使用許諾条件書

 

この規約は、「スマート留守電」(以下「本製品」といいます)をお客様に使用していただく前提となる条件およびソースネクスト株式会社(以下「弊社」といいます)とお客様との間の権利義務関係を定めるものです。本製品を使用する前に、まず本規約をよくお読みください。本製品を使用された場合には、本規約に同意したものとみなされますので、ご了承ください。

 

第1条(使用許諾等)

弊社は、お客様が本規約に同意し遵守されることを条件として、お客様に対し、本製品を、弊社所定のオペレーティングシステム(以下「対応OS」といいます)が搭載された端末(以下「対応端末」といいます)で使用する権利を許諾いたします。

 

第2条(本製品の使用条件)

1.お客様は、本製品を、お客様が保有する対応端末にインストールして使用することができます。なお弊社は、本製品が市販されているすべての携帯電話端末に対応することを保証するものではありません。

2.お客様は、本製品をサーバーハードウェア上へインストール又は保存、クライアントハードウェアから使用することはできません。

 

第3条(本製品の体験版)

1.お客様は本製品の一部機能を体験版として、無料で利用することができます。

2.本製品の体験版にも本規約が適用されますが、第7条第2項、第8条第4項及び体験版に含まれない機能に関する条項は適用されません。

 

第4条(本製品を使用する上での注意事項等)

1.本製品には、弊社が開発したアプリケーションプログラムのほかに、弊社以外の第三者が提供する音声認識サーバ、録音メッセージのテキスト化技術、独自の電話番号データベース等が利用されています(以下、弊社に前記技術やサービスを提供している第三者を「サードパーティ」といいます)。

2.本製品に関する著作権等を含む一切の権利は、弊社又はサードパーティに帰属します。本使用許諾条件書に基づく本製品の使用許諾は、本製品及び本製品を通じて提供されるサービスに関する権利をお客様に譲渡するものではありません。

3.サードパーティから弊社に対する技術・サービスの提供条件に変更があった場合、同条件変更に伴い、本製品の提供条件にも変更が生じたり、あるいは本製品に基づくサービスの提供自体ができなくなったりする可能性がありますので予めご了承ください。

4.本製品は、各通信会社が提供する発信者番号通知機能とお客様がご利用中の対応端末のアドレス帳データを利用して、当該対応端末の画面上に留守電メッセージが録音された旨を通知する機能及び録音者のアドレス帳登録名を表示させる機能(以下「通知機能」といいます)を備えています。本製品は、前記通知機能を有効に機能させるため、お客様がご利用中の対応端末に着信した電話番号情報及びお客様がご利用中の対応端末のアドレス帳データの一部を、弊社及びサードパーティが管理するサーバに送信することがあります。お客様は、本製品を使用した時点で、前記目的の範囲内で着信情報及びアドレス帳データがサーバに送信されることに同意したものとみなされますので、予めご了承下さい。なお、弊社及びサードパーティは、前記目的以外で着信情報及びアドレス帳データを使用することはありません。

5.弊社は、本製品及び本製品を通じて提供される留守電メッセージの通知・テキスト化サービスを提供するものであって、お客様の留守電メッセージの保管義務(音声データによる保管かテキストデータによる保管かを問いません。)や留守電メッセージの内容の正確性を検証・保証する義務を負うものではありません。留守電メッセージの管理・保管は、全てお客様ご自身の責任で行っていただく必要があります。

6.弊社又はサードパーティが定期的に実施するシステムのアップデート・改修作業等により、本製品に基づくサービスの提供を一時停止することがあります。本製品に基づくサービスの一時停止期間中であっても、本製品の利用料金が課金されるものとし、日割計算による課金(又は返金)処理はいたしませんので予めご了承ください。

7.本製品の品質向上、あるいはサードパーティが提供する音声認識技術、音声データのテキスト化技術の高精度化を目的として、弊社又はサードパーティ若しくはこれらの監督下にある第三者が、本製品を通じて録音・作成された音声データの収集・検証を行う場合がありますので予めご了承ください。お客様は、本製品を使用した時点で、前記目的の範囲内で音声データが収集・検証されることに同意したものとみなされます。なお、弊社及びサードパーティは、前記目的以外で音声データを使用することはありません。

 

第5条(有効期間)

1.本規約の効力は、お客様が本製品を利用した時点で発生するものとします。

2.お客様が、本規約のいずれかの条項に違反した場合、又は弊社やサードパーティの著作権その他の知的所有権を侵害した場合には、弊社はお客様への使用許諾を解除することができます。

3.前項によりお客様の使用許諾が解除された場合には、本製品をすみやかにアンインストール又は削除するものとします。

 

第6条(禁止事項)

1.お客様は、本製品の使用にあたり、次の各号に掲げる行為を行わないものとします。

①本製品をバックアップの目的以外で複製すること

②本製品の改変・結合・リバースエンジニアリング(逆アセンブル等)・解析等

③本製品を第三者へ再配布、再使用許諾又は公衆送信(送信可能化を含む)すること

④本製品、本製品の利用にあたって生じる権利義務、又は複製物(本項第1号の目的で複製したか否かを問わない)を譲渡・転売し、若しくは承継させ、又はその権利を担保に供すること

⑤本製品又は複製物(本項第1号の目的で複製したか否かを問わない)を貸与・レンタルに類する行為、又は中古取引をすること

⑥本製品を第三者に送信可能な状態でネットワーク上に蓄積すること

⑦弊社がお客様に提供する本製品の識別情報(シリアルナンバー等)を、本製品の利用に必要な範囲を超えて第三者に開示・提供すること

⑧本製品の全部又は一部を第三者と共有利用(販売・貸与・ライセンス・サブライセンス・頒布・譲渡等の名目の如何を問わない。)すること。

⑨他人になりすまして本製品を使用すること

⑩弊社又はサードパーティの著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の権利又は技術上の知識(以下「著作権等」といいます)を侵害し、又は侵害するおそれのある行為をすること

⑪本製品の不正目的での利用(公序良俗に反するような態様での利用行為、第三者に対する誹謗中傷といった迷惑行為その他の侵害行為・権利濫用行為、刑罰法規に抵触する態様での利用行為を含みますが、これに限られません。)、弊社又は第三者に対して虚偽の情報もしくはコンピュータウイルスなどの有害なものの送信、又は弊社又は第三者のサーバその他のコンピュータに不正にアクセスする等の行為をすること

⑫本製品を、商業的に利用(広告、宣伝、勧誘等)すること。

⑬テキストデータの読み上げサービスによって生成された合成音声を無断で録音し、同録音データを再利用すること。

⑭本製品から著作権等の権利表記や弊社又はサードパーティの登録商標等を削除すること。

⑮本製品を第三者が提供する製品やサービスと比較又は比較評価する目的で利用すること。

⑯本製品のプログラムが予定する方法以外の方法を用いて本製品及び本製品に基づくサービス(弊社のみならずサードパーティが提供するサービスも含む。)を利用すること又は利用を試みること。

2.お客様は、前項各号(前項各号に記載する禁止事項を含みますが、これに限定されません)の違反又は不正な行為その他のお客様の責めに帰すべき事由により弊社に損害を与えた場合、当該損害を賠償するものとします。

 

第7条(保証範囲) 

1.弊社は、本製品のプログラムに誤り(バグ)があることを弊社が確認し、当該製品の販売中に弊社が当該誤り(バグ)を修正した場合には、修正したソフトウェア又は修正に関連する情報を提供します。ただし、修正したソフトウェア又は修正に関連する情報を提供することの要否・時期および提供手段等については、弊社にて定めさせていただきます。修正したソフトウェアにも本規約が適用されるものとします。

2.弊社は、本製品について弊社所定の製品サポートを提供します。

 

第8条(免責事項)

1.お客様は、自己の責任において本製品を利用するものとし、本製品の利用に関連してお客様に生じた責任、負担、損害及び損失(コンピュータ機器の故障やデータの損失を含みますが、これらに限りません。)(以下「責任等」といいます)について、弊社はその責任を一切負わないものとします。

2.弊社は、お客様に事前に予告することなく、本製品を通じたサービスの中断、終了及び内容の変更等を行うことができるものとします。

3.本製品で用いる留守電メッセージのテキスト化技術は、弊社が妥当と判断する限りのものであり、弊社は、そのテキスト化されたメッセージの正確性、完全性等に関して一切の保証をしません。

4.弊社は、前条に定めるもの以外には、一切の保証責任又は瑕疵担保責任を負いません。なお、弊社がお客様又はその他の第三者に損害賠償責任を負う場合には、どのような場合でも、賠償額の上限は本製品の1ヶ月間の代金相当額とします。

 

第9条(権利義務の譲渡の禁止)

お客様は、当規約上の地位及び当規約から生じる権利義務を第三者に譲渡又は担保に供することはできません。

 

第10条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効と判断された場合であっても、その余の部分については、引続き完全な効力を有するものとします。

 

第11条(その他) 

1.本規約は日本法に従って解釈されるものとします。

2.本規約の内容については、法令の改正又は弊社の事情によって弊社が変更することがあり、お客様はそれに予め同意するものとします。

3.変更後の規約は、弊社のウェブサイト上に表示されます。最新版の規約は、こちら(http://www.sourcenext.com/permission/76/)からご覧ください。変更後の規約は、前記ウェブサイトに掲載・公開された時点をもって発効し、お客様は同時点をもって変更後の規約に同意したとみなされます。

4.本製品は、本項に定めるサードバーティの規約が適用される場合があります。お客様は本規約に同意することにより、これらの規約に同意したものとみなされます。

 ・TROPOサービス利用規約/アクロスウェイ株式会社

  (http://tropo.acrossway.com/support/tropo_service

 ・NUANCE DEVELOPER FOR MOBILE PROGRAM LICENSE AND HOSTING SERVICES AGREEMENT/Nuance Communications, Inc.

  (https://developer.nuance.com/public/index.php?task=displayProdEula

5.本製品および本規約に関する紛争については、東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とします。

2016年5月20日現在