セキュリティ情報|
最新のウイルス情報や、セキュリティ対策に関するコラムを公開しています

「ドコモ」を騙るフィッシング詐欺

フィッシング ネット詐欺

2021/09/14 更新

「ドコモ」を騙るフィッシング詐欺が確認されたため、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけています。ショートメッセージ(SMS)やメールで、偽のWebサイトへ誘導しようとするものですのでご注意ください。

セキュリティ対策製品を導入していれば、こうしたフィッシングサイトにアクセスするのを防ぐことができます。




<2021年9月14日更新情報>

フィッシングメールの件名(例):

【重要】dアカウント/ビジネスdアカウントのロックに関するお知らせ
<重要>dアカウントのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。
<重要>dアカウントで不審な動きが検出されました。
dアカウント:サービス通知
[dアカウント]システムア通知
[dアカウント]サービス通知
[dアカウント]サービスのお知らせ
【dアカウント】システムア通知
【dアカウント】サービス通知
【dアカウント】サービスのお知らせ
【ドコモ】重要なお知らせ
【d払い】の一時的な利用停止。ログインして確認してください
【d払い】一時的な利用停止、ログインして確認してください
【ドコモ】ロック解除方法を以下から確認し、お手続きください。

実際に送られてくるメールの例:


(クリックすると拡大します)


実際の偽サイトの例:


(クリックすると拡大します)

フィッシングサイトのURL(例):

 https://omm.●●●●.cn/
 https://nttdocomo.jp.●●●●.com/
 https://ntt-docmo.●●●●.cn/
 https://coser.●●●●.cn/
 https://doser.●●●●.cn/
 https://momin.●●●●.cn/
 https://doco.●●●●.cn/
 https://www.ntt-docono-info.●●●●.top/
 https://www.demo.coco.●●●●.cn/
 https://www.shopping.dmkt-sp.jp.●●●●.shop/
 https://goodluck.●●●●.cn/
 https://servee.●●●●.cn/
 https://server.●●●●.cn/
 https://servet.●●●●.cn/

 ※上記以外の類似フィッシングサイトが公開される可能性もあります。


出典:フィッシング対策協議会




<2021年7月27日更新情報>

フィッシングメールの件名(例):

【重要】安全のためお客様のdアカウントは現在セキュリティシステムによって一時的に停止されております。
【d払い】安全のためお客様のdアカウントは現在セキュリティシステムによって一時的に停止されております。
【重要なお知らせ】異常なログインが検出された為、dアカウントの使用を制限しております。必ずご確認ください
[dアカウント]サービス通知
<重要>dアカウントご利用確認

実際に送られてくるメールの例:


(クリックすると拡大します)


実際の偽サイトの例:


(クリックすると拡大します)

フィッシングサイトのURL(例):

 https://docomn.ne.●●●●.xyz/
 https://nttdocomo.jp.●●●●.xyz/
 https://nttdocomo.ne.●●●●.jp/
 https://id-smt-docomo-ne-jp.●●●●.am/
 https://id-smt-docomo-co-jp.●●●●.am/

 ※上記以外の類似フィッシングサイトが公開される可能性もあります。


出典:フィッシング対策協議会




<2021年5月27日更新情報>

フィッシングメールの件名(例):

 【重要】商品発送のご連絡

実際に送られてくるメールの例:


(クリックすると拡大します)


実際の偽サイトの例:


(クリックすると拡大します)

フィッシングサイトのURL(例):

 http://●●●●.duckdns.org/
 http://●●●●.ddns.net/
 http://ndocomo●●●●.com/

 ※上記以外の類似フィッシングサイトが公開される可能性もあります。


出典:フィッシング対策協議会




<2020年4月30日更新情報>

フィッシングメールの件名(例):

 [dアカウント] あなたのIDはロックされています - ID 20 - [数字]

実際に送られてくるメールの例:


(クリックすると拡大します)


実際の偽サイトの例:


(クリックすると拡大します)

フィッシングサイトのURL(例):

 ・メール内の URL
 https://safe-●●●●.com/r/●●●●

 ・転送先の URL
 https://mydocomo-●●●●.com/

 ※上記以外の類似フィッシングサイトが公開される可能性もあります。


出典:フィッシング対策協議会




<2019年6月21日更新情報>

実際に送られてくるメールの例:


(クリックすると拡大します)


フィッシングサイトのURL(例):

http://www.mydocomo●●●●.com/

 ※上記以外の類似フィッシングサイトが公開される可能性もあります。


出典:フィッシング対策協議会

2019/06/21 公開

あわせて読みたい、関連記事

フィッシングネット詐欺 を含む記事

最新記事(3件)

記事一覧