特打式 PowerPoint編

ソースネクスト株式会社

ジャンル:PowerPoint習得ソフト対応OS:Windows 11/10/8.1

・PowerPointの操作を学べる
・最新版Office 2021に対応

「特打式」は、ゲーム感覚のOffice習得ソフトです。そのパソコンに入っているOfficeと融合した、お手本を見てその場で試して学ぶ実践的なレッスン。
ラインナップは6つあり、本製品はPowerPointを学べる製品です。
Office 365でも使えます。(本製品発売後の新機能には対応していない場合がございます)

ソースネクストは、BCNアワード トレーニングソフト部門 最優秀賞 21年連続受賞

「見る→聞く→試す」の3ステップ

動画で使用している画面はExcel編 のものです。
お手本を見るだけでなく、その場で実際に操作できるので効果的に学習できます。
音声でも手順を案内してくれるので、迷わず進められます。

ラインナップ

Office Pack Excel&Word
攻略パック
Excel編 Excel編
Professional
Word編 PowerPoint編
特打式 OfficePack 特打式 OfficePack 特打式 OfficePack 特打式 OfficePack 特打式 OfficePack 特打式 OfficePack
Excel編 - - -
Excel編 Professional - - -
Word編 - - -
PowerPoint編 - - - -

Office 2021に対応

最新のMicrosoft Office 2021に対応しました。PowerPoint 2013,2016,2019にも対応しています。
Office 365でも使えます。(本製品発売後の新機能には対応していない場合がございます)

練習に便利な「ミルヤル事典」

わからない操作がその場でわかり、練習もできます。さらに、苦手一覧表示で、苦手な部分を何度も復習できます。

復習に最適な「ダンの腕試し」

腕試しで苦手な技を把握し、間違えた問題の解説ムービーを見ることができます。

特打式とは?

「特打」は大ヒットした西部劇仕立てのタイピング習得ソフトのシリーズ。さびれた西部の酒場の片隅でキーボードを拳銃に見立て、練習を練習と感じさせないゲーム感覚の早撃ち修行でタッチタイピングをマスターします。特打式は、同じ登場人物たちがOfficeソフトを特訓するシリーズです。

豪華声優陣

・清川元夢(酒場の親父)
・石塚運昇(ダン・ディーノ)
・深見梨加(シンディ)

リボンやSmartArtなどPowerPointの操作方法を学習

収録内容

第1章 基本操作編 ~テキストベースのスライド作成~

●パワーポイントの特徴

 ●各部の名称と役割(1)

 ●各部の名称と役割(2)

 ●タイトルスライドの作成

 ●スライドの追加とプレースホルダへのテキスト入力

 ●箇条書きインデントレベルの変更

 ●(箇条書きの)行頭文字の変更

 ●(箇条書きの)行間調整

 ●テキストの編集

 ●アウトラインペインを使用しての編集

 ●検索と置換

 ●スライドの表示変更と並べ替え/削除

 ●ファイルの保存

 ●スライドショーの実行

第2章 レイアウト編 ~スライド全体のレイアウト調整~

●スライドのレイアウト変更

 ●スライド マスタの設定

 ●スライド番号/ヘッダーとフッターの設定

 ●テーマの設定

 ●テーマのカスタマイズ / 配色・フォント

 ●背景のスタイルを変更する

 ●オリジナルテーマの保存

第3章 オブジェクト編 ~図や表の挿入、飾り付け~

●図(画像)の挿入

 ●図(画像)の調整 / トリミング

 ●図(画像)の調整 /移動と縮小

 ●図(画像)の調整 / スタイル

 ●クリップアートの挿入

 ●SmartArtグラフィックに変換

 ●SmartArtの調整 / レイアウト・スタイル

 ●図形(オートシェイプ)の挿入

 ●テキスト入力(オートシェイプ/テキストボックス)

 ●複数の図形の調整 (順序の移動/グループ化)

 ●オブジェクトの表示/非表示の切り替え

 ●表の挿入

 ●表の行・列の編集とセルの色の変更

 ●グラフの挿入

 ●グラフのカスタマイズ

 ●ノートペインの役割と印刷設定

第4章 アニメーション編 ~プレゼンを意識した演出~

●画面切り替えの設定

 ●タイトルに対するアニメーション設定

 ●テキスト(箇条書き)に対するアニメーション設定/速さの調整

 ●オブジェクトに対するアニメーション設定/方向の設定

 ●1オブジェクト(図形)に対する複数アニメーション設定/タイミングの設定

 ●同一スライド内の複数オブジェクト(図形)に対するアニメーション設定

 ●連動するアニメーションに対する時間配分の調整

 ●SmartArtに対するアニメーション設定

 ●グラフに対するアニメーション設定

 ●アニメーション設定のコツ

 ●ハイパーリンクの設定

 ●ビデオとサウンドの挿入

 ●リハーサル機能とナレーションの録音

 ●スライドショー中の書き込み

 ●非表示スライドに設定

 ●目的別スライドショー

 ●スライドショーとして保存

第5章 Office 2010~の新機能

●Backstageビュー

 ●Webに保存

 ●バージョンの管理

 ●リボンのカスタマイズ

 ●図(画像)の調整/背景を削除

 ●図のレイアウト(スマートアート)

 ●ガイドの表示 / オブジェクトの配置 

 ●図形の調整 / 複数の図形の結合 

 ●図形の調整 / スポイトによる色のコピー

 ●ワードアートの調整 / 文字に画像を設定

 ●プレゼンテーション資料の比較 / 反映

 ●コメントに返信

 ●セクション区切り

 ●スクリーンショット

 ●ビデオファイルの編集

 ●MPEG-4形式として保存

 ●スライドサイズの変更

 ●発表者ビューの表示

お客様の声

前バージョンより

  • 基礎から体系的に学べますので、購入してよかったと思います。(小松 孝さん)
  • ワードしかできなかった私ですが知らず知らずのうちに操作できるようになりました。(田村 貞一郎さん)
  • 講義のあと、実際に演習があるため習得しやすく、購入した本を読んで自習するより効率が良い。(寺崎 真吾さん)
  • 説明本読んでいる、つもりですが、特打を見たら、改めて、解らなかった、事が理解できます。(国吉 克弘さん)

動作環境

  • 対応OS:
    Windows® 11
    Windows® 10 (32ビット/64ビット版)
    Windows® 8.1(32ビット/64ビット版)

    ※ESUご契約法人は Windows 7 でも使えます
    (ESU:Microsoftの拡張セキュリティ更新プログラム)

•ご使用にはインターネット接続が必要です。
•本製品のご使用には、Microsoft Office(Word/Excel/PowerPoint)が
別途パソコンにインストールされている必要があります。
※ストアアプリ版のOfficeには対応していません。
•モニタ:1024×768 High Color(16ビット)以上
(特にネットブックの場合はご確認ください。)

Office 2021/2019をお使いの方

◦Windows® 11
◦Windows® 10(32ビット/64ビット版)
が正常に動作するパソコン

Office 2016をお使いの方

◦Windows® 11
◦Windows® 10(32ビット/64ビット版)
◦Windows® 8.1(32ビット/64ビット版)
が正常に動作するパソコン

Office 2013をお使いの方

◦Windows® 10(32ビット/64ビット版)
◦Windows® 8.1(32ビット/64ビット版)
が正常に動作するパソコン

インストール容量
約1.5GB

必要メモリ容量などが書かれていない場合はこちらをご参照ください詳細

ご注意

  • 特打式シリーズはストアアプリ版のOfficeではご利用できません。 
  • 本製品発売後にOfficeで追加される新機能に対応できないことがあります。
  • 本製品のプログラムは、Office2013、Office2016、Office2019、Office2021の4製品を対象としています。そのため、説明画面と実際の画面が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 管理者権限が必要です。
{02ED5D54-D7CE-4903-BD94-8B94386CF44C}

webとeメールでのサポート

サポート対象条件
  • メーカー製のパソコンであること
  • 上記とOS推奨条件を満たすこと
  • ユーザー登録をされていること
    (ご登録にはインターネットが必要)

  • 画面画像と実際の画面は異なる場合があります。また、製品の仕様は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

Windows 10での動作状況

FAQ

  • バージョンアップやアップデートは?

    通常通り受けられます

    利用期間中は常に最新バージョンを使うことができます。

  • 複数のパソコンでも使える?

    はい、使えます。

    同一家庭内であれば、ソフトごとに定められた インストール許諾台数内で、複数のパソコンで使えます。
    ※法人利用の場合は1ライセンス1OSとなり、複数のパソコンでご利用はできません。
    詳細

  • パソコンを乗り換えても使える?

    はい、使えます

    旧パソコンと同時使用でなければ、新パソコンでも使えます。