いきなりPDF Ver.11 - 利用事例、実績

利用事例、実績

10,000社を超える法人様で導入いただいています



「いきなりPDF」は業種を問わず、多くの法人様に導入いただいています。
累計の導入実績が10,000社を超えています。

  • 商船三井村田機械東京ガスみずほ証券
    三好市役所ダイキン工業ダイハツ工業宮崎大学医学部
    鹿児島テレビ放送住商エアロシステム日本生活協同組合連合会ライフプラザパートナーズ
    独立行政法人国際協力機構山益兼子OSW
    キッツパスモダイダントーハツ
    ニチベイ藤森工業忠武建基宮沢建設
    京三興業弘前大学昭和大学鳥居電業
    田中電気日産化学日特建設日本化薬
    富士機械北新建設J・P・C安田不動産
    村田製作所日本アクア日本軽金属インスペック
    フリービットドゥシステム協和地下開発有電社東京支店
    ドコモCS中国ニッポンジーンミントウェーブ廣瀬バルブ工業
    アイコクアルファエンゼルグループレーベントラストワールドケミカル
    鹿児島大学医学部アイチ情報システムNAAリテイリング日本科学技術研修所
    大阪真空機器製作所ブリヂストンサイクル有限会社植田管工設備JRAファシリティーズ
    NECファシリティーズエヌ・イーケムキャット岡崎製作所神戸岩岡工場兵庫県酪農農業協同組合
    イノチオホールディングスコンピューター・ビジネス丸紅アセットマネジメント九州NSソリューションズ
    日本赤十字北海道看護大学福島市観光開発飯坂事業所糸満市立三和中学校大度分校住友重機械エンバイロメント
    北陸コンピュータ・サービスジェイアール総研エージェントジェイテクトエレクトロニクス日触エンジニアリングサービス
    税理士法人髙野総合会計事務所JFEプラントエンジ播磨製作所東京都公立大学法人東京都立大学一般財団法人日本環境衛生センター
    コベルコプロフェッショナルサービスSOMPOインスティチュート・プラス一般社団法人漁業情報サービスセンター公益社団法人日本臓器移植ネットワーク

(注)法人格は省略させていただいております。

具体的な利用例

業務・経理

・注文書の内容を確認しマーカー、コメント入れ  
・帳票を取引先ごとに整理

営業

・営業資料を作成、パスワードを設定
・資料や帳票をお客様ごとにカスタマイズ

技術・QA

・設計図面にコメントを書き込む。
・品質保証書の内容に誤りがないか確認し、マーカーを引く。

経営企画・CSR

・他部門等のPDF文書を1つのPDF文書にまとめる
・改ざん防止の設定(パスワードや電子署名の付与)を行なう

法務・人事

・機密情報を墨塗り
・閲覧制限をかけて保存
・契約書に不当な変化がないか確認(ドキュメント比較)

総務

・社内規定を一部修正しアップ
・社内ルールに従って、文書にフッターヘッダーを追加

導入事例

「いきなりPDF」をご導入いただいたSWCC株式会社様にへのインタビューを紹介します。

決め手は「低価格で、サブスクリプション」
テレワーク環境で、PDFの直接編集が必要不可欠に

SWCC株式会社様は、電線やケーブルなどの製造販売をされている、東証プライム市場上場の企業様です。今回は「いきなりPDF COMPLETE」のサブスクリプションモデルをご導入いただいたきっかけや、選ばれた理由など、情報システム室の皆さまに伺いました。

写真左から、伊藤様、室長 三村様、赤沢様

導入のきっかけを教えていただけますか?

「いきなりPDF」は、2010年ぐらいから使っています。 Adobe Acrobat Proを採用していた時期もありましたが価格が高く、 OfficeソフトにPDF変換機能がなかった時代に、「いきなりPDF」を見つけて導入しました。 当初はSTANDARDを購入していましたが、今回はPDFを直接編集できるCOMPLETEへの買い替えを検討していて、サブスクもあるとのことだったので導入を決めました。 1,900ライセンスを購入し、社員個人が使うパソコンの標準ソフトとして活用しています。

COMPLETEを選ばれた理由を教えていただけますか?

コロナ禍でテレワークが主体になり、PDFを編集するニーズが高まったことが一番の要因です。 当社では電線などを販売しているのですが、お客様からの注文はFAXの紙で届きます。 テレワークの環境だと受け取ることができません。 そこで、複合機の機能でPDFに変換し、所定のフォルダに格納し、各自がフォルダを見にいって確認をするという運用に変わりました。 そのPDFに直接書き込みをしたい、編集をしたいというニーズが現場から上がってきたのが大きいですね。   実は、他の手段もいくつか試していました。例えば、PDFを見る用のタブレットを導入し、パソコンと2台持ちをしたこともあります。ただ、これは良いという声はなかなか上がってきませんでした。やはり、「手軽で、便利なもの」が必要なことがわかり、直接編集ができる「いきなりPDF COMPLETE」の導入を決めました。

サブスクリプションモデルを導入された理由を教えていただけますか?

パソコンをリースからレンタル契約に変えたためです。 レンタルだと4年ごとにパソコンが変わっていくので、買い切りでは対応ができず、サブスクにする必要がありました。   ライセンス管理をどうしていくかという課題はありましたが、ソースネクストさんが相談に乗ってくださったのもポイントでした。

いきなりPDFをどのように活用されていますか?

先に述べた内容と被ってはしまいますが、営業を中心にテレワークの中でPDFへの書き込みは発生するので、そこで活用されていることが多いです。 FAXで来る注文書の文字を認識して、他の書類にコピー&ペーストしたいという場面もあるので、文字認識(OCR)の機能があるのもポイントですね。   利用している中心は営業部門ですが、工場や技術系の部門でも見積もりや図面を出すのがPDFに変わりました。お客様からAdobeでの編集を指定されるケースもありますが、制約がない場合は「いきなりPDF」で作業していることが多いです。     当社ではコロナ禍が明けた今でも、月の半分を上限としてテレワークを継続しています。 申請書などの書類はPDFにして、「いきなりPDF」の電子印を利用しているケースもあります。

いきなりPDFの良いところは、ズバリどこでしょうか?

価格ですね。 もちろん機能も他社ソフトと比べて劣らず、低価格かつサブスクで導入できるのはありがたいです。