セキュリティ情報|
最新のウイルス情報や、セキュリティ対策に関するコラムを公開しています

SNSを安全に使うために

プライバシー パスワード SNS

2019/06/25



SNSのサービスを安全に利用していくために、アカウントを他人に盗まれて被害に遭わないための
注意点をお伝えします。




  多くの人が毎日のように利用しているSNSのサービス。
  総務省が発刊している「情報通信白書」の平成30年版によると
  日本では「LINE」「Facebook」「Twitter」の順に利用者が多いそうです。


なりすましとプライバシーの危険

   SNSのセキュリティを考える上で最も注意したいのは、
   自身のアカウントを他人に奪われることです。
   アカウントを奪われると、本人になりすまして次のような
   さまざまな悪用をされる恐れがあります

 なりすましの被害の事例

    ・友人に勝手に迷惑メール(メッセージ・投稿)を送る
     「webマネーを送ってほしい」というメッセージを送られた友人が
     だまされて被害にあったという事例があります。
     本人に金銭的被害はなくとも、信頼や名誉は傷つきます。
    ・ポイントやお金を使われてしまう

    また、なりすまし以外にも次のようなプライバシー面のリスクもあります。

 プライバシー面のリスク

    ・個人情報が転売される
    ・メールや購入履歴を見られる
    ・写真を奪われてストーカーに悪用される など


対策

  どのようなサービスを使うにせよ、アカウントを奪われないようにするには
  以下の対策が有効です。

   (1) 1つの同じパスワードを使いまわさない
     今の時代、サービス運営者が攻撃されてパスワードが漏洩するのは避けられません。
     身を守るには、利用しているサービスごとに違うパスワードを設定し、
     1つのサービスで漏洩しても、他のサービスで影響を受けないように
     するしかありません。

   (2) なるべく難しいパスワードにする
     誕生日など推測されやすい情報は使わずに、8文字以上で英数字・記号を混ぜる
     のが良いでしょう。

     参考/「危険なパスワードの使い回しパスワード流出の被害者にならないために」

   (3) 各サービスが提供する「二段階認証」「多要素認証」を利用する
     万一、IDやパスワードが漏れてアカウントへの不正ログインが試みられても、
     ログインのために必要な情報がもう1つあれば、
     犯罪者に不正ログインされることはありません。
     二段階認証のために必要な携帯電話番号やアプリなどは自身の手元にあるからです。
     サービスごとの具体的な方法は次に説明します。


サービスごとの二段階認証の設定方法

    設定方法はアプリの画面を基に記載しています。変更される場合もありますので、
    記載と異なる場合は、各サイトのヘルプなどをご参照ください。

 LINEの場合

    1. [ホーム] > 左上の設定ボタン の順にタップ
    2. [アカウント] > [電話番号]の順にタップ
      すでに電話番号が設定済みの場合は、ここで終了
    3. 電話番号を入力し、[番号認証]をタップ
    4. SMS(メッセージ)で送られる認証番号を入力し、[次へ]をタップ
    5. 「連絡先」(電話帳)を使った友達の追加を行うか選択
     (近い友人としかメッセージをやりとりしない場合は両方オフ、
      広く多くの人とつながりたい場合はオンにすると良いでしょう)
    6. [次へ]をタップすると完了

 Facebookの場合

    1. 右下のハンバーガーボタン(横三本線のボタン)をタップし、画面をスクロール
    2. [設定とプライバシー]をタップしてメニューを展開し、[設定]をタップ
    3. 「セキュリティ」欄の[セキュリティとログイン]をタップ
    4. [二段階認証を使用] > [スタート]の順にタップ
    5. 認証方法を選択(通常は[SMS]をタップ)
    6. 電話番号が未設定の場合は番号を入力
    7. SMS(メッセージ)で送信される「認証コード」を入力し、[次へ]をタップ

 Twitterの場合

    1. 左上のアイコンをタップし、[設定とプライバシー]をタップ
    2. [アカウント] > [セキュリティ]の順にタップ
    3. [ログイン認証]をタップし、「ログイン認証」欄のボタンをONにする
    4. [確認]をタップ(Androidの場合は表示されません)
    5. 説明を読み、[始める]をタップ
    6. Twitterのパスワードを入力し[認証する]をタップ
    7. 電話番号が登録されていない場合は電話番号を登録し、[コードを送信]をタップ
    8. SMS(メッセージ)で送信される認証コードを入力し[送信]をタップ
    9. これで登録は完了です。
      念のために[バックアップコードを取得]し、安全に保存すると、
      スマホが使えないときもログインできるようになります

あわせて読みたい、関連記事

パスワードプライバシーSNS を含む記事

最新記事(3件)

記事一覧