「偽サポートページ」にご注意

ネット詐欺

2023/03/16 更新


webサイト閲覧中に表示される「あなたのコンピュータでウイルスが検出されました」という偽の警告をだす、いわゆる「サポート詐欺」(偽サポート画面)の検知が増えています。
表示されるページのURLは特定できず、広告バナーなどの不用意なクリックや、ウェブサイトの自動遷移(リダイレクト)により表示されます。
サポートページのような体裁で、巧妙ですので気をつけましょう。




<2023年3月16日更新情報>

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が2023年2月末に、
「偽セキュリティ警告」に関する月間相談件数が1月に
過去最高の401件を記録したと注意を喚起しました。

本件はサポート詐欺とも言われ、本ブログでも何度か手口を
紹介していますが、改めて騙されないようご注意ください。

手口

 1.パソコンでwebサイトを閲覧中に、偽のセキュリティ警告を表示する
 2.表示されている番号に電話をかけると、パソコンを遠隔操作され、
  有償サポート契約と代金支払いへ誘導される
 3.支払いはプリペイドカードを指定される

対策

 web上に表示されるセキュリティ警告は、POPUP広告と同じ仕組みのものです。
 最近では、実在するウイルス対策ソフトを騙ったものが増えています。
 すでにウイルス対策ソフトご利用中の場合には、その製品以外の警告は偽物です。
 その製品のメッセージが表示された場合も偽物の可能性があります。
 使っている製品が出す画面をあらかじめ知っておきましょう。

 参考(IPAのページが開きます): 
   https://www.ipa.go.jp/security/anshin/mgdayori20230228.html



<2020年12月3日更新情報>

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が2020年11月に、本記事で解説した
「サポート詐欺」について注意喚起を行っています。
遠隔操作を許可してしまったことにより、契約を断ったら、「パソコンが再起動しなくなった。」「パソコンがロックされて使えなくなった。」という悪質な手口もあるようです。
警告画面はサポートページのような体裁で、巧妙ですので気をつけましょう。

参考(IPAのページが開きます): 
  https://www.ipa.go.jp/security/anshin/mgdayori20201125.html



<2020年11月27日更新情報>

手口

webサイトの閲覧中に突然
・「PCサポート」というページが表示される
  音声で「あなたのコンピュータでウイルスが検出されました」と呼びかけ、
  ネットを使わずにサポートの連絡先に電話をかけるよう仕向ける
・ブラウザを終了できない
・電話すると、リモートサポート(遠隔操作によるサポート)を薦める

対処

 1.ブラウザを「×」ボタンで閉じる。
 2.閉じられない場合は、タスクマネージャーを使って、ブラウザを強制終了させる。
 3.ブラウザによっては、ポップアップメッセージの表示を制限できるよう設定する。

検知数

弊社「スーパーセキュリティ」がサポート詐欺を検知した数の推移は下図の通りです。
(クリックすると拡大します)


実際に表示されるページの例:


(クリックすると拡大します)

2016/10/21 公開

あわせて読みたい、関連記事

ネット詐欺 を含む記事

最新記事(4件)

記事一覧