Example image

最新のウイルス情報や、
セキュリティ対策に関するニュースやコラムを公開しています

Google翻訳の正規URLから誘導されるフィッシング

フィッシング ネット詐欺

2022/08/09

Google翻訳の正規URLから、Amazonやクレジットカードブランド等をかたるフィッシングサイトへ誘導するフィッシングの報告が増加していると、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけています。
偽のwebサイトへ誘導して以下の情報を入力させようとするものですのでご注意ください。
・ログイン情報(メールアドレス、電話番号、パスワード、ログインID)
・カード情報
・個人情報(氏名、住所) など

セキュリティ対策製品を導入していれば、こうしたフィッシングサイトにアクセスするのを防ぐことができます。




フィッシングメールの件名(例):

【重要】確認情報を取得できませんでした、アカウントは48時間後に削除されます。AMAZONをご利用いただきありがとうございます。

   (上記以外の件名の可能性もあります)

実際に送られてくるメールの例:


(クリックすると拡大します)

実際の偽サイトの例:


(クリックすると拡大します)

フィッシングサイトのURL(例):

 ・メール内の URL
 https://translate.google.com/translate?●●●●
 (https://translate.google.com/ 自体は Google 翻訳の正規 URL)

 ・転送先の URL
 https://prevent.●●●●.com/

  (上記以外の類似フィッシングサイトが公開される可能性もあります)


出典:フィッシング対策協議会

あわせて読みたい、関連記事

フィッシングネット詐欺 を含む記事

最新記事(3件)

記事一覧