「Meeting Owl Pro」アップデータリリース情報(2022/09/20)

 

アップデータについて
ミーティングオウルは、Wi-Fiに接続され電源に接続された状態であれば夜間にソフトウェアの更新が自動的に行なわれます。
アプリを使用して、すぐに更新する場合はには、以下のQ&Aをご確認下さい。
Q.ミーティングオウル本体のソフトウェア(アップデータ)を更新する方法 【Meeting Owl Pro(ミーティングオウルプロ)】


アップデータリリース情報

詳細については、Owl Lab社のアップデートページ(英語)をご参照ください。
https://resources.owllabs.com/blog/owl-labs-update


■バージョン : 5.4.4.5(2022年9月20日リリース)

修正:
・軽微な機能改善を行ないました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■バージョン : 5.4.3.7(2022年9月16日リリース)

修正:
・Owl Labs社のサーバーとの通信におけるセキュリティ強化を行ないました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■バージョン : 5.4.3.6(2022年9月1日リリース)

修正:
・軽微な不具合を修正しました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■バージョン : 5.4.3.4(2022年7月22日リリース)

ご注意 :
このバージョンを利用するには、ミーティングオウルアプリのiOSアプリ3.2.5(4)以上、もしくはAndroid アプリ2.6.6(2)以上が必要です。

修正:
・ファームウェアのデータを保護する新しい暗号化の仕組みを追加しました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■バージョン : 5.4.2.3(2022年6月23日リリース)

ご注意 :
このバージョンを利用するには、ミーティングオウルアプリのiOSアプリ3.2.3(9)以上、もしくはAndroid アプリ2.6.4(5)以上が必要です。

修正:
・ミーティングオウルアプリとミーティングオウル本体の両方から、Bluetooth通信のアクセスを制限しました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■バージョン : 5.4.1.4(2022年6月10日リリース)
修正
・テザリングモードでのネットワーク通信を制限し、ミーティングオウルがネットワーク通信のアクセスポイントとして利用できてしまう脆弱性に対処しました。

 なお、上記以外に他4件の脆弱性が見つかっておりますが、本アップデートにより
 残りの4件についても軽微な脆弱性となるとOwl Lab社から見解を得ています。
 また、残りの4件についてはバージョン5.4.2.3で対処しております。


■バージョン : 5.4.0.15(2022年6月10日リリース)
修正
・個人を特定できる情報を取得するRESTful APIの利用を停止しました。
・デバイスおよびクライアント固有の識別子を使用してサーバーへのアクセスを制限し、
 適切なクライアント証明書で認証を実施することで、適切に通信が保護されるように変更しました。
・内部基板部品(Internal Switchboard Port)への、外部からのアクセスを制限しました。
・Wi-Fiアクセスポイントのテザリングモードの不具合を修正しました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■バージョン4.3.0.5 (2022年4月12日リリース)
新機能:
・フォーカスしない範囲(非フォーカスゾーン)を設定できるようになりました。

修正:
・連結しやすさ、連結後の子機の動作を改善しました。
・画質を改善しました。
・その他軽微な修正を行ないました。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

■バージョン2.8.0.13
修正: 軽微な修正を行ないました。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

■バージョン2.8.0.12 (2021年9月9日リリース)
修正:
・映像の画質を改善し、映像の白っぽさや粗さを軽減させました(以下の比較画像をご確認ください)
・プレゼンターエンハンス機能使用中の細かな映像の揺れを改善しました
・ミーティングオウル本体のオプションボタンでプレゼンターエンハンス機能のオン/オフの切り替えができるようになりました
(プレゼンターエンハンス機能がオンの場合、オプションボタン上部が青色に点灯します)
・プレゼンターエンハンス機能使用中に、頭上で手を振るなどの動きを検出すると、プレゼンターにフォーカスが戻るようになりました
・アプリの「設定の確認」画面にて、「オーディオ設定」項目を固定で表示させました

 

【アップデート前後の画質比較】
上の画像:アップデート前のミーティングオウルの映像
下の画像:アップデート後のミーティングオウルの映像

 

 

■バージョン2.4.0.15 (2021年4月1日リリース)
ご注意 :
このバージョンを利用するには、「Meeting Owl」アプリのiOSアプリ2.8.4(14)以上およびAndroid アプリ2.4.9(1)以上が必要です。
このバージョン以上のミーティングオウルは、バージョン2.3.0.30以下のミーティングオウルと連結できませんのでご注意ください。
連結機能を快適にご利用いただくためには、お手持ちのミーティングオウルのバージョンを同じにすることをお勧めします。

新機能 :
・プレゼンターエンハンス機能を追加しました。本機能では、ミーティングオウルが近くのプレゼンターを追いかけ、常にフォーカスすることができます。また、連結機能にも対応しています。
・デジタルホワイトボード機能を追加しました。本機能では、ミーティングオウルの映像部分に、iPadなどで絵を描くことができます。
・iPad用のダッシュボードビューを追加しました。本画面では、ミーティングオウルのスピーカー音量やミュートを調整できます。

修正 :
・ミーティングオウルのエコーリダクション機能を向上させました。
・ミーティングオウルの映像のアスペクト比を修正し、より実物に近い形が映るようにしました。
・連結機能でミーティングオウルを連結させる際、照明が明るくてもミーティングオウルがお互いを認識することができるようになりました。
・連結機能を使用中に、連結したミーティングオウルの映像を1画面に表示できるようになりました。
・ミーティングオウルの映像が上下に跳ねる問題を修正しました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■バージョン2.1.0.14
修正: 軽微な修正を行ないました。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
■バージョン2.1.0.13 (2020年11月23日リリース)
ご注意 : このバージョンの新機能を利用するには、「Meeting Owl」アプリのiOSアプリ2.8.2(10)以上でのみ使用できます。

新機能 :
ダッシュボードビューのサポート機能が追加されました。
ミーティングオウルアプリの全ての機能を搭載しており、ミーティングオウルアプリを入れたiPadでご利用いただけます。

修正 : 連結機能の使用時に、(テレビやモニターに近い場合に)照明の明るさが急激に変化しても連結機能が切断されなくなりました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
■バージョン2.0.0.22 (2020年10月28日リリース)
修正:
・ミーティングオウルからパチパチという音が出なくなりました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
■バージョン2.0.0.20 (2020年10月15日リリース)
修正:
・連結機能を使用後、親機を使用し続けても子機が親機を探さないようにしました。
・連結機能を使用後、子機の電源を切り、再び電源を入れた際に、円滑にに連結できるようにしました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
■バージョン1.8.0.29 (2020年8月25日リリース)
ご注意 :
このバージョンを利用するには、「Meeting Owl」アプリのiOSアプリ2.7.0(11)以上が必要です。
Androidアプリではご利用できません。

新機能 :
・連結機能を追加しました。2台のミーティングオウルをWi-fi接続し、より大きな会議室や教室に対応しました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
■バージョン1.7.0.40 (2020年7月28日リリース)

ご注意 : このバージョンを利用するには、「Meeting Owl」アプリのiOSアプリ2.5.2(2)以上およびAndroid 2.4.3(9)以上が必要です。

新機能 : ミーティングオウル本体の上下逆さまの取り付けをサポートするため、アプリでカメラを180度反転する機能を追加しました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
■バージョン1.6.0.18 (2020年7月13日リリース)

ご注意 : このバージョンを利用するには、Meeting OwlアプリのiOSアプリ2.5.1(7)以上およびAndroidアプリ2.4.3(5)以上が必要です。

新機能 :
・アプリにカメラロック機能のパン、チルト、ズームコントロールを追加しました。これにより、カメラの垂直方向と水平方向の位置を制御したり、アプリでズームインおよびズームアウトができます。
・360°パノラマ映像を無効/有効にする機能を追加しました。360°パノラマ映像は、Meeting Owlアプリの[カメラのコントロール]で無効/有効ができます。

修正:
・リモート参加者のオーディオ品質が向上しました。
・ミーティングオウルをPCに接続して再起動した場合に、本体底面にあるボタン上の赤と青のライトが点滅しなかった問題を修正しました。USB経由で接続して再起動すると、ライトが点滅します。
・360°パノラマ映像が無効になっている場合、ミュートアイコンがステージの上部に再配置され、フレームの中心をブロックしなくなりました。
・360°パノラマ映像が無効化されている場合、ホームアイコンがステージから削除されました。


アップデートに伴う作業、補足:
・1.6.0.18にアップデート後、一度だけ、MacOS、Windows 10のオーディオデバイスとして、Meeting Owlを選択する必要があります。
・web会議システムとWindows10のデバイスマネージャーで、「Meeting Owl Pro」から「Echo Cancelling Speakerphone」に表示が変更されました。