Lnkr.D


 7月はトロイの木馬「JS:Trojan.Cryxos.2732」が最も多く検出されました。

概要/トロイの木馬「JS:Trojan.Cryxos.2732」
  悪事の内容
   ・閲覧しているwebサイトの情報を不正サイトに送信する
   ・送信した情報に基づいて、不正サイトを開く
    (多くはフィッシング詐欺サイト)
  対策
   ・急に意図しないページに遷移した場合は情報を入力したりしない
    (ブラウザを閉じる)
   ・ウイルス対策ソフトの導入

  参考/スーパーセキュリティについて


Android(スマホ、タブレット)で多く検出されるウイルス

(モバイル・セキュリティが検出したウイルス/検出数順)

  1. Android.Trojan.Agent.ZM
  2. Android.Trojan.Obfus.GU
  3. Android.Trojan.SmsSpy.AAB
  4. Android.Trojan.Obfus.HZ
  5. Android.Trojan.Obfus.IO


 7月はトロイの木馬「Android.Trojan.Agent.ZM」が最も検出されました。

概要/トロイの木馬「Android.Trojan.Agent.ZM」
  悪事の内容
   ・正規のアプリ(Google、Facebook、佐川急便など)になりすます
   ・インストールすると、ユーザーが利用している銀行を探り、
    利用している銀行に応じた不正送金アプリを勝手にスマホにインストールする
  感染経路
   ・SMS(ショートメッセージ)のリンク経由のダウンロード
   ・アプリのインストール
  対策
   ・SMSで心当たりのないリンクをクリックしない
   ・正規サイト以外からアプリをインストールしない
   ・ウイルス対策アプリの導入

   参考/モバイル・セキュリティについて


2020年6月のレポート▼

2020年5月のレポート▼

2020年4月のレポート▼

2020年3月のレポート▼

2020年2月のレポート▼

2020年1月のレポート▼

2019年01月~12月のレポート▼

2018年01月~12月のレポート▼

2017年01月~12月のレポート▼

2016年01月~12月のレポート▼

2015年01月~12月のレポート▼